2015年 06月 02日 ( 2 )
mission 2 ―佐世保港・浦頭引揚記念資料館-
佐世保、浦頭引揚記念資料館を訪ねました。

b0029488_059394.jpg
平和公園より佐世保湾浦頭の港を望む 佐世保は軍港でもありました
b0029488_10545.jpg
『引揚第一歩の地』 引揚船1216隻 引揚者およそ140万人
b0029488_103525.jpg
引揚援護局検疫所 今はハウステンボス
b0029488_11373.jpg
検疫所の様子 DDTの散布は母の強烈な記憶
b0029488_112029.jpg
引揚船の主力・米軍のL.S.T(戦車揚陸艦) 記録から推察するに母もL.S.Tで帰国

*モノクロ写真は浦頭引揚記念資料館のもの



戦後の邦人の引揚・復員の方々の数は、民間人・軍人軍属あわせて600万人以上。そのうち、およそ164万人の方々が、佐世保浦頭へ引揚げてみえるそうです。

母は、昭和20年の終戦まで、父親の任地であった中国河南省に家族6人で暮らしていました。佐世保は、母の家族が、終戦の日の3日後から9ヶ月以上をかけて帰ってきた港です。

今回の旅の目的、mission2は、母の引揚の地である佐世保を訪ねること。母のかすかな記憶を頼りに、引揚の地を巡りました。


① 佐世保湾浦頭埠頭 引揚船が入港したところ  『引揚第一歩の地』の碑
  母に「埠頭の記憶はない」 船上から「陸が見えたときには歓声が上がった」という 

② 浦頭引揚記念資料館 港の上の平和公園内にある 引揚資料の展示
  引揚船の記録がある 引揚者の名簿は米軍管理で日本にはない 
  
③ 引揚援護局検疫所  浦頭から約7km 検疫とDDT散布を受ける
  母はここで数日滞在したらしい DDTの記憶
  跡地はハウステンボスに 引揚船中、検疫所で亡くなられた方の墓地がある 

④ 国立川棚病院 (旧川棚海軍共済病院 現長崎川棚医療センター)
  引揚者の多くが治療療養した病院
  母の家族は(数日)入院療養し転院したらしい
  「カワタナビョウイン」という母の記憶より

⑤ 嬉野海軍病院(現嬉野医療センター)
  母の家族は川棚病院から嬉野海軍病院へ移り(一ヶ月ほど)療養
  (山の上の病院、坂を下りて嬉野の温泉に通ったという記憶から推定)
  さつき、つつじの季節 共同自炊生活だったらしい


曖昧な部分、推察もありますが、戦争の記憶として残しておきます。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog

by e.wash-r | 2015-06-02 23:54 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
mission 1  -西へ 岩国・博多・武雄- 
b0029488_0315766.jpg
高校の修学旅行以来の錦帯橋
b0029488_0321262.jpg
養専寺さまへ
b0029488_0324033.jpg
参拝記念のプトラとプトリ
b0029488_0330100.jpg
初参式の準備中でした
b0029488_03392.jpg
余間の欄間 おしゃれな亀の意匠
b0029488_0332495.jpg
ご院さん方の雰囲気そのままのお寺という感じがしました


それなりに重要なミッション3つを果たすべく、西へ。

その日のうちに博多に着くのは物理的に不可能。行けるところまで、できたらなんとか山口県までたどり着きたいと走り続け、深夜力尽きたのは岩国。当初の目標の徳山には一歩届きませんでした。

時間の余裕はありありませんでしたが、せっかく岩国にきたのだからと早朝、錦帯橋へ。その後、養専寺さまがすぐ近くだということがわかり、おまいりしました。

雰囲気のあるお寺の佇まいと雰囲気のあるお寺の方々にあたたかく迎えられ、心地よい時を過ごさせていただきました。きれいなお寺でした。短い時間でしたが、自坊のあり方に指針をいただいたように思います。現場の力だと思います。


予定より30分遅れて博多着。1BOXめいっぱいに積んだ荷物を下ろし、mission1無事完了。

専門家が3人がかりで運んだという大物等をずるさと体力と成り行き任せで運びきり、自画自賛しておりますが、背中と歯が痛いです。


午後、早々に博多を出て、佐世保に向かいました。

夕暮れの武雄温泉街を見学。木造の湯屋がいい感じです。(武雄でのことは、いずれ時間に余裕ができたら)

b0029488_0333661.jpg
夕刻の武雄温泉見学
by e.wash-r | 2015-06-02 23:27 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)