定番の飛騨のお土産


先月ご往生されたとなり字の臨済宗のお寺のご住職の本葬でした。

臨済宗では、密葬後の本葬を『津送(しんそう)』と言い、いわゆる中陰のご法事にあたる『新忌齋(しんきさい)』といっしょにつとめることが多いそうです。

40人以上はいらっしゃった臨済宗の凛とした僧侶方の末席で、おどおどしながら、ひとり小さな声で我が宗のおつとめをしてきました。(写真は撮れませんでした。)
b0029488_122591.jpg
b0029488_1231933.jpg

今日は、黒野組総代さんの旅行『飛騨古川の三寺まいり』。秋晴れの中、総勢46人の方々が参加されました。ボクは、3人の総代さんといっしょに参加の予定でしたが、上記理由で欠席。

総代さん方が、お土産をたくさん買ってきてくださいました。聖も俗も混合の、定番中の定番の、飛騨の名産・特産のお土産です。ありがとうございました。

   ・飛騨古川の手作り蝋燭
   ・奥飛騨の栃の実煎餅
   ・飛騨の赤カブ漬け
   ・飛騨の朴葉味噌
   ・奥美濃の名宝ハム

そのいただいたお土産の山を見て、なんかとても安心した気分になりました。うまく表現できないのですが、この総代さん方にまかせておけば、何の心配もないというような感覚です。

もちろん、お土産選びのことだけではなくて、お寺のことです・・・。


*午後、10月5日に住職継職法要を勤修されるK寺さんを訪ね、いよいよ住職になられるH師にちょっかいかけてきました。そのことは、後日UPの予定です。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog





..................................................................................................................

 よ う こ そ 『 西 蔵 坊 だ よ り 』 へ

b0029488_22514638.gif『西蔵坊だより』は、 森鏡山 正蓮寺の住職の日記です。
仏教のこと、山や川や海のこと、TIBETのこと等、思いつくまま書いています。
よろしければ、TopPageより、ゆっくりご覧ください。

                    『西蔵坊だより』TopPage

by e.wash-r | 2008-10-03 01:27 | おまいりにて | Comments(0)
<< 彼の流儀 2 【Nikon COOLPIX ... >>