2009年 02月 26日 ( 1 )
恐るべし!iPod  -iPod洗濯事件の顛末ー
b0029488_0324150.jpg


長男が高校生になったとき、お祝いにiPodを買った。おおよそ2年前のこと。

長男が愛用しはじめてひと月も経たない頃、そのiPodがポケットに入ったままのウインドブレーカーを坊守が洗濯機で洗ってしまった。

途方に暮れた坊守が、洗濯したてのiPodを持ってきて、"何とかしてほしい。"と言う。一応ウインドブレーカーと一緒に脱水された後なので、水がしたたってはいなかったが、間違いなく30分以上水の中でグルグル回っていたシロモノである。

とにかく電源を入れないで、自然乾燥するまで放っておくしかない。

長男に内緒で1ヶ月ほどが経った頃、乾いたであろうiPodをPCに繋ぐと電源が入った。PCの方でもiPodを認識している。恐るべし!iPod。

しかし、音楽の再生は適わなかった。

4GBのストレージとして利用するか、それとも長男に内緒のまま洗濯事件をうやむやにするか?

ボクたちは事件の隠蔽を選び、結果、長男はiPodを探し続け、やがて諦めた。
1年以上前のことだ。


さきほど、PCの前に座ったら、iPodが充電中である。本棚の見えないところに隠してあった洗濯済みのあのiPodである。

試しに再生ボタンを押してみる。なんとちゃんと再生される。恐るべし!iPod。


ボクは、正直かなり驚いている。
一方長男は、行方不明のiPodが本棚の奥にあったとよろこんでいる。


その後、長男にボクの驚きを理解してもらうのにずいぶん苦労したが、まあ、メデタシメデタシ。




◆IPodは洗濯してもダイジョーブという保証ではありません。念のため。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-02-26 23:34 | 溺レル | Comments(2)