2011年 06月 07日 ( 1 )
「いのちをいただく」
正尊寺さんの真宗講座で、外松太恵子先生が朗読された絵本をamazonで買いました。

b0029488_27491.jpg


                       「いのちをいただく」
 
                       文  内田美智子 
                       絵  諸江和美 
                       監修 佐藤剛史  

                       西日本新聞社


               食肉加工センターではたらく坂本さんが出合った

               牛のみいちゃんとひとりの女の子の物語



梱包を開いて早速読んでいると、坊守が、「その本あるのに。」と。

人にすすめられた本というのはなかなか読めないものですが、「いのちをいただく」、おすすめします。

宏林晃信師の「あか」という牛の話もおすすめです。
by e.wash-r | 2011-06-07 23:13 | 智慧と慈悲 | Comments(4)