2006年 07月 30日 ( 1 )
カワムツとヌマムツ -魚の標本-
Kさんから魚の標本の作り方を教えて欲しいというmail。
ボクは、そう言うことは知りません。そこで、リバーリバイバル研究所のニイムラさんにtel。

経過と結論

Kさんが村の用水路で婚姻色の綺麗なヌマムツを捕まえた。
水槽で飼育を試みるが死亡。
何とか綺麗なすがたのまま標本にしたいと2日間冷蔵庫に保管。

標本にするには、おおよそ3つの方法がある。

1、剥製        → 専門家に依頼
2、アルコールに浸ける → 比較的簡単だが色が抜ける
3、ホルマリンに浸ける → 色は残るが扱いが難しい

と言うわけで、標本にするのを諦めたKさんが、冷蔵庫に保管してあったヌマムツを持って、お寺に遊びに来ました。
綺麗な婚姻色のヌマムツは、デジタル写真になって残ることになったという次第。

b0029488_2344986.jpg
元気なときはもっと赤かったそうです。
b0029488_2353141.jpg
迫力のある追い星。

ヌマムツとカワムツは別種と言うことになっているらしいですが、ボクには、正確な違いはよくわかりません。ちなみに、ボクたちがこどものころは、婚姻色がでたヌマムツ・カワムツは、『アカムツ』と呼んでいました。


                    【 一年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-07-30 02:36 | ◆伊自良川だより | Comments(2)