2009年 04月 02日 ( 1 )
JBLパラゴン  -マチャプチャレ-

b0029488_2316156.jpgUくんの引っ越しの合間に、不思議な縁で、『マチャプチャレ』というお店で、おいしいお昼ご飯をいただきました。

"ゴボウの炊き込みご飯"
"にゅう麺""にんじんのぬか漬け"

ほんとうにおいしかったです。ごちそうさまでした。


『マチャプチャレ』の店内に入ったとき、優しいチェロの音色が聞こえてきました。どこかでさりげなく鳴っています。「気持ちいいな。」と思いながら、それほど大きくはないその音色を、意識することもなく聞いていました。

ちょっと大げさでキザかも知れませんが、シャリシャリ、ドンドンいう流行りの派手な音とは異質の、音響機器というよりは、スピーカーという楽器が鳴っているという感じすらする音です。

歓談しながら食事をいただき、ふっと斜め後ろを見ると、なんとJBLのパラゴンが。心地よいチェロの音は、パラゴンが奏でていたのです。

b0029488_23154058.jpg


専門的なことはわかりませんが、JBLの往年の名機です。見たことはあったのですが、さりげなく"部屋の中"で鳴っている姿を見たのは初めてです。

30年間で1000台ほどが作られたというパラゴン。独特のフォルム、大きさ、家が建つほどの価格、最後の職人は日本人だったという逸話等、話題に事欠かないスピーカーです。

知り合いの方が作られたという真空管アンプで響いていました。

なんかムチャクチャ贅沢をした気分です。ちょっとマニアックに感謝。



パラゴンの横の壁に『とり』という題の絵が立てかけてあり、

   ほとけさまの光をうけて
   私はどこまでも自由だ

というコメントが。

Uくんが入学する大学の先輩の絵だそうです。偶然ですがこれもまた縁。



ほとけさまの光りはもう届いているんすね。


*2日前のことです。
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-04-02 23:26 | 溺レル | Comments(0)