2005年 06月 07日 ( 1 )
パッチワーク -待ちに待った日-

ご主人が亡くなられて12年、息子さんが亡くなられて5年、Sさんは一人暮らしです。

日曜日、13回忌のご法事をおつとめしました。ここ数ヶ月、おじょうはん(月忌のおまいり)に伺う度に、部屋の中の様子が少しずつ変わっていくのを感じていました。Sさんは、13回忌の法事を楽しみに、コツコツと準備を進めていらっしゃったのです。
b0029488_174232.jpg

法事の日、玄関から仏間への通路、そして仏間は、Sさんが作ったパッチワークで飾られていました。大きなものは、壁一面ほどもあります。

「17回忌はどうなるかわからないから、私のしたこともみなさんに知ってもらおうと思って・・・。お引き物も、全部手作りのパッチワークのバッグにしたけど、ご院さんは、お寺で使ってもらうお香だから。」
と、ちょっと弱気なところも・・・。ちなみに、お袈裟も由緒正しきパッチワークです。

三部経をおつとめし、お取り次ぎ・御文章の拝読がおわると、Sさんが、涙ぐんでお礼をされました。ここ数ヶ月のSさんの姿を見ているだけに、ボクまで涙目になってしまいました。でも、おまいりの方々は、突然の涙に、ちょっと戸惑ってみえるようでした。
b0029488_181566.jpg

ほとけさまのお徳を讃え、ほとけさまのお慈悲にあって、ほとけさまの前で泣いたり笑ったり、法事っていいもんです。
巡ってくるご法縁、Sさんみたいに楽しまなくては・・・。

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2005-06-07 01:09 | おまいりにて | Comments(0)