2013年 10月 05日 ( 1 )
浄土山 弥陀ヶ原 称名の滝 そして地獄谷
山ガールふたりと錦秋の立山へ。

【山girls】
b0029488_235386.jpg
ミクリガ池から立山(雄山)望む
b0029488_2354193.jpg
一ノ越小屋で休憩 槍穂が一望 このあと立山(雄山)へ
b0029488_23543675.jpg
室堂への下り 遠くに地獄谷
b0029488_23545091.jpg
立山を背に室堂を歩く

【紅葉】
b0029488_06294.jpg
b0029488_08366.jpg
b0029488_092563.jpg
b0029488_0983.jpg


【山の自然】
b0029488_012940.jpg
氷河地形 室堂から見る山崎カール
b0029488_013863.jpg
乾燥岩屑流の跡 いわゆる水をともなわない土石流
b0029488_0171713.jpg
ハイマツ帯 森林限界の上
b0029488_0175851.jpg
御前沢の雪渓 日本に現存する雪氷学上の氷河 調査をしていました

【山】
b0029488_021073.jpg
弥陀ヶ原から見た剣岳
b0029488_0221767.jpg
浄土山
b0029488_0223860.jpg
立山(雄山)と一ノ越し この稜線を登りました
b0029488_023322.jpg
雄山山頂直下の雄山権現・雄山神社
b0029488_0364194.jpg
雄山頂上の神殿 神殿のまわりには河原の丸石が敷き詰められていました
b0029488_0391793.jpg
遠く富士山

ケーブルカーと高原バスの力を甘受して、今回も軟弱登山。ちょうど紅葉がはじまったところでした。来年の夏や秋はないかもしれない、そんな思いに駆り立てられるような山行です。

雄山頂上直下のガレ場でC国、K国の登山者の団体と遭遇。お国柄のちがいといえばそれまでですが、ボクたちの山のマナー、若しくは公共の常識の感覚とは異なる傍若無人な行動に困惑と怒り。偏狭なナショナリズムをよしとしない立場のつもりでしたが、単純に、排他的な思いが湧いてきました。論理は感情に勝てないのかも。

頂上の神殿で、先の集団とは異なるC国(T国かもしれませんが)のふたり連れにあいました。気持ちのいい真摯な方々でした。少し冷静になることができました。


行程

5:30 岐阜・岩利発 関広見IC-美濃関JCT-小矢部砺波JCT-立山IC
9:00 立山駅着 駐車場満車
9:30 立山駅-ケーブル7分-美女平-バス50分-室堂バスターミナル
10:30 室堂発
11:30 一ノ越 休憩
12:30 雄山頂上着 昼食 ブラブラ
14:00 雄山頂上発 たらたら下山
15:30 室堂着 あちこち散策
16:30 室堂バスターミナル
17:30 立山駅
19:00 城端SA 桜ヶ池温泉でサッパリ
21:30 岐阜・岩利着






                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-10-05 23:50 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(4)