2016年 06月 04日 ( 1 )
雨の中 ー伊自良川蛍見カヌーー
b0029488_0453074.jpg
b0029488_0454632.jpg


久しぶりの伊自良川蛍見カヌー。

地元のこどもたち(小学生)が、みんな「はじめて~」と叫んでいたので、たぶん、5年ぶりくらいかも。

5年。

ボクにとっても、蛍見カヌーなじみのオトナにとっても、「久しぶり」くらいの感覚ですが、考えてみれば、10歳に満たないこどもたちの5年というのは、人生の半分以上ということなわけで・・・。

こどものことは、コンスタントであることに意味があるのだ、と気づきました。


あいにくの雨。それも冷たい雨。例年に比べ少ない蛍。

条件は最悪でしたが、真っ暗な川面を音もなく往く不安定なカヌー、川のにおい、少しは飛んでいた蛍等々、こどもたちはそれなりに感じたものがあったと思います。

境内では、若者たち、Kさん夫妻、S師夫妻、妹夫妻等々が、いつものように五平餅やまきまきパンの準備を整えていてくださったのですが、こちらも同じくあいにくの雨。急遽、向拝が屋台になりました。

行事時の雨対策というのは、当寺の懸案です。ハードに関わることなので、なかなか具体的な対策がないのが現状。ただ、カヌーについていうと、”雨もそう悪くはない”と感じています。外遊びの楽しさは、全天候型ですね、と強がっておきます。


それにしても、思っている以上に、老齢化と体力の衰えを感じた今年の蛍見カヌー。

”衒いなくコンスタントに”とは思うものの、気力体力とも、来年が不安です。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2016-06-04 23:19 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)