2013年 07月 11日 ( 1 )
美濃四十八座 超宗寺真宗講座 紫籐常昭師
b0029488_14533954.jpg
b0029488_14535671.jpg


梅雨明けの酷暑の中の超宗寺真宗講座。

6月9日は、岐阜空襲があった日で、超宗寺さんがある岐阜市曽我屋地区も激しい空襲にあっているそうです。例年、夏の法座は、戦没者追悼のおつとめではじまります。美濃四十八座繋がりのご院さん方が色衣で出勤。阿弥陀経のおつとめをしました。

お話しは、紫籐常昭先生。『観無量寿経』の物語と、そのお心を、おもしろく聞かせていただきました。うだるような暑さでしたが、聞き入るうちに、あっという間に時間が過ぎました。

娑婆で、どうしようもないものをかかえるボクたちに向けられる阿弥陀さまのお慈悲。先生は優しく優しくお伝えくださいました。



美濃、長良川の鵜飼いを、芭蕉は「おもしろうてやがて悲しき鵜舟哉」と詠みました。

お座は、どことなく芭蕉の詠んだ風情ににているような気がします。「悲しさ」は、「うれしさ」であったり「悦しさ」であったり「慶び」であったり、「鵜舟」は「法座」であったりして。

ボクたちは、お座を楽しみ、淡々と普通に家路に就くのです。



ご住職M師が入院中。それでも、ほぼいつも通りにつとまった法座。有り難いです。

b0029488_14544574.jpg
お座の何時間も前から集まられた総代さん方
b0029488_14542543.jpg
住職に代わって、僧侶としてすべてを取り仕切られたMm師
b0029488_1455457.jpg
若い人たちはサテライト会場でお聴聞(写真は休憩時間)
b0029488_1455193.jpg
法座の最後、総代さんと坊守さん、若さんがご挨拶されました




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-07-11 00:52 | お聴聞 | Comments(0)