2005年 06月 04日 ( 1 )
-先崎-  金子みすずさんの町 
山口県・先崎を訪ねました。金子みすずさんの生まれ育った町です。

先崎湾と深川湾を隔て、青海島へとのびた砂嘴のうえにできた漁業の町は、長門の町の先端にありました。山陰本線の終着の町でもあります。
b0029488_15268.jpg

夜通し走って午前7時前に先崎着。朝食の場所を探すと、計ったように『みすず食堂』を発見。店主が、30分後にきてくれというので、先崎の漁港をブラブラ歩いてきました。
b0029488_1584546.jpg
b0029488_203847.jpg
b0029488_214243.jpg


                     『大漁』

                    朝焼け小焼けだ大漁だ
                    オオバいわしの大漁だ

                    浜は祭りのようだけど
                    海の中では何万の
                    いわしの弔いするだろう


b0029488_1594647.jpg
 
金子みすずさんが繊細に詠った、混沌とした生きとし生けるものの世界を垣間見る間もなく、朝から、日本海の恵みをたっぷりいただきました。そして、食堂の畳の上でごろんと転がり、700Km、約9時間ほどの運転の疲れを癒しました。

先崎の町は、手づくりの金子みすずさんのテーマパークのようになっていました。みすず通りと名付けられた商店街の中ほどに、みすず記念館はあります。当日は、年に数回しかない休館日でしたが、何故か、入り口が開いており、途中からは電灯もついたので、見学することができました。ところが、途中でメンテナンス会社の方がおみえになり、点検作業のために開けてあるので、見学は遠慮願いたいとのこと。全部見てしまいましたが・・・。

金子みすずさんのお墓がある、遍照寺へ。若いご住職が、生の話を聞かせてくださいました。先崎は有り難い土地で、赤ちゃんは、母親のおなかの中にいるうちから胎教のようにしてお念仏を聞き、育つのだそうです。先崎のこどもは、昔は、青海島の日曜学校まで、船で出かけていったのだそうです。

先崎は、豊饒な海の恵みの町であり、お念仏の町でした。

MORE  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2005-06-04 23:59 | Comments(0)