2006年 06月 12日 ( 1 )
慢心
日本×オーストラリア戦、後半だけ観ることができました。

時々刻々と変わっていく試合の流れとその時々の精神状態の綾みたいなものを痛切に感じることができたように思います。

よいプレーをしたことの充足感は、時に自信となります。しかし、その自信は実力とはちがいます。

よくも悪くも、人間というのは、自分の実力以上のことをしたいと思う生き物なのでしょう。慢心の恐ろしさを見た気がします。

実力をつけること、調子に乗って本分を見失わないこと。そんなことを、学んだ試合(正確には、試合中の1プレー)でした。


たかがサッカー、小理屈こねないで、もっと楽しく見ればいいじゃんと言う声が聞こえてきそうです。しかし、見る方も人間。本音は、要するに、屈折したうっぷん晴らし。
b0029488_242757.jpg



                    【 一年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-06-12 23:59 | そらごと、たはごと | Comments(0)