2005年 07月 13日 ( 1 )
溺レル -水中ハウジング-
おもしろいよ。」と薦められ、川上弘美著『神様』を、一気に読む。
接続詞の少ない文章は、確かに軽快である。続けて、チラッと『センセイの鞄』のページをめくって見た。「読んだ」のではない「見た」のである。興味本位で、他の著作も、見た。『溺レル』とうタイトルが気になる・・・

最近、blogを書きながら、絶不調を感じています。そんなわけで、「溺レル」というカテゴリーを増設することに。
遊水池のように、思考の暴走を和らげてくれるスペースになるといいのですが、氾濫した欲望の顛末記になる可能性も否めません。いずれにしても、「逃げの一手」です。


さて、本題。

b0029488_2329296.jpg

デジタルカメラがなかった頃、ニコノスや本格的な水中ハウジングは、とても高価でした。そこで、samurai用の水中ハウジングを、アクリル板で自作しようと試み、挫折したことがあります。

最近、デジタルカメラが主流となり、その水中ハウジングも出そろってきました。

「WP-DC300」という、デジタルカメラの水中ハウジングをauctionで手に入れました。
本格的に、水中写真を撮ってみたいというわけではなく、せっかくだから、水の中の世界もちょっとのぞいてみたいという程度のことです。

早速、お風呂ででも試してみたいのですが、公開するとなると、その写真ではちょっとおぞましい気もします。水の中のいい写真が撮れたら、そのうちご披露します。

夕方からさわやかな風が吹きました。
今日は梅雨の中休みです。

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2005-07-13 00:01 | 溺レル | Comments(0)