2011年 06月 17日 ( 1 )
美濃四十八座 正尊寺真宗講座 宏林晃信師
b0029488_23525454.jpg
b0029488_17544822.jpg
b0029488_17551167.jpg


「まよいとすくい」と題した宏林晃信師のお取り次ぎ。

全身で熱く語られるお話。お聴聞のボクたちは、笑ったり、頷いたり、ときどきどう反応していいのか困ったりしながら、宏林ワールドに引き込まれました。

「むなしくはさせない」というあみださまのお慈悲のお話。

ボクは、あみださまのお慈悲の中にいるという、ただそれだけでいいと思っています。正直なところ、ボクの生き様に関わることは、特に言及しないというスタンスでいます。

そう言うボクの思いからすると、あみだささまのお慈悲と生き様の関係を、ボクはよくわからないでいます。ところが、宏林先生のお話をきいていると、なんとなくお慈悲の中の不思議な元気("元気モリモリ"という元気というよりは、"なんかいいね"という感じの元気)が出てくるような気がするのです。先生のお話が、おぼつかなくナイーブな生の中のささやかなよろこびで貫徹されているからかなあと勝手に受けとめています。


10周年を迎えられた正尊寺さんの真宗講座。今、美濃四十八座という地域のお座が、その黎明を迎えられたのは、正尊寺さんの真宗講座の8年の満堂のお座を経てのことです。

お座の後、宏林先生から「お念仏が響いてきました。」ということば。
感慨深いものがありました。


正尊寺さんで泊まられる先生と、法友一同で深夜まで歓談。

岐阜で唯一の真宗興正派寺院・超誓寺ご住職O師が弘めてくださった『やっぱり阿弥陀さん』というフレーズで盛り上がりました。

宏林晃信師曰く  「『やっぱり阿弥陀さん』ですよね。」
応えてボクたち  「『やっぱり阿弥陀さん』ですよね。」
 

正尊寺さんの真宗講座10周年のご法座は、深夜まで有り難かったです。



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-06-17 23:51 | おまいりにて | Comments(0)