2005年 07月 10日 ( 1 )
『平和の鐘』
b0029488_0151761.jpg

昭和20年(1945)7月9日の岐阜空襲では、市街地の約8割が被災し、900人近い方々が亡くなられました。

岐阜市では、毎年、この岐阜空襲の日に、「平和の鐘」を撞いています。午前9時、当正蓮寺も、梵鐘を撞きました。村内の各寺院からの鐘の音も聞こえてきました。


岐阜市平和都市宣言       (昭和63年7月1日制定)

  緑豊かな金華山と清流長良川に代表されるわたしたちのふるさとは、自由と平和をとうとぶ風土をはぐくみ、活力に満ちた住みよいまちづくりを目指しています。この美しい自然を愛し、自由と平和を求める心はわたしたちのみならず、人類共通の願いであります。
 わたしたちの岐阜市は、世界の各都市と友好・姉妹都市提携を進め、相互の信頼を深めつつ平和への道を歩んでいます。
 市制施行100年を迎えるに当たり、すべての核兵器と戦争をなくすことを訴え、世界の人々とともに真の恒久平和が達成されることを願い、ここに「平和都市」を宣言します。


b0029488_015513.jpg「平和の鐘」の"うちわ"


More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2005-07-10 00:20 | 智慧と慈悲 | Comments(0)