2011年 03月 30日 ( 1 )
奈良・三木照國先生の勉強会 -源信和尚の倫理-
b0029488_259591.jpg


前半は、宗祖親鸞聖人が仰がれた七高僧のおひとり、源信和尚の倫理についての講義。
後半は布教についての実践的な講義。


源信和尚が「往生要集」に著された地獄。その地獄を描いたいわゆる地獄図を、宗教体験としてこどもの時に見ておくのがよいのではないかと、先生は雑談の中でおっしゃいました。

ボクは5・6歳の頃、K寺ご住職から「地獄図」の絵本をいただきました。そのおどろおどろしい内容に、K寺ご住職のことを憎み、忌み嫌った覚えがあります。

決していい思い出ではないのですが、こどもの心に強烈に響いたのは間違いないと思います。


もうひとつ、先生がおっしゃったことの中で気になったことが自殺について。

わたしはわたしのものかどうかということ。

ずいぶん前のことですが、小学生のこどもさんとそのお母さんから、自殺について尋ねられたことがあります。そのとき戸惑ったことが気になっていたこともあり、帰りの車の中で、自殺について法友の意見を聞きました。

答えが出たわけではありませんが、有り難い時間でした。今回も充実した奈良行きでした。








                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-03-30 03:44 | 智慧と慈悲 | Comments(0)