2012年 06月 07日 ( 1 )
りゅうの目のなみだ -カヌーの準備-
b0029488_22452353.gif


こどものころ大好きだった浜田広介の童話「りゅうの目のなみだ」。何回読み返したかわからない。

ボクに「悪」という概念が乏しいのは、この物語が好きだったことと無関係ではないのではないような気がする。悪を悪と言い切る世界観が今でも苦手だ。


と言いつつ、日本の河川行政を「悪」と決めつけ、抗議を繰り返した時期があった。長良川に河口堰をつくって欲しくないと思った。(もちろん今もそう思っている・・・)


一応、大学で河川の勉強をしたものとしても、また、一市民としても、河口堰の問題点を述べることはできる。しかし、論理的な論争は、あまり意味がない。誰もが正論を持っているわけだから。最後はパワーゲームになる。行き着くところは、政争であり、経済だ。

「河口堰がない方が美しいと思うんです。気持ちいいんです。楽しそうなんです。遊べるんです。」
そんな言い訳がいい。


もう、進水してから30年近くになるミクマック450というカナディアンカヌー。

オトナやこども、戦略的に政治家やマスコミ関係者、長良川の川面からの景色を見てもらおうと、何度も乗せた。

今から思うと、なんとなく「役目」の気負いがあった。もっと、気楽に遊ぶべきだったと思う。



  6月9日の夜、4年ぶりに、伊自良川にカヌーを浮かべます。ただ、遊びませんか。



川霧のたつ湧水の川面を漕ぎ上がる。

蛍が舞う、水を切るパドルの音に驚いた魚が飛び跳ねる。

音もなくすすむ船は、むかし"やまのりゅう"だったかもしれない。

そんな風に船に酔うのもいいかもしれない。


ちょっとキザだったかもしれない・・・。





進水式 -ごきぶり丸とミクマック450とダンサー-

6月日曜学校(キッズサンガ) -カヌーで蛍を見に行きました-




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-07 22:46 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)