2014年 06月 29日 ( 1 )
父の日だった -『春を背負って』を観ましたが???-
6/29分

b0029488_21134395.jpg


夜の8時頃になって、そういえば父の日だったということになって、「いまさらだけどなにか欲しいいものあるの?」と将軍様がおっしゃるので、ちょっと考えて、「夏の法衣の下に履く白いパンツが不足しています。」と答えました。

じゃあということで、夜遅くまで営業しているショッピングモールへ。ありそうでなかなか売っていない「白いトランクス」を買いに出かけました。

日曜の夜、まだまだ賑わっているショッピングモールに着いて目についてしまったのが、映画『春を背負って』のポスター。上映中。

レイトショーにまだ間に合う時間でした。

先日、お役目で『春を背負って』のポスターやチラシをあちこちに配って回った立場もあり、撮影地が立山ということもあり、パンツをあきらめ成り行きで映画館へ。

お金払ってみた映画だから批評していいと思うので書きます。

「脚本」も「映像」も「音楽」も☓。「俳優」さんはかわいそう。

良かったのは、たぶんスポンサーだからだと思うのですが、唐突に出てきた辰野勇モンベル社長がケーナで奏でた「故郷」。それと、映画そのものじゃないけど、予告編の『godzilla』。意地悪にこき下ろしているみたいですが、そのくらいボクの感性を不快にする映画でした。もったいないので最後まで観ましたが。

批判ついでに、もう一言。ただ、ぼーっとそのまま撮っただけで素晴らしい世界が、人の思惟が加わるとこれほどまでに変わるのかと。

あくまで私見。ボクとは違う感性の方もいらっしゃると思うので、その方々の感想は否定しません。


父ですが、父というのは、要するにすなおなこころを失くした面倒くさいおっさんですね。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2014-06-29 23:59 | そらごと、たはごと | Comments(0)