2017年 06月 30日 ( 1 )
第4回本典勉学会 
b0029488_2032650.jpg
基本の基から
b0029488_18435098.jpg
4講、4時間終了
b0029488_18435933.jpg
「骨を砕きても」の受講生(実際は、肉をガグリても、らしいです)


岐阜別院香光殿にて、第4回本典勉学会。安方哲爾先生の講義を受けました。当たり前なんでしょうが、いまのところ、なんとか皆出席。

「ことば」の意味を確認してから、講義がはじまりました。ボクのようなものには、有り難い進行です。

政治の世界では、「誤解をまねく発言を撤回する」といったことが繰り返されています。まあ、誤解は常に生ずるものなのでしょう。だから、たぶん、仏教は、釈尊の教説を間違わないように、何百年の間、そして今も、「丁寧に伝える」ことを繰り返しているのだと思います。

あらためて、「ことば」を大切にすることが、勉強の基本だと思いました。


講義がはじまって、前回の講義のことを思い出そうとしましたが、全く思い出せません。危機感を感じるほど。やばいです。

仕方がないので、今日は開き直って、この時間を楽しむ、という気持ちで受講しました。

刹那的な気がしないではありませんが・・・。


一応、忘れたという自覚はまだあります。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-06-30 21:15 | お聴聞 | Comments(0)