2017年 06月 13日 ( 1 )
1時間だけ、川の先生になる
b0029488_21203237.jpg
「伊自良川の自然」という授業
b0029488_21204236.jpg
法則性を見つけるワーク
b0029488_21205275.jpg
質問・感想発表
b0029488_21234430.jpg
前夜 準備、そして、将軍様を生徒に模擬授業


縁あって、20年ほど関わらせてもらっている川の教室。

川のよさは川で遊べばわかるんですが、それは来週のお楽しみにして、今日は、ちょっと教室でお勉強。小学校5年生のこどもたちに、手加減なしの自然科学のお話。

ボクの中のイメージは、 1936年、世界で初めて実験室で雪の結晶を作った中谷宇吉郎博士のことば。


雪の結晶がどうしてできるかは科学の領域である。

だが、その雪がどうして私にふりそそいできたかは科学ではわからない。


伊自良川という希有の川の成り立ちと、その川の岸に暮らすことの不思議、よろこびやかなしみ。そういうものを感じてほしいと思って、1時間。

正規分布とか河床勾配とか棲み分けとか、小学生には難しいかもしれないけれど、こどもたちが目を輝かせてくれるように準備したつもり。

自己満足と言うか、自分が楽しいことをやっているんですけどね。


素晴らしいこどもたちと、来週は、野外授業という名の「川遊び、魚取り」。


ふるさとの山に向ひて言ふことなし

ふるさとの山はありがたきかな

石川啄木




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-13 21:19 | ◆伊自良川だより | Comments(2)