カテゴリ:お聴聞( 200 )
美濃四十八座 超宗寺真宗講座 若林真人師
超宗寺真宗講座、昼座と夜座後席のお聴聞。
b0029488_20324232.jpg
b0029488_20325850.jpg
昼座。高座のお説教。親鸞聖人が三部経千部読誦をやめられたことを思い出される場面の物語。物語中、「お念仏に何の不足があるのか」の強いことばに圧倒されました。


親鸞さまと私の関係。私は、

阿弥陀佛と私の間に立ち、私の方を見て、阿弥陀さまの願いを説かれる親鸞さまを仰ぐのか?

阿弥陀さまの方を見て、阿弥陀さまの願いをよろこばれる親鸞さまの後ろ姿を仰ぐのか?

信仰のうえでは、後者とお聞きしました。


親鸞さまのお姿を通して、どこまでも約仏のお話しでした。

善導大師の往生礼讃の御文。

   自信教人信  みづから信じ人を教へて信ぜしむること
   難中転更難  難きがなかにうたたさらに難し
   大悲伝普化  大悲をもつて伝へてあまねく化するは
   真成報仏恩  まことに仏恩を報ずるになる

親鸞聖人は、下記の異本の御文を引いていらっしゃいます。

   自信教人信  みづから信じ人を教へて信ぜしむること
   難中転更難  難きがなかにうたたまた難し
   大悲普化  大悲弘くあまねく化する
   真成報仏恩  まことに仏恩を報ずるになる




b0029488_20330941.jpg
b0029488_20352839.jpg
夜座。『寒くとも 袂に入れよ 西の風 弥陀の国より 吹くと思えば』の句を引用され、お慈悲のあたたかさのお話し。若林先生のこの話を聞かれ、句碑を寄進してくださったKさんのことを思いながら聞きました。

Kさんがこの句を聞かれたのは、かれこれ10年前、まだ美濃四十八座が立ち上がる前の正尊寺真宗講座。
そのKさんがご往生され数年。


いいこともわるいことも全部ご縁ですね。法座あればこそ、です。
















                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-10-13 23:19 | お聴聞 | Comments(0)
美濃四十八座 林雙寺真宗講座 服部法紹師
b0029488_00362560.jpg
b0029488_00374769.jpg

b0029488_00365029.jpg

林雙寺真宗講座、夜座のお聴聞。夜座も満堂。

法務を終え、直行しましたが、少し遅刻。一席目途中からのお聴聞でしたが、仏さまはとはお慈悲のお方であるというお話し、しっかり聞かせていただきました。

慈悲のお方である仏さまと、そのお慈悲を仰ぐわたしたちとの関係を出発点に、丁寧なお取り次ぎ。夜座特有の凛とした本堂で、お話しに引き込まれました。

疲れていたこともあり、空腹であったこともあり、休憩時間にいただいた、ご院さんご自慢の芋汁、たいへん美味しかったです。


法座のあとの帰り道、昼座からお聴聞していた若院に付き合ってもらって、遅い夕食。若院から、昼座のことも聞きながら、お座のあとの濃密な時間を過ごしました。

10月なのに、昼間は30度という暑さ。終日、法務にお聴聞に談合と、とても充実した一日ではありましたが、まだ治らない風邪もあって、バテバテです。







                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-10-10 23:18 | お聴聞 | Comments(0)
美濃四十八座 妙圓寺真宗講座 宏林晃信師
b0029488_08215226.jpg
b0029488_08222789.jpg

妙圓寺真宗講座夜座のお聴聞。

ちょっとトラブルがあり、ちょっと遅刻して、お勤め中の本堂へ。声のいいご住職の調声で高らかな正信偈。夜座は、比較的若い方が多く、夜座特有の雰囲気です。

お聴聞の方々とキャッチボールを繰り返しながら。快調なテンポで宏林先生のお取り次ぎがはじまりました。


お座のはじまる前、当寺ご門徒のMさんがお聴聞に来ていらっしゃることに気が付きました。休憩時間にご挨拶をすると・・・。

家族で親交のあった最も仲のいいご友人が、長い闘病生活を経てご往生なさったそうです。ご友人は、葬儀はしなくていいとまでおっしゃっていたそうですが、Mさんは、それは残った家族と自分が考えること、とご家族をたすけて葬儀を仕切られ、今、七日七日のおつとめにもおまいりしていらっしゃるとのことでした。

自宅で看病していらっしゃった奥さんの涙の乾くときがないことを、娘さんから聞いたMさんは、ご友人の奥さんをお聴聞に誘われたのでした。


客観的に書く(見る)ことではないのですが、宏林先生が、ある時から、Mさんとご友人の奥さんの方に語りかけるようにお話しされはじめました。Mさんたちの状況を知るボクから見ると、あきらかに宏林先生は、何か特別なものを察知してお話しをされているように見えました。まさに今、苦悩の現実の渦中にいるもの(それは実はボク自身のことでもあり、すべてのお聴聞の方々でもあるのですが)へのお取り次ぎ。

Mさんたちが、どのように聞かれたか知ることはできませんが、少なくともボクは、ほとけさまのお慈悲のお話しを聞かせていただきました。

こういう聞き方は横柄なのかもしれません。でも、なんとなくMさんたちの気持ちで聞いたお取り次ぎでした。








                    
Tumblr 『西蔵防だよん』
 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog






by e.wash-r | 2017-09-26 23:16 | お聴聞 | Comments(0)
美濃四十八座 専琳寺真宗講座 米田順昭師
b0029488_09080283.jpg
b0029488_09080342.jpg

専琳寺真宗講座昼座のお聴聞。

広島よりお越しの米田順昭先生の、生き方を問わない御慈悲のお取り次ぎ。冷房の効いた満堂の本堂で。

休憩時間に専琳寺坊守さんと少しお話ししました。

お盆のおつとめ、夏まつり、キッズサンガと続いた夏の締めくくりの法座にホッとしていますとのこと。

お寺もまた、夏の終わりです。


8月31日は、坊さんの休日・夏休み。でも、なんやかんやで、坊さんも忙しいわけで、現実は、この休日にしか仏事・行事が入らないような状況。

専琳寺真宗講座とシャワークライミングの実習が重なりました。学生時代にした旧徳山村の水量調査や沢登りの冷たい水の辛い経験を踏まえ、ボクは法座を選択。

のんびりお聴聞のつもりでしたが、娑婆のこと、まあ、いろいろなことが起こるわけで、夜座をパスして、W杯予選を聴きながら京都へ。

結局、やっぱり休日。家族サービスです。

気温はともかく、楽しかった夏が終わりました。






by e.wash-r | 2017-08-31 23:32 | お聴聞 | Comments(0)
美濃四十八座 西光寺真宗講座 藤澤信照師
b0029488_112853.jpg
藤澤信照先生 約仏のお話です
b0029488_1123135.jpg
金坂峠が通行止め グルっと回ってほぼ遅刻
b0029488_1124924.jpg
縁にまでお同行の本堂 『闇を照らす』の灯籠がおで迎え
b0029488_113596.jpg
満堂
b0029488_1131348.jpg
黄色いスイカのお接待  夏のお座です
b0029488_113281.jpg
夜座もいっぱい


1ヶ月、カレーモードだった頭を、いったんお聴聞モードに。

恒例、美濃四十八座の夏のお座。

美濃山地・根尾川上流、水鳥の西光寺真宗講座です。


嵐の後、終わりそうでまだまだ終わらない夏。




ほぼカレーロードは終わりましたが、tumblrで流れてきた夏の終わりのカレーのレシピ、貼っておきます。ボクはまだつくっていませんが。


夏に効く、生姜アホカレー




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-08-18 23:58 | お聴聞 | Comments(0)
第5回本典勉学会 
b0029488_18351678.jpg


第5回本典勉学会。安方哲爾先生の行巻の講義です。

重なり事があり、3時半からの参加。最後の1講、約1時間の聴講。

講義の流れに乗ることができず、レジメと聖典を行ったり来たりしているうちに、ほとんど何もわからないまま講義は終わってしましました。

講義の所々でお話しいてくださった和上さま方のお話しが有難かったです。

講義後、先生を囲んで、飲めないのに、一献、二献、三献、四献。先生と法友の方々と、勉強ということ、宗門のこと、他力のご法義のこと。

明快な先生と、熱く頼もしい若い方々。おみのりの話は、ほんとうに楽しいと思います。



                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-07-20 23:34 | お聴聞 | Comments(0)
中古のパイプオルガン
b0029488_23212123.jpg



音楽とオーディオが大好きな友だちが、立派なリスニングルームを造った。

某所で、中古のパイプオルガンを見つけた。

友人のリスニングルームに置いたら、なかなかいい感じだと思った。

お祝いに贈ろうかと思ったが、53万5千円ほど高い。

でも、せっかくなので、せめてmailで写真を送った。

すぐに、友人から「どこ?」という返信が来た。


あのパイプオルガンは、どこのリスニングルームに行くんだろう?


ところで、リスニングルームは和訳すると聴聞の部屋。

ボクたち一味は、意訳して「聞法の道場」と呼んでいます。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-07-18 23:21 | お聴聞 | Comments(0)
美濃四十八座 正尊寺真宗講座 松月博宣師
b0029488_15301962.jpg
b0029488_15303038.jpg
b0029488_15303948.jpg


正尊寺真宗講座、昼座、夜座のお聴聞。所用が重なり、出たり入ったりで、昼も夜も落ち着いてお聴聞することができず、そのことが残念でしたが。

ご講師は、美濃四十八座がはじまる前、まだお座の連携ができていなかったころの第一回正尊寺真宗講座のご講師をつとめられた松月博宣師。

「死後の楽しみ」というテーマ。いつもの通り、お聴聞の方々を引き込む軽快なお取り次ぎ。

噂に聞いていた長崎の達人にお会いできたり、奈良の勉強会の法友に会えたり、名古屋から越してみえたご夫婦が百八回目のお聴聞だったりと、おみのりの面的な広がりを実感するお座でした。


四月から続いた美濃四十八座の法座ロードは、このあとちょっと夏休み。美濃四十八座は、サマースクールのカレーロードに突入です。

カレーロードが終わる盆過ぎ、またぼちぼち美濃四十八座再開です。

しばらくはカレーでしのぎましょう。




                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-07-14 23:59 | お聴聞 | Comments(0)
美濃四十八座 浄妙寺真宗講座北塔光昇氏
b0029488_23184931.jpg
b0029488_2319610.jpg
b0029488_23192153.jpg


浄妙寺真宗講座、夜座のお聴聞。ご講師は、北塔光昇先生。

法務雑務でへとへとでしたが、気力を振り絞っておまいりしました。が、こっそり本堂に入って、とりあえずblog用の写真を撮ったところで、法話終了。

なにも聞かないうちに、法話終わってしましました。

と、言うわけで、お座の写真もりません。


まだ食事をしていないO師を誘って、遅い夕食。

ファミリーレストランに居座って、ご法義の話。無茶苦茶充実した2時間でした。
by e.wash-r | 2017-07-08 23:59 | お聴聞 | Comments(0)
美濃四十八座 超宗寺真宗講座 福間義朝師
b0029488_1159077.jpg
b0029488_11584870.jpg


7月7日、超宗寺真宗講座。昼座は、戦没者追悼会をおつとめした後の1座2席。夜座は、前席は日曜学校のこどもたちもいっしょのお聴聞、後席は、オトナ(普通に凡夫)向け。

昼座は、超満堂。夜座前席はは、日曜学校のこどもたちでずいぶん賑わったそうです

ご講師は、広島より福間議長先生。

ボクは、昼座のおつとめの出勤と夜座後席の途中からのお聴聞。夜のお話にあえたのは、30分ほどでしたが、縁起のお話、お慈悲のお話、存分に聞かせていただきました。

こどものとき、日曜学校に通っていた方が、郷里を離れ、ながい時を経て、艱難辛苦の日暮しのなかで、再びお正信偈に出会われたお話し。住職としても、有り難くお聴聞。

やっぱり、こども会や家庭のお仏事を大切にしないと、とあらためて思いました。

日々のお寺のこと、ご門徒さんのことは、頭で考えたとおり、思い通りにはいきません。遅々たる歩みなので、気が重く、めげることも多いのも実情です。目の前のこと、自分ひとりからはじめられることを、楽しむしかないですね。

法座のあと、先生から美濃四十八座へのエールをいただきました。とてもうれしかったので、付記。





                    
Tumblr 『西蔵防だよん』


 
2016年の今日のblog
2015年の今日のblog
2014年の今日のblog
2013年の今日のblog
2012年の今日のblog
2011年の今日のblog
2010年の今日のblog
2009年の今日のblog
2008年の今日のblog
2007年の今日のblog
2006年の今日のblog
2005年の今日のblog
2004年の今日のblog
2003年の今日のblog

by e.wash-r | 2017-07-08 12:54 | お聴聞 | Comments(0)