2006年 06月 07日 ( 1 )
欲望
b0029488_0274883.jpg
石見銀山遺跡が、2007年、世界遺産に登録されるかも知れないとのこと。
17世紀、日本は世界の銀の1/3を産出し、その多くは、石見銀山のものだったそうです。

間歩(まぶ)と呼ばれる坑道を歩きました。
銀を巡り幾重にも錯綜したであろう欲望の歴史そのもが刻み込まれているようで、生身の人間の持つ凄みのようなものを感じました。

人間の原動力たる欲望の、ある意味たくましさを見るようでもあり、その一点に関しては、すがすがしいとさえ思いました。(往時のリアリティの欠如という批判は受けます。)

浜田自動車道で、日本海から一気に瀬戸内へ抜け、やはり、欲望渦巻く夜の広島の街へ。
流れ川通り、仏壇通りの交わるあたりを歩きました。
夜の街の艶やかなネオンの中に、何件も仏壇・仏具屋さんが並んでいます。

欲望を無碍に遠ざけない雑多な世界に心地よさを感じるのは、言うまでもなく欲望の塊だから。
b0029488_0282117.jpg

ボブ・ディランの『欲望』というアルバムがあり、その中に「コーヒーもう一杯」という曲があり、その一節。

道行くためにコーヒーもう一杯 
旅立つ前にコーヒーもう一杯
谷へ向かって下りて行く前に

広島の夜、最後、道行くために食べたのは、お好み焼。
郷に入りては郷に従いました。
欲望のままに・・・。


                    【 一年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-06-07 23:59 | 溺レル | Comments(0)