2005年 06月 11日 ( 1 )
乗鞍の雪

16年前の今日、長女が生まれました。


b0029488_0341592.jpg当時勤めていた職場には、子供が生まれると、1日休暇がもらえるという制度がありました。例年、6月の初旬は、乗鞍スカイラインが開通する時期です。子供が生まれたら、休暇をもらって、乗鞍岳に登る計画を立てました。

ほぼ徹夜で、誕生を待ちました。長女は、難産の末、明け方生まれ、坊守は、辛かったのか、「もう、こどもは生まない。」と言いました。新しい命が誕生したという不思議な思いの中で、乗鞍へ向かいました。

乗鞍スカイラインは、当時、マイカーの乗り入れが可能でした。標高2702mの畳平に車を駐め、テレマークスキーを背負って、残雪の乗鞍岳に登りました。ほとんど風のない晴天、頂上の岩の上で昼寝をしました。山へ行ったら、名前を考えて帰ってくると言う約束だったので、名前は「ゆき」と決めました。ひらがなにしたのは、「雪」という字は、書くのが難しそうだったから。

気温が上がって、重くなった雪に手こずりながら、テレマークを楽しみました。とぎれた雪に、ときどき板を担ぎつつも、一気に畳平まで降りました。ボクは、残雪の上を吹きあげてくる風の冷たさが好きです。

長女の生まれた日を、少しでも特別な日にしようと思ったのは、照れ隠しみたいなものです。よろこびを素直に表現できないということです。

今日も、なんとなく、お祝いをしぞこなってしまいました。家族は、ボク抜きで楽しんでいたみたいです。ちなみに、ひがんではいません。おまいり楽しかったし・・・。


ご法事のあとのおときの席で、山の好きなDさんと、大いに盛り上がりました。
今日は、極々プライベートな娘への餞です。

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2005-06-11 23:59 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)