<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
「柳沢厚生労働相発言」、いわゆる"生む機械"問題について思うこと
b0029488_1352391.gif

ボクの考え。

この件を大問題だと言う(与)野党議員さんの政治意識、さっさと解決できない安部内閣、生意気に言わせてもらいますが、いずれもちょっと???のような・・・。ついでに、マスコミも。早期解決を望みます。


柳沢発言の要旨と言われていること。

netで安易に得た情報ですので、この情報自体に誤りがあればごめんなさい。以下、柳沢発言の要旨(一部)です。(実は、発言の原文しっかり読んでいない人、意外と多いんじゃないかなあ。)

・・・なかなか今の女性は一生の間にたくさん子どもを産んでくれない。人口統計学では、女性は15~50歳が出産する年齢で、その数を勘定すると大体分かる。ほかからは生まれようがない。産む機械と言ってはなんだが、装置の数が決まったとなると、機械と言っては申し訳ないが、機械と言ってごめんなさいね、あとは産む役目の人が1人頭で頑張ってもらうしかない。(女性)1人当たりどのぐらい産んでくれるかという合計特殊出生率が今、日本では1.26。2055年まで推計したら、くしくも同じ1.26だった。それを上げなければいけない。・・・

「配慮がない」といえば、その通り、でも、それだけのことなんじゃないかなあ。例えば、「侮辱的」だとか「人権侵害」という怒りの意見が多いようですが、それはそう感じた人にはそうなんでしょうが、冷静に文脈から見て、ボクにはそうは思えないんですが・・・。

ボク自身、女は女、男は男と区(差)別しているし、言動で表現することを多少慎んではいるものの、そういう意識を持った人間です。だから、「おまえこそ差別者だ。」「鈍感なんだ。」と言われれば、その通りなんでしょう。(開き直っているわけではないですよ。)

その上で、あえて言わせてもらうなら、そもそも権利・人権って何なの?ということ。
そろそろ真剣に問い直してみないといけない状況になってきているように感じています。


【権利】大辞泉

1 ある物事を自分の意志によって自由に行ったり、他人に要求したりすることのできる資格・能力。

2 一定の利益を自分のために主張し、また、これを享受することができる法律上の能力。私権と公権とに分かれる。

3 権勢と利益。

決して崇高なものでもないような気がしますが・・・。だって、語意からすれば、絶対軋轢が生じる構造のことばですよね。



参考までに、あれやこれや。


◆【人造人間キカイダー】石ノ森章太郎   (Wikipedia)

「不完全な良心回路」という設定によって、悪と正義の狭間で自らのアイデンティティに悩み苦しむ人間的なヒーロー像を描くと同時に、これをロボットとして設定することで人間の存在そのもののあり方を客観的に問いかける作品となっており、今なお評価は高い。

◆【精密機械に譬えられた名手】      (はてなダイアリー、他)

"赤い皇帝"、ミスのないF1ドライバー、ミハエル・シューマッハ
緻密なポジションのプロボクサー、沼田義明
MLB屈指のコントロールを誇る、グレッグ・マダックス
正確なコントロールと怪我に強いプロ野球選手、北別府学
クロスボールの正確さを持つプロサッカー選手、アンドレアス・ブレーメ


◆【LOVEマシーン】モーニング娘

♪日本の未来は Wow Wow Wow Wow


◆【利己的な遺伝子】リチャード・ドーキンス (Wikipedia)

"我々人間を含めた生物は遺伝子が自らのコピーを残すために作り出した「乗り物」に過ぎないということになる。コピーを残す効率に優れた「乗り物」を作り出せる遺伝子が、結果として今日まで存続してきたと言えることになるのである。(生物=生存機械論)"
※誤解、曲解のないように・・・。


◆【坊守のことば】

「生む機械ということばを聞いて、生まれてくる子どもたちのことを思った。」
※ボクは「種馬」ということばを想像しました。やっぱり、坊守にはかないません。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-01-31 23:36 | そらごと、たはごと | Comments(2)
工事中
b0029488_23141962.gif

年度末ということで、工事現場を通ることが多いような気がします。

片側交互通行になっているある工事現場、。

当方、車で直進中。
ガードマンが、赤色の誘導灯を振って、"そのまま行っていいよ!"の指示。

b0029488_23143427.gif


"了解!"と、アイコンタクト?で、通り過ぎようとしたとき、なんと、ガードマンが手を滑らせ、振っていた誘導灯が車の前に飛んできました。

"危ない!"と思ったその直後、さらに、慌てたガードマンが、誘導灯を拾おうと車の前に飛び出してきました。"もっと危ない!"

(中くらいの)急ブレーキを踏み、一応急停車。

誘導灯を拾って屈んだまま顔を上げ、照れ笑いするガードマンと目があって、ボクまで照れ笑い。

一瞬ほのぼの、ニコニコの時間。

工事現場を通り過ぎた後も、なんとなく心地よいので、何故だろうと考えながら運転。

ガードマンの笑顔の力だろうか?
トラブルを回避できた安堵感だろうか?
それとも、ただたまたま気分がよかっただけなのか?





いつも思うんですが、些細なことで一喜一憂できるということは、緊張感がない証拠?!




b0029488_2314597.gif


アイコンは【ザ・工事中】さんからいただきました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-01-30 23:20 | そらごと、たはごと | Comments(0)
少年連盟役員会
b0029488_249424.jpg

『家族ゲーム』という映画。
主人公の家族が、細長い食卓に、全員同じ向きに座って食事をするシーンが象徴的に使われていました。


夜、別院にて、少年連盟の役員会。

会議をしているような感じではないし、意思の疎通ができているような雰囲気でもありませんが、見た目と違って、いい雰囲気で、みっちり話し合いました。

会議の後も、引き続き談。風邪と睡魔でボーッと参加。






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-01-29 23:59 | 溺レル | Comments(0)
盲亀浮木
書架の整理をしていたら、本の間からきれいな栞がでてきました。
【OKINAWA CHURAUMI AQUARIUM】の刻印があるので、誰かが沖縄で買ってきたものでしょう。

きれいだったので、写真を撮りました。

b0029488_1391687.jpg


盲亀浮木(もうきふぼく)。

大海に小さな穴の空いた木が浮かび漂っています。百年に一度、海の底から浮かんでくる盲目の亀が、海面に顔を出します。そのとき、盲目の亀の頭が、その浮木の穴にはいるほどに稀であるという譬えです。

人が人として生まれ、み教えに出会う尊さを「盲亀浮木」と譬えるのです。


ある出来事が起こる確率は、数学の上では、条件によって、1/1~1/∞の間のある値になるといえます。

しかし、それを人智を超えた『不思議』ととらえれば、それらはすべて、有り難い【1/∞】の出来事です。

また、それを『我がためであった』・『我が行いである』と受け取れば、それは、かけがえのない【1/1】の出来事です。


今日ボクが、亀に栞に出会い、それを美しいと思い、写真に撮り、blogに記したということ。


それは、極めて稀な『不思議』であり、『我がため』に起きた『我が行い』という必然であったのです。


                                    ・・・・今日は苦しい!!!





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-01-28 23:38 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
『椿の花に宇宙を見る』

b0029488_052433.jpg



          落ちざまに虻を伏せたる椿哉  漱石


この句をモチーフに、寺田寅彦は「思出草」という短いエッセイを書いています。

寺田寅彦は、椿の花が、たとえうつ向きに咲いていても、散っていくときには、仰向けに向きを変えて落ちていく事を観察します。散った椿は、仰向けになる確率が高いということを、観察と簡単な実験から確信するのです。

そのうえで、花蕊(かずい)に虻(あぶ)がとまることで、椿の花の重心が変わり、いくらか散り方に変化が起きるとすれば、椿の花は虻を伏せるように散る可能性が高くなるのではないかと、寺田寅彦は推察するのです。そして、次の一文でエッセイを閉じています。


こんなことは(右の)句の鑑賞には大した関係はないことであろうが、自分はこういう瑣末(さまつ)な物理学的な考察をすることによって、この句の表現する自然現象の現実性が高められ、その印象が濃厚になり、したがってその詩のの美しさが高まるような気がするのである。     
                             『椿の花に宇宙を見る』より

ボクとしては、シビレるのであります。



過日、どこかのテレビ局(フジテレビ系列以外だった)が、『あるある大事典Ⅱ』の納豆のデータねつ造事件のことを取り上げていました。コメンテーターの一人が、テレビ局の不始末を前提とした上で、
「テレビを信じて、納豆にとびつくヒトが、こんなにもいたということの方が問題。誰かが上手に旗を振れば、みんなついて行くということだから・・・。」
と、分析していました。(迷人さんも、当blogに同様のコメントをしてくださっています。)


感動や美しさは、それを感じた人のものですが、そう感じる感性だけでなく、思慮と経験と少しの批判精神を持っていたいと思うのです。



                      ・・・流行やテレビに流されている小・中・高生に捧ぐ。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-01-27 23:51 | 溺レル | Comments(0)
お寺自慢・ご院さん自慢
b0029488_18455361.jpg

ご法事の後のお斎の席。
仏法のご縁とはいえ、実際は大半を世間話で過ごすことが常です。

お寺のことも、よく話題にはのぼりますが、"○○寺さんは、□□だ・・・"みたいなゴシップが多く、あまり上品な会話とは言えません。ただ、それを聞く身としては、決して居心地が悪いわけではなく、むしろ、「いい話」よりは「悪い話」の方が、聞いていて落ち着くという節操のない有様です。

たぶん、ボクも彼方此方で話題になってるんだろうなあ。

さて、Yさんのご法事。一杯入って、娘婿のおふたりが、いい調子でおたがいの自慢話の競い合いをはじめられました。賑やかな会話に頷いていると、いつの間にかお手次のお寺の自慢話になっていきました。

A:ウチの若は、イイぞお!
B:オレんとこは、○○寺やけど、お参りの作法をちゃんと教えてくんさる。
A:若は、お経もウマイぞお・・・。
B:教えてもらったこと、ちゃんとメモしてあるんやで。見せたろか・・・。
A:・・・
B:・・・

Aさんのお寺のご院さんもBさんのお寺のご院さんも、ボクの法友です。そんなことを伝えながら、楽しく話に加わりました。やがて、Bさんが、ひとこと。

「わしらはみんな本願寺の門徒なんやで、どこのお寺にお参りをしてもいいんやとご院さんがおっしゃった。『Bさんところは、正蓮寺さんが一番近いんやで、正蓮寺さんにおまいりしてください。』とおっしゃった。そんでいいんやなも。」


うわさ話や悪口も楽しいけれど、誰が聞いても楽しくなるような話をしないといかんなあと、しみじみ気付かされたお斎の席でした。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-01-26 23:59 | Comments(0)
ノウゼイ  -無駄と暇-
b0029488_22155153.jpg

当地区では、27軒の月に一度の村の寄り合いを『ノウゼイ』と呼んでいます。
昔、納税組合をつくって、市税を納入していた頃のなごりです。

納税組合は、地域でまとまって市税を納付するという、いわゆる五人組制度?みたいなもので、その特典?として、いくらかの還付金があり、それが村の財源の一部にもなっていたようです。

今で言うプライバシーとか個人情報という観念があまりなかった頃なので、各戸の納税額がなかば公開されてしまうわけです。ボクたち子どもの中にも、その手の話題は、オトナの会話から得た情報というかウワサとして流れました。"○○さんとこはオダイジンらしい・・・"などと、妙に俗っぽい会話をしていたモノです。

村の連絡と区費・共同アンテナ代・簡易水道代などの徴収のために、今も『ノウゼイ』という名前で寄り合いは続いています。今月は、当番だったので、隣のTさんと一緒に、会計をつとめました。

『ノウゼイ』は7時からの予定でしたが、6時半にはもう集まっていらっしゃる方が多く、予定の7時5分前には、欠席の連絡があった方を除いて全員集合。"岩利時間"といって、集合時間から1時間くらい過ぎないとものごとが始まらなかった昔のことを思うと隔世の感があります。

ただ、たぶん昔のゆっくりした時間の使い方には、それなりにいいところがあったんだろうと思います。つまり、無駄話が多かったということ。

英語の「school(スクール):学校」の語源のラテン語の「schola(スコラ):学院、僧院」は、もともとは、古代ギリシャ語の「schole(スコーレ):暇」を訳したものだそうです。

一見無駄な時間を省き、合理的にスマートに過ごすことがうまくなったボクたち。
暇を失い、暇であることになんとなく後ろめたさを感じるようになっているボクたち。
決してよいことではないように思うのですが・・・。

住職という立場で考えるならば、『お寺の時間の流れ方』というものを、よく考えてみる必要があると思っています。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-01-25 23:59 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
Do It Yourself
b0029488_1475253.jpg

b0029488_1481125.jpg

年末年始に比べ、最近、時間に余裕があります。

おおかたの方は、weekdayに働いて、weekendはお休みという生活。「日曜大工」ということばは、そういうサイクルをふまえてのものかと思います。ボクたちの場合、世間が休みの日は、法務が平素より多くなるのが常なので、「日曜に大工仕事」というわけにはいきません。

ただ、「Do It Yourself」の精神は、いくらか持ち合わせているわけで、時間が空いたら、なんとなく、何かしたくなるというものです。

最近、モノにあふれる煩雑な生活から何とか脱却しようと、身の回りの整理整頓をはじめました。とりあえず、モノを減らすことと・モノをうまく収納することが、シンプルな生活になっていくんだろうと思って・・・。

("女性誌は収納の特集をすると売れる"と言いますが、なるほどと思います。)


b0029488_1542577.jpg【輪袈裟をかけ、財布(運転免許証)と携帯電話を法衣の懐に入れ、レガシーのキーを持つ。】
この一連の動作を、おまいりに出かける前にシンプルに行うために、棚をつくることにしました。

要するに、輪袈裟と財布と携帯電話とキーを置く決まりの場所をつくるということ。

1800mm×89mm×19mmの外材の板4枚を、切って釘を打っただけ。家の中の動線の要所の壁に作りつけました。材料費、676円+α也。値段からすれば、出来映えはまあまあ満足。

他にやらなければならない事があるんですが、息抜きです。

昨日から、法要の時の登礼盤作法のように、棚の前で、儀式のようにお参りの準備をしています。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-01-24 23:59 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
ちょっと変わった虹
b0029488_225441.jpg

16:21、大野町から南南西の空を望む。
環状のものの一部なのでしょうか、縦に短い虹を見ました。
"地震の前触れかも・・・"と、子どもがひと言。


雪のない暖かい冬。
巷では、"気持ち悪いね。地震でも起こらなければいいが・・・"というような声をよく耳にします。

いつもと違う冬に、そして不穏な世相に、誰もが漠然と不安な心持ちになっているような気がします。


ところで、わからないということが、不安の原因だとすれば、意図してさらに不安を煽るのは、心得のある人にはたやすいことなんでしょうね。

不思議なもの、科学で十分説明しきれないものであっても、大切にしたいものはたくさんありますが、必要以上の不安には、さいなまれたくないものです。



今日は、えらく遠回しな表現で失礼しました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-01-23 22:56 | Photo only | Comments(0)
受験生ブルース

長男は15歳、受験生である。

今日の帰宅時間、午後8時。
学校帰りに友達の家に上がり込んで、マンガを読みふけっていたらしい。

母親が叫ぶ。
「もう、助けたらん。もし友達が落ちたら、あんたのせいや。」

反抗することもできず、ひとりご飯を茶わんによそい、夕食を食べていた。

少しかわいそうだと思ったが、自業自得である。
ボクも見捨てて、外出した。

12時過ぎに帰宅して、長男の様子を見た。
もう寝ていた。

様子からして、勉強がはかどったようには見えない。
『やり直し用紙』の文字がむなしい。

ほんとうは、誰も『やり直す』ことなんかできないんだけど・・・。

b0029488_115074.jpg

b0029488_0552573.gif



ブルース【blues】

奴隷制下のアメリカ黒人の間に、宗教歌・労働歌などを母体に生まれた歌曲。のち、ダンス音楽やジャズなどにも取り入れられた。(大辞泉 )

四分の四拍子の哀愁を帯びた歌曲。アメリカ黒人に歌われた哀歌。のちジャズに取り入れられてジャズの音楽的基盤ともなった。(大辞林)





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-01-22 23:59 | そらごと、たはごと | Comments(4)