2007年 11月 24日 ( 1 )
「いのちの食べかた」 -「やっぱり阿弥陀さん」-
b0029488_23332953.gif


葬儀のお斎に刺身がついていて驚く。

当地でも、炊き出しのお精進のお斎はめずらしくなった。
都会では、単価を上げるため葬儀のお斎がお精進でなくなった、と随分昔聞いたが。

精進だからいいというわけではないが、変化そのものになにかしら感ずるものがある。


20年ほど前、夏は毎年、高知の海で狩猟(漁)を楽しんでいた。
殺生の限りを尽くしたとも言える。

さんざん遊んだ後、足摺から神戸に向かうフェリーの中で、E師が言った。
「何かを傷つけて楽しむ遊びは、いつか終わりにしないといけないのかもしれない。」

あの時の二等船室のけだるい空気を時々思い出すが、E師もボクも相変わらずだ。


なんとなく『いのちの食べかた』や『ダーウインの悪夢』を見る気になれないでいる。
やっぱり『お坊さんがゆく! -日本おときめぐり 岐阜 前編・後編-』がいい。


開き直るつもりはないが、「生きる」ということの罪の迷路に迷い込むのは本意ではない。
「やっぱり阿弥陀さん」だと思う。


法友の"しゅうきょう"さんが、blogを開設しました。
やっぱり阿弥陀さん』といいます。

「やっぱり阿弥陀さん」ですよね。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-11-24 23:30 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)