2017年 07月 03日 ( 1 )
狩猟の血
b0029488_2353220.jpg



テレマークスキーの先輩であるI師の「blog版 がおろ亭 」に、洋式便座で、座って小をする男についての記述がありました。I師は山やさんでもあり、山やさんは、こういう話が好きなのです。

FBにtて、思わず【便座を上げるのが面倒なので、座ってしてますが、考えてみれば、ズボン下ろすのも面倒くさいですね。】とコメント。

【 立ってしてると何かを狙う本能が目覚めるというか、完全にリラックスできないのですが、座ってやると短時間だけど無心の境地に浸れます。】とIさんの返信。

実に哲学的な示唆をいただきました。

つまみ出して、放って、引っ込める、という一連の流れの中には、確かに、狩猟採集の意識が潜んでいますよね。それを「完全にリラックスできない」所作と咀嚼され、座れば「短時間だけど無心の境地に浸れる」という達観。

緊張とリラックスの関係を見事に示した名文、至言だと思いました。

ところで、仏教のうえではどういう意味があるの?という問いがあるかもしれません。

そんなこと、ボクにはわかりません。



【注】 引っ込めたら、そこで安心しないで、チャックを閉めないとね。




blog版 がおろ亭

HP版 がおろ亭


                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-07-03 23:52 | そらごと、たはごと | Comments(0)