2005年 04月 11日 ( 1 )
新発意(しんぽち) -おだてましょう-
Kさんの一周忌。当家のご案内で、中2の長男とふたりで、おまいりしました。
Kさんのお宅は岐阜別院のすぐ隣です。車を別院に置きました。

本堂におまいりしようとしたとき、「鷲岡くん。」の声に振り返ると、中央仏教学院で『日本仏教史』を教えていただいた担任の守快信先生がニコニコして立ってみえます。岐阜別院へ講師でいらっしゃったのだそうです。

長男と一緒におまいりに行くところであることをお伝えしながら、岐阜に帰って何とか勤めている姿を見てもらえたことをうれしく思いましたし、あらためて、お寺でがんばることが恩返しだと思いました。

境内で花見中の講?の方々、おまいりにみえた知人のSさんが、法衣の長男を励ましてくださいました。長男は悪い気はしてないみたいです。

ご門徒さん方にいつも、「こどもをほめてください。」とお願いしています。ほめられて身に付くことなどは些細なことでしょうが、ほめてくださった方々の思いを糧に、いつか寺に入る道を辿ってくれたら有り難いと思うのです。

いつか寺を継いでいくこどもを「新発意」(しんぽち)といいます。意味は何となく想像するだけですが、親しみのあるいい呼び名だと思います。

当blogのURLは、http://pochi21.exblog.jp/ です。「新発意」と「pochi21」は関係ありません。念のため。

b0029488_112859.jpg


       麻布を木蘭色に染め、袈裟を作っているところ。  2003/夏。

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2005-04-11 23:58 | おまいりにて | Comments(0)