奈良勉強会 -二種深信-
久しぶりに四法会・三木照國先生の勉強会に行きました。
夏の間日程が合わず、5月以来5ヶ月ぶりです。
b0029488_355285.jpg


今回の岐阜組は、M師、O師とボクの3人。岐阜を少し早めに出て、夕刻の法隆寺、東大寺を急ぎ足でおまいりしてきました。

b0029488_384111.jpg
                                          法隆寺・夢殿の屋根


10年近く、ほぼ毎月奈良に通っていますが、今回で3回目くらいの奈良巡り。
勉強一筋ということではなく、勉強の場に行くことが精一杯という現実です。


b0029488_362756.jpg
                             法隆寺 多聞天紋


『わかりやすい宗義問答 第2集』をテキストに、「真宗の信心とは」と題し、二種深信の講義でした。

信心を誤った歴史にも学びました。自らの功績を頼りにしたい人間の理性や本性で、信心を求めていくときに陥りやすい誤りです。

  罪深いことをを知ることを、救いの条件とする『機責め』。
  自己反省の内観を強制するなかでおちいる一種の『秘事法門』。

「疑いなく慮りなくかの願力に乗」ずるということが、人間の思慮分別の延長にないことを、繰り返し聞かせていただきました。







                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
by e.wash-r | 2008-10-07 03:11 | おまいりにて | Comments(0)
<< カタログ少年 光圓寺住職継職法要  >>