<   2006年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧
アユの産卵を見る会 -水中映像が公開されています-
b0029488_13382729.gif


リバーリバイバル研究所のニイムラさん主催の「アユの産卵を見る会」が、岐阜市内、長良橋下流で行われました。

参加できなくて残念でしたが、その時の映像がYouTubeで公開されています。
是非、ご覧ください。

YouTube 「アユの産卵を見る会 20061028 LIVE録画」

関連
blog 「リバーリバイバル研究所」
西蔵坊だより・2005/10/22 「鮎の産卵を見る会」


◆ 本日、少年連盟反省会につき、日付偽装してのupです。あしからず。



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-10-31 00:00 | ◆伊自良川だより | Comments(0)
写真で味わう晩秋の上高地  -青と黄の世界-
b0029488_23564157.jpg
   ・大正池と焼岳。サマースクールで登ったのは、もう、5年前。


b0029488_2357059.jpg
   ・自然界の不思議で鮮やかな色。


b0029488_23572112.jpg
   ・奥穂高・槍ヶ岳へとつづく谷と空。


b0029488_23573935.jpg
   ・梓川。水遊び。流れは痛いほど冷たい。


b0029488_2358312.jpg
   ・晩秋。黄金の落葉松(カラマツ)。


b0029488_23581754.jpg
   ・標高1500メートルの"町"と"山"の接点。


......................................................................................................................

坊守と次女が、PTA行事で上高地へ行ってきました。(写真は彼女たちが撮ってきたもの。)

ボクは、その間、朝から晩まで正味7時間ほど正座。
痛さを除けば、楽しい一日でしたが、少しヒガミもあります。



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-10-30 00:29 | Photo only | Comments(0)
熊騒動2  -小熊が捕まりました-
N家のご法事。

2~3日前、熊の子どもが目撃された"ガンド洞"と言われる広い谷から、ほんの2百メートルほどのところにNさんの家はあります。

午前10時、N家にお伺いすると、お呼び衆のTさんが、
「今朝、ガンド洞で熊捕まったよ。猟友会の人が朝はやくから来とった。ミツバチの箱を荒らしたで、仕掛けを掛けたったらしい。小熊やで、親がおるとこわいよ。」
と。

法事のあと、ガンド洞を見てきました。

b0029488_25207.jpg
ガンド洞。右奥にミツバチのの箱がある。

b0029488_2523125.jpg
ガンド洞にある土俵。こどもの相撲大会が行われる。


まだしばらく、当地の熊騒動は終息しそうにありません。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-10-29 00:46 | おまいりにて | Comments(0)
卒業単位
b0029488_21474610.jpg


全国の高校で必修科目の未履修が相次いで発覚しています。
伊吹文明文部科学相は27日の閣議後会見で「卒業証書を出すまでに、必ず学習指導要領で決められた授業を受けていただくよう、各都道府県に厳正に通知する」と述べた。
という報道のあと、

政府は「高校生のうちに身につけなければならない知識や技能を学ぶ」という学習指導要領の精神に基づき、必要な授業時間数に満たない場合でも、リポートや試験などで、習熟度が一定の水準に達していると認められれば、科目を履修したと認定する方向で検討に入った。
という報道。どうなるのかなあ。

約束は約束で大切ですが、このことは、いわば常識として黙認されてきたことなんだと思います。ほぼ全国でおこなわれ、たぶん過去もそうだっただろうことを思うと、これは、各学校の問題ではないですよね。構造的なものだから、そうなると、より上位の責任者がある程度腹をくくって対処しないといけないのでは、と思います。

最終的には、法に従ってもっともらしい理論を作って、つじつま合わせするしかないんじゃないかなあ。難しい問題だと思います。ただ、現場の生徒や先生、世間はしらけますよねえ。

たまたま、スピード違反で捕まった人が、罰金払うみたいなもの。
騒いだマスコミをはじめ、カッコいいこと言った人が、一番カッコ悪くなる構図の様相。
この事例に限りませんが。

夏は川で魚取り、雪が降るとサッカーか雪合戦。あれは何の授業だったんだろう?
小学校の頃のことですが、懐かしいです。

当日曜学校に、卒業単位はありません。念のため。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-10-28 17:36 | そらごと、たはごと | Comments(2)
ザクロ  -Patagonia社の色使い-
b0029488_19201960.jpg

先日尋ねた小坂のH寺さんの境内に、ザクロが熟していました。

outdoorの道具やクロージングには、伝統的に独特の色使いがあります。

ひとつは、エマージェンシーカラーと言われる色です。
赤・黄・オレンジ等、これらは、フィールドにおいて目立つことを目的に使われます。

もうひとつは、アースカラーなどと言い習わされる色です。
該当のフィールドにとけ込むことを目的とした、ベージュ・カーキ・ブラウン等です。

今から、20年ほど前、ボクは『Patagonia』社のカタログの、鮮やかな1枚の写真とコメントに衝撃を受けました。紫・青・ピンク・黄緑等、秋の高山帯の地面を接写したその写真は、鮮やかな色であふれていました。正確には覚えていませんが、『Patagonia』社の言いたかったことは、"自然は、魅力的な鮮やかな色であふれている・・・。"ということだったのだと思います。

当時の『Patagonia』社の製品は、今までの常識的なアースカラーの色使いとは異なる鮮やかなものでしたが、それも紛れもない自然界の色使いだったのです。

カタログには、赤紫を「グレナデン」、明るい紺を「エッグプラント」などと、聞き慣れないことばで表記してありました。「グレナデン」は、カクテルなどに使うザクロのシロップのこと、「エッグプラント」は、茄子です。

◆ patagonia のHP、写真がきれいです。

色(color)の話でした。仏教では、"もの"のことも、色といいます。


       色は匂へど散りぬるを
       我が世誰ぞ常ならむ
       有為の奥山今日越えて
       浅き夢見じ酔ひもせず        いろは歌 


       諸行無常
       是生滅法
       生滅滅已
       寂滅為楽                雪山偈


『いろは歌』は、涅槃経の『雪山偈(せっせんげ)』を意訳したものと言われています。
「雪山(せっせん)」はヒマラヤのこと。

ちょうど今、ヒマラヤのシェルパの本を読んでいます。


(なんか、ムリやり書きました。・)


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-10-27 17:21 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
美濃と飛騨の峠をいくつ越えたことか
b0029488_1191641.jpg

b0029488_1194435.jpg
一日中、長良川水系、荘川水系、神通川水系、飛騨川水系の谷を走りました。
鷲ヶ岳、白山、穂高、乗鞍、御岳の山麓を走りまわったということでもあります。

岐阜はつくづく山の国だと思いました。

尋ねたのは、いずれもお念仏の地。
何十年・何百年かけて伝わったお念仏が、今も、大切に相続されているところです。

お念仏の里とお寺の姿を、しっかり見てきました。
今、いろいろなことが、頭の中をめぐっていて、それと眠くて、ちょっとまとまりません。

山を見て、紅葉を楽しむという下心はちゃんと満たしてきました。
b0029488_120921.jpg



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-10-26 01:20 | ふるさと | Comments(0)
花咲蟹/ハナサキガニ  -萌消島の映像-
b0029488_874293.jpg

たまたま見ていたテレビで択捉島の特集。
萌消島という無人島の波打ち際で、花咲蟹を手掴みで捕まえている映像が流れました。

自慢の種なんですが、ボクも、花咲蟹を手で捕まえたことがあるんです。


b0029488_882422.jpg10年以上前、襟裳岬で、海まで降りて潜りました。夏でしたが、北の海は冷たくて波も荒く、震えながらのシュノーケリングでした。【P.1】

岸の近く、水深ほんの1~2メートルほどのところで、揺れる海草の間に花咲蟹を見つけました。信じられない光景でした。すぐに捕まえ、早々に海から上がりました。もっと捜そうとも思いましたが、一匹で十分お昼ごはんのおかずになりそうだったし、何より寒くてそれ以上潜るのは耐えられませんでした。

襟裳から広尾へ向かう海岸沿いの国道を黄金道路と言います。莫大な建設費がかかったことからそう呼ばれるのだそうです。黄金道路は、日高山脈から太平洋に注ぐ川を何本も渡ります。そのうちの1本を少し上って、谷のなかでごはんを炊き蟹を茹でました。【P.2】

テレビで萌消島の映像を見るまで、実は、今までずーっと、あの蟹は、漁船が落としたものかもしれないと思っていました。

捕った以上、ただそのままおいしくいただいていればよかったのにと思います。



痛風になる前の話です。



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-10-25 00:31 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
お先に失礼  -staxのコンデンサー型ヘッドフォン試聴-
b0029488_12373644.jpg

法務以外の用事で、激しくスケジュールの変更。
さらに、変更が変更を呼び、なぜか、ぽっかり空いてしまった時間に、Sくんから電話。

「ちょっと寄っていい?」

『STAX』という真空管のアンプとヘッドフォンのセットを、これからHくんに届けるところだそうで、道中のボクにそのすばらしい音を聞いてみないかということでした。

Sくんは、かなりのオーディオマニアです。Hくんも、とうとう、その洗礼を受けてしまったようです。Sくんが、すばらしいから聞いてみないかとすすめてくれる機器で音楽を聴くと、無知素人なりに感激してしまいます。

ボクは、オーディオマニアではないので、聞かせてもらうだけですが、すばらしいもの・感激は伝わると言うことを実感します。Hくんも、ソレに嵌ったんだろうなあ。

今晩あたりHくんは、中古ながら○万円もするヘッドフォンを真空管アンプに繋いで、ひとり部屋に籠もって音楽に聞きいることと・・・。Hくんの恍惚の姿を想像します。


たぶん、

頭には、コンデンサーヘッドフォン。
お腹には、電気で筋肉を無理やりぴくぴく震えさせて脂肪を燃やすというヘンな痩身器具。
左手には、懲りに凝って選び抜いたアルコール。

原稿を書く右手が、どの程度動いていることやら・・・。
身体も動かさないと、せっかく食べた健康食品がもったいないぞー。


b0029488_1238241.jpg

申し訳ないことですが、Sくんのはからいで、お先に、しかも本堂で、STAXのコンデンサーヘッドフォンのすばらしい音を試聴させてもらいました。音は麻薬ですね。

音に関しては、ボクは、試すだけで十分です。



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-10-24 12:42 | 溺レル | Comments(4)
熊騒動  -岐阜市石谷JAアグリパークで熊が目撃されました-
b0029488_1124380.jpg
            熊が目撃されたあたり。手前は大根畑。

19日朝6時頃、隣村で熊の親子が目撃されました。
早々に、登下校には、学校の職員の方々が同行していてくださいます。感謝。

22日朝8時頃、今度は当村で子熊が目撃されました。
当寺から約2.5キロ南です。

早々に、消防団、小学校の連絡網等で広報されました。
小学生の次女が、学校から『新たな熊情報と対応策』というプリントを持ってきました。

『ついに方県地区でも熊が目撃され・・・』とはじまるそのプリントには、目撃情報の詳細や、小学校の登下校についての対応策が書かれていました。

学校職員が6時半までに出勤し、通学路を確認し、集合場所まで迎えに行くので、可能な保護者は、集合場所まで、または、学校まで、付き添って欲しいとのこと。下校も同様。

方県小学校の職員の方々に頭が下がります。
マスコミでは、先生の批判ばかりが流れていますが、目立たないけど基本的に熱心で地道な努力が、それぞれの場所で行われているということ、声を大にして言いたいと思います。


午後6時半頃、真っ暗ななか、ずぶ濡れになって帰ってきた長男が、言ったこと。

「熊探しながら帰ってきたけど、見つからんかったよ。」


熊さん、食べるもの食べたら、なるべく早くこっそり山へ帰りなさい!

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-10-24 01:14 | ふるさと | Comments(0)
ちょっとうれしかったこと -ミンサーによせて-



b0029488_11581017.gif




沖縄の伝統的な織り、ミンサー。
アフガニスタンが起源で、チベット・中国を経由して沖縄に伝わったそうです。
北伝仏教やチベット仏教の伝播とも、たぶん何かしら関係があるんだろうなあ。

写真は、ミンサーの代表的な文様。
「いつの世までもいっしょに」の意、5(いつの)と4(世)の語呂合わせだそうです。



先日の正尊寺さんの真宗講座、夫婦でお聴聞していた若いKさんから電話がありました。

「・・・用件・・・。」

「ボクのblogに案内してあった夜座の時間が17:30からになっていたから、ずいぶんはやく行っていたみたいやねえ。ゴメン。19:30を書き間違えた。何時に行っとったの?」

「5時半には行ってた。」

「旦那さんもその時間に行ったの?」

「うん」

「ひょっとして仕事、早退?」

「そうみたい。」

「ゴメン。」

「いいんじゃない。お話し聞いて、ものすごくよろこんでいたし。」


ご本願と、お取り次ぎしてくださる布教師さん、お聴聞の場を作ってくださるご院さんに、つくづく感謝であります。

(ボクは、正確なご案内につとめます。)



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2006-10-23 12:15 | 智慧と慈悲 | Comments(0)