花鳥風月 -大坂建立の章-
b0029488_264360.jpg


抑当国摂州東成郡生玉の庄内大坂といふ在所は 往古よりいかなる約束のありけるにやさんぬる明応第五の秋下旬のころより かりそめなからこの在所をみそめしより すてにかたのことく一宇の坊舎を建立せしめ当年ははやすてに三年の歳霜をへたりき これすなはち往昔の宿縁あさからさる因縁なりとおほえはんへりぬ それについてこの在所に居住せしむる根元は あなかちに一生涯をこゝろやすくすこし栄花栄耀をこのみまた花鳥風月にもこゝろをよせす あはれ無上菩提のためには信心決定の行者も繁昌せしめ 念仏をもまうさんともからも出来せしむるやうにもあれかしとおもふ一念のこゝろさしをはこふはかりなり・・・「御文章」

       妙念寺さんのHPに大坂建立の章の大意があります。

蓮如上人は、大坂坊舎建立は花鳥風月をたのしむ隠居所としてではなく、念仏繁盛の伝道の拠点とするためである、と述べられています。

三木先生が、大阪坊舎跡の蓮如上人顕彰の名号碑に案内してくださったは、暗にこのことをボクたちに伝えたかったのかも知れません。


と思ったのも束の間、夜は四法会新年会。
開き直るのはよくありませんが、そういう猥雑さも魅力です。

関連記事:正尊寺住職雑記
b0029488_27234.jpg


           風流な座敷で、H師は、"マスクをしてひとり"。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog





..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2008-02-16 23:05 | おまいりにて | Comments(4)
Commented by あんこう at 2008-02-17 08:59 x
やっぱり、少し、お腹引っ込んでる?
急性副鼻腔炎もダイエットの助けにはなったようです。
Commented by renge at 2008-02-17 10:51 x
一字ずつ追いながら読んでみました。

>信心を得ることは、人間のはからいによることではありませんが、いつもそのことを思っています。

・・・人間のはからいではないのですね。


写真、釣られてお腹を見つめてしまいました^^;
Commented by e.wash-r at 2008-02-17 23:42
一応、尾崎放哉の「咳をしてもひとり」をモチーフにしたんですが、わかってもらえましたか。

ダイエットは身体を動かしてしましょう。


あんこうさま
Commented by e.wash-r at 2008-02-17 23:46
晩年にして一途な蓮如上人の激しい想いを少しでも受けとめたいですね。


rengeさま
<< モーケン -伝承- 石山本願寺跡 >>