2012年 06月 04日 ( 3 )
第5回 正蓮寺の歴史を語る会 -岩利城をめぐる戦-
b0029488_23542421.jpg


正蓮寺が現在の地・岩利に移転したのは、天正10年と伝えられています。本能寺の変のあった年です。

当地岩利は、織田氏と浅からざる関係の土地。当時何があったのか、興味は尽きません。


毎回この会に出席されている東隣のTさんの家には、長久手の戦いで戦死したと伝えられる池田之助の位牌があります。

池田之助は、織田信長・織田信忠・織田信孝に続く岐阜城主です。姫路城を修復したことでも有名な姫路藩主池田輝政は、之助のあと岐阜城主で之助の弟になります。

戦国時代という政争の時代、岩利と正蓮寺がその渦中にあったことは間違いなさそうです。


寺の裏山の北、山後地区に、岩利城をめぐる戦の戦死者を埋葬した塚があったそうです。

「戦国時代は、ここ岩利も混乱の舞台であったと想像する。当時の正蓮寺住職釋証西は、塚の前で敵味方なく戦死者を弔ったのであろう。お寺とはそういうものだ。」

そう解説された歴史を語る会主宰の宮部さんの思いが有り難かったです。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-04 23:52 | Comments(0)
]\/o[@/;^io-p8????
今気がついたのですが、6月1日の記事が消えてる!!!

exciteのトラブルか、それともボクの書いたつもりの思いこみか???

こぇー。


確かこんな↓写真載せて、雑務はルーチンワークじゃないからとか愚痴書いた記憶なんですが・・・。

b0029488_23403271.jpg
b0029488_234044100.jpg


確かに書いて、UPしたと思うんですが・・・。
by e.wash-r | 2012-06-04 23:43 | そらごと、たはごと | Comments(5)
葬儀の生前予約
b0029488_23162496.jpg


前々住職は、岐阜の町の中心にあるTさんの家で、よくお宿をお世話になっていたそうです。交通の便が悪かった頃なので、岐阜の町のおまいりで帰れないような日は、Tさんの家で泊めてもらうのが慣わしだったと聞いています。

おまいりに行くと、いつもしっかりお荘厳をして、身支度をして、待ちかまえるように仏間にすわっていらっしゃったTさん。そして、必ず「ワシはおまいりもお寺まいりもきらいや。」とおっしゃったTさん。ボクは、なんとなくいつも楽しみにおまいりに行っていました。

そのTさんが亡くなられました。Tさんは父と同い年ですが、ボクは親しい友だちを失ったような気持ちです。


Tさんのお通夜。お勤めを終え、式場のエレベーターに乗ると、ひとりの女性が駆け込んでみえました。

「父の葬儀をお願いできませんか。父がお寺さんのお経が気に入ったので、自分の葬儀をお願いしてきてほしいと言っています。」と。

ボクは、お経がうまくありません。だいたい音痴です。声も小さいです。高い声も出ません。でも、褒められているような気分になったので、とりあえず、ありがとうございますとお礼を言いました。

事情を聞くと、その女性は末期ガンのお父さんの介添えでおまいりされていたとのこと。お父さんはTさんの知人だそうです。気弱になっているお父さんは、自分の葬儀のことを思っておまいりされていたそうで、お通夜のおつとめに遇われ、浄土真宗で葬儀をしたいと思われたのだそうです。家は**宗とおっしゃいました。

正直なところ、「家は**宗」と聞いて、少しホッとしました。新しくご門徒になられる場合、その方がどこかのお寺のご門徒さんである場合、どうしても世知辛い娑婆の論理がつきまとうからです。

葬儀のこともご心配でしょうが、何より安心の日暮らしを、とお伝えしエレベーターをおりました。

やっぱりほとけさまのご縁なんでしょうね。思いこみもアリです。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-04 23:00 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(4)