2011年 06月 06日 ( 1 )
美濃四十八座 光照寺真宗講座 渡辺幸司師
b0029488_0153936.jpgご講師

渡辺幸司師

広島より


光照寺さんの真宗講座昼座。どこを見ても新緑と六根色が鮮やかな境内。

満堂のお同行と、お説教師さんとしては比較的若い四十一歳の渡辺幸司師の、端正なお取り次ぎを心地よくお聴聞しました。

理屈を理解するという話ではなく、徹底して、ほとけさまの智慧と慈悲のお話。

お釈迦さま入滅のときのおことば「法灯明、自灯明」の「灯明」の原語は「島」だそうです。雨期のインドの氾濫した水の中の拠り所が「島」の意味です。・・・。


まだ僧侶になる前に読んだ岩波文庫「ブッダ最後の旅」。その訳注に書いたあった「島」のことを、なぜか特別に憶えています。こういう聞き方がいいのかどうかわかりませんが、うれしくて「そうやった、そうやった。」と頷きながら聞きました。

法務があり、夜座は欠席。ちょっと小寒くて、夜座もいい感じだっただろうなあと想像。

b0029488_09276.jpg快晴

お聴聞日和

b0029488_093075.jpg新緑

お聴聞日和
b0029488_095462.jpg乾いた風

お聴聞日和

by e.wash-r | 2011-06-06 23:01 | おまいりにて | Comments(0)