晋山式案内

b0029488_030013.gif


臨済宗妙心寺派のT寺さんから『晋山式』のご案内をいただきました。

5月5日の『晋山式』の丁寧なご案内ということは、おおよそわかりますが、正確に詳細まで読み切れません。伝統と格式のご案内ですが、情けないことに受け取るボクが間に合っていないという状況です。

なんとなくおもしろいなと思うのは、肝心の日時については"五月五日(月)午前九時"と今様なところ。"(月)"と、括弧付きで曜日が書いてあるところは、お茶目な感じすらします。

厳粛な法要の模様は2ヶ月後に、またご報告できると思います。



晋山とは、「晋」は進む、「山」は寺の意で、僧侶が初めて正式に一寺の住職となること、をあらわすことばだそうです。多くの宗派で用いられています。

浄土真宗の場合は、単純に「住職を継職する」といいます。そして、その法要(式)は『住職継職法要』と言うことが多いです。

本願寺の現・即如ご門主が、前・勝如ご門主からご門主を受け継がれたときの法要は、『伝灯奉告法要』という名称でした。伝え受け継がれるものは、おみのりであるということを明確に示したすばらしい名称だと思います。


ボクの場合、平成7年、今から12年前に継職法要はしたんですが・・・。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog






..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2008-03-12 23:28 | 智慧と慈悲 | Comments(2)
Commented by renge at 2008-03-13 23:27 x
宗派が違っても、このようなお付き合いがあるんですね。
Commented by e.wash-r at 2008-03-15 02:03
地域の大切なお付き合いです。

他宗のかたとは、あまり仏教の話はしません。そういう微妙な関係でもあります。

法要は楽しみにしています。本文にも書きましたが、何らかのかたちでご報告できると思います。

rengeさま
<< 入仏法要 -お仏壇が納まるまで- ヨッパライの言うことを信じるか否か >>