気が付いたら夏はとっくに終わっていたという感じ
b0029488_23331518.jpg
b0029488_1792029.jpg


お彼岸が終わり、お荘厳を平常に戻しました。

お供物と供笥(くげ:お供物をのせる台)をさげ、打敷をはずし、お飾りを三具足に。
外陣いっぱいに並べてあった椅子を並べ直し、参拝者用の給茶器、灰皿等を片付けました。
本堂の六根色幕、山門幕、玄関幕を外しました。

午前中、激しい雨が降ったので、打敷や幕類はちょっと湿り気味。しまい込むのはしっかり乾くのを待ってからにするつもりです。

お飾りをするのと同様、時間に余裕があれば片付けるのもそれなりに楽しいものです。正直なところ、おまいりより楽しいかも。

7月以降、夏のキッズサンガ、サマースクール、お墓そうじ、お盆、本山納骨参拝、境内清掃、彼岸会と、ずーっと緊張感をもったままの時が、すごい勢いで過ぎていったような気がします。

彼岸会が終わって、夏はとっくに過ぎ去ってしまっていて、なんとなく茫然としています。
間もなく、お取り越しの季節です。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog




..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2008-09-27 00:04 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
<< お聴聞のお誘い 蓮の実、その後 >>