2012年 07月 09日 ( 1 )
世界合唱祭 -むくの木合唱団、アメリカから帰国-
b0029488_10244439.jpg


アメリカ・シンシナティで開催された世界合唱祭の公演を終えて、むくの木合唱団が帰ってきました。

岐阜駅の通路での解散式。O団長さんとT先生の挨拶。

聴衆の方々が何度もスタンディングオベーションをするほど、こどもたちがすばらしい演奏をしたことを、ほんとうにうれしそうに話されました。

そのよろこびのお話を聞き、はつらつとしたこどもたちの姿を見、きっとすばらしい歌だったんだろうと体感しました。


世界合唱祭への参加の打診があって以降、練習、ドイツの本部・主催国アメリカの事務局との連絡、自治体や学校への対応、そしてこどもたちを安全に楽しく案内するための旅程の手続き等々、すべて自前で奔走された指導者・スタッフの方々に敬意を表したいと思います。


スポーツや芸術が真に崇高な遊びであるなら、それは自立できるものなのだろうと思っています。その意味で、「むくの木合唱団」は、見事に遊びきったのだろうと思います。清々しいものを感じます。




小さな合唱団に教えられた、スポーツや芸術のあるひとつのすがたを、ボクはお寺と重ね合わせています。真のものにであったら、めまいと熱と自立なんですよね。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-07-09 23:29 | ふるさと | Comments(2)