2007年 04月 20日 ( 1 )
阿波のくに、讃岐のくに
b0029488_238897.jpgb0029488_2381687.jpg
法然寺
讃岐の国に流罪になられた法然上人ゆかりのお寺。
無数の灯籠で荘厳された堂内に、釈迦涅槃図がすべて塑像で表されています。
年に一度、法物蔵の法然上人像と親鸞聖人像が師弟対面の虫干しをされるそうです。




b0029488_2382530.jpgb0029488_2383475.jpg
安楽寺
千葉乗隆先生のお寺。
庫裡の玄関が能舞台になっており、年に2回、上演されるそうです。
立派な2層の山門は『赤門』と呼ばれ、間もなく修復の予定。
鐘楼の向こうの山の中腹の集落。その夜景は通称『阿波蛍』。




b0029488_238467.jpgb0029488_239213.jpg
小砂説教所
妙好人・庄松さんゆかりのお念仏の道場。
村を見下ろす丘の上にあり、堂内の様子からは、公民館としての役割もうかがえました。




b0029488_2391424.jpgb0029488_2392634.jpg
勝覚寺
庄松さんゆかりのお寺。興正寺派。
庄松さんの遺品や逸話、そして後に顕彰してつくられた銅像が建っています。




四国内の滞在時間、約23時間。
夜食・朝食・昼直・夕食・夜食の5食すべて「うどん」を食べました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-04-20 23:41 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)