2012年 07月 15日 ( 1 )
美濃四十八座 浄妙寺真宗講座 松月博宣師
b0029488_23534098.jpg
b0029488_23535414.jpg
b0029488_2354555.jpg
b0029488_23541956.jpg


池田町浄妙寺の修復の終わった本堂で第一回の真宗講座。

平素のご教化そのままに超満堂。外陣に座りきれない人は余間へ。往年の浄土真宗のお座はこんな風だったんだろうなと想像しました。

地域に根ざした生きたお寺の凄みを、あらためて感じました。


浄妙寺のN師は、西域文化研究会・鸞学塾等で大変お世話になったご院さんです。ボクが岐阜に帰ってきて、お寺のことを何もわからないでいたころ、遊びから勉強までいろいろと支えてくださったご院さん方のひとりです。十五年ほど前、N師が企画されたチベット行がなかったら、ボクはまったく別の僧侶になっていたかもしれないと思っています。

ボクたちの郷里である美濃が、さらにご法地となり、いつか土徳の地となるよう、当時からの法友、そして新しくであった若い法友にたすけてもらって、とにかく足下を見てつとめていこうと思いました。



疲れ果てて、完全にダウン。法務は何とかつとめましたが、予定していた昼座はお聴聞できませんでした。夜座、法務を終えて遅参。なんとか、浄妙寺さんの熱いお座に間に合いました。写真は、昼座をお聴聞した坊守が撮ったものです。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-07-15 23:27 | お聴聞 | Comments(0)