<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
遠い場所  -Lucy in the Sky with Diamonds-
b0029488_22211774.gif


人類の起源を探る上で貴重なアウストラロピテクス属の化石「ルーシー」の化石骨格標本が間もなく、米国へ6年間の旅に出る。これまで、国外に持ち出されたことはなく、エチオピア国内では出立を前に、壊れやすい貴重な標本が長旅で破損する恐れがあると、懸念の声が挙がっている。 
                                【アディスアベバ CNN】


書店で『ルーシー 謎の女性と人類の進化』(1986年・どうぶつ社)という本を見つけ、その帯の文章に惹かれた20年ほど前のことを思い出しました。(立ち読みしただけですが。)



『ルーシー 謎の女性と人類の進化』  【amazon.co.jpの解説より】

謎の女性ルーシー。はたして彼女は何者なのか。人類進化の系統図を書き変えた画期的な発見の物語と、その成果のすべて。

身長およそ1メートル、推定体重27キロ、年齢25~30歳、頭の小さい二足歩行者、ルーシー。謎の女性。ハダールの雨はふたたび彼女に光をもたらした。地下深く埋めこまれ石と化した彼女は何百万年もの歳月をへて地上に姿をあらわした。1974年ハダールの夜空にビートルズの歌がくりかえし流され、ルーシー発見の物語と彼女をめぐる人類進化の論議が開始された。はたして彼女は何者なのか?



1974年にエチオピアで発見された約350万年前の猿人の化石は、その骨格から、現代人と同じ直立二足歩行をしていた女性で、人類の祖先と考えられているそうです。

発掘がすすめられたキャンプ地で、いつもテープレコーダーから流れていたビートルズの「Lucy in the Sky with Diamonds」。「彼女」は『ルーシー』と名づけられました。

ボクたちのおばあちゃんのこの逸話に、ボクはなんとなく惹かれます。


『ルーシー』の標本番号は「AL288-1」。
「AL」は、「Afar Location :遠い場所」の略だそうです。

ちなみに、2004年2月13日に発見された白色矮星BPM37093も、その構成がダイヤモンド(炭素)と考えられるため、『ルーシー』と名づけられているそうです。


科学の限界を人間の不完全な情で補完して、『ルーシー』は、エチオピアよりもアメリカよりも『遠い場所』にいるんですよね。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-08-31 00:04 | 溺レル | Comments(0)
行方不明の自転車が帰ってきました
b0029488_1734261.jpg


夏休みになってすぐの7月下旬、子どもの自転車が行方不明になりました。

朝のラジオ体操の時間、6:30から6:40のほんの10分ほどの間に、山門前に置いてあった自転車が消えてしまったのです。

幹線道路から離れた田んぼと山と川しかない田舎の話です。"神隠し"とか"キツネにつままれたよう"という表現がピッタリの不思議な事件でした。"神さま"や"いたずらなキツネ"の所業なら、あきらめもつくのですが、"人間"が関わっているかもしれないと思うと、薄気味悪い感じでした。

昨日、匿名の電話がありました。

『1ヶ月ほど前から自宅裏に緑色の自転車が放置してありました。○○○○という名前と電話番号が書いてあったので、電話しました。自転車は、岐阜大学病院の西側の田んぼの中の駐車場にわかりやすいように置いておきます。』

たぶん電話を下さった方は、家の裏の自転車がずっと気になっていたんでしょう。ちょうどひと月様子を見て、放置されていると確信して、電話をかけてきてくださったのだと思います。

感謝。


自転車には、大きな字でこども名前と住所・電話番号が書いてあります。自転車を買った8年ほど前は、個人情報とかプライバシー保護とかにはあまり過敏でなかったのでしょう。なんか複雑な気持ちです。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-08-30 00:00 | そらごと、たはごと | Comments(0)
月を見る  
b0029488_0291392.jpg


夜のお参りの途中、S師とKさんから携帯に電話が入りました。
ふたりとも、「月食はじまっているよ。」と。

今日は天気が悪くて、月食を見ることはできないと思っていましたが、9時頃になって雲が切れてきたようです。

Mさんの家に着いて車から降りると、半分ほどに満ちてきた月がよく見えました。しばらく庭先で空を見ていると、"なかなか家の中に入ってこないご院さん"を迎えに幼稚園のAちゃんが出てきました。

Aちゃんとしばらく空を見ていると、いつの間にかお父さんが。そしてお母さんも。4人でしばらく月食を見てから、やっぱり4人でおじょうはんのおつとめをしました。


同じ時間、日本中の彼方此方で、ボクたちのように空を見上げ、同じ月を見ている人たちが、たくさんいたんだろうなあ。

日本中どこへ行っても、こどもたちがお寺の本堂で泊まっているという夏休みに思いを馳せました。


おじょうはんのおつとめを終え外に出ると、月はまん丸でした。
丸くなった月を見たいと言っていたAちゃんですが、おつとめの途中で寝てしまいました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-08-29 00:30 | おまいりにて | Comments(0)
バラが散った
b0029488_1075641.jpg


お世話になった花屋の叔父の通夜。


思い出。

念願のジェットモグラ収納のサンダーバード2号のプラモデルを買ってくれたおじさん。

セドリックのバンに乗って、名古屋まで仕入れに連れていってもらったとき、追い越し違反で捕まり、お巡りさんに『美濃には土の道しかないので、追い越し禁止の線など見たことがない。』と、まじめにウソの言い訳をしていたおじさん。

ボクの結婚式の披露宴で、『バラが咲いた』を歌ってくれたけど、2番になったとき、その歌詞に焦っていたおじさん。→『二人三脚




 『バラが咲いた』 浜口庫之助 作詞/作曲


  バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが
  さびしかった僕の庭に バラが咲いた
  たった一つ咲いたバラ 小さなバラで
  さびしかった僕の庭が明るくなった

   バラよバラよ 小さなバラ 
   そのままで そこに咲いてておくれ

  バラが咲いた バラが咲いた 真っ赤なバラが
  さびしかった僕の庭に バラが咲いた


  バラが散った バラが散った いつのまにか
  僕の庭はまえのように さびしくなった
  僕の庭のバラは散ってしまったけれど
  さびしかった僕の心に バラが咲いた

   バラよバラよ 心のバラ
   いつまでも ここで咲いてておくれ

  バラが咲いた バラが咲いた 僕の心に
  いつまでも散らない 真っ赤なバラが



さみしいけど、お通夜っていいなあといつも思います。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-08-28 00:33 | おまいりにて | Comments(0)
本願寺参拝と大谷本廟納骨
   06:30 正蓮寺発
   09:30 本願寺  開闢法要 昼食
   12:00 大谷本廟  第二無量寿堂納骨
   14:30 三十三間堂  拝観
   19:00 正蓮寺着

b0029488_9341487.jpg


b0029488_9345827.jpgb0029488_9351489.jpg
b0029488_9354740.jpgb0029488_936967.jpg
b0029488_9363067.jpgb0029488_936476.jpg


本願寺参拝と大谷本廟納骨。
夏の終わりの恒例。
今年は、日曜学校のこどもたちも参加しました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-08-27 09:39 | おまいりにて | Comments(0)
 酷暑
 2007年 岐阜
b0029488_0205429.gif



     相変わらず暑い!

     ココまで来ると、8/3の【雲】のマークが惜しいとさえ思う!

     ココまで来たら、あと6日、真っ赤に燃えて欲しいと少し思う!

     
     猛暑と酷暑ではどちらが暑いんでしょうか?

     参考 → 猛暑


     
     以上!





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-08-26 00:23 | そらごと、たはごと | Comments(0)
ふたりでおあさじ -岩利地区「お経を習いましょう」-
b0029488_1112765.jpg


当岩利地区の『お経を習いましょう』がはじまりました。

対象の小学生は全員で3名。
Kちゃんがお母さんの在所に遊びに行っているので、今日は2名で正信偈を唱えました。

ボクが子どもの頃は、ボク一人でした。
ここ40年では、一番多いときが6人、少ないときが1人。何とかとぎれることなく続いてきましたが、たぶん2年後には、0になります。

地元に子どもがいなくなっても、遠方からでも来てもらえたらいいわけで、ますますキッズサンガ・夏のお泊まり会や日曜学校の役割が大きくなってくると実感しています。



【岩利地区「お経を習いましょう」の対象者(小学生)の数の変遷】

   1965年・昭和40年頃  6名
   1970年・昭和45年頃  2名
   1975年・昭和50年頃  1名
   1980年・昭和55年頃  1名
   1985年・昭和60年頃  2名
   1990年・平成02年頃  1名
   1995年・平成07年頃  2名
   2000年・平成12年頃  5名
   2005年・平成17年頃  3名
   2010年・平成23年頃  0名



→ 安食地区「お経を習いましょう」

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-08-25 01:15 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
桜 -思い入れ-
夜中にK邸のフローリングのオイル塗りを手伝ってきました。
床材は、樺桜(カバザクラ)の無垢。時が経つと赤みを帯びてくるそうです。

b0029488_12161210.jpgb0029488_12162860.jpg

オーナーのK氏と手伝いのボクとでは、働く姿勢・気合いの違いが一目瞭然。
我がこととしてつとめることができるかどうかが、その分かれ目だと思います。
思い入れが、仕事の質を決めるのでしょう。

「思い入れ」が大切なんです。K氏にはかないません。


さて、誰かのためにとか、何かのために(例えば、正義とか)というスタンスには、はたしてどれほどの「思い入れ」があるんだろう。

自分のために、我が趣味で、と言いいきれたら、何でも楽しいだろうなと思います。
仏事も。



ところで、桜の話(曖昧な記憶ですが残しておきたいこと)

製材所に勤めていらっしゃったTさんの家の玄関の上がり端(あがりはな)は桜の板でした。その家が建った頃、Tさんの家を訪ねると、たいてい誰かが炒った糠?を入れた木綿の袋で、桜の木の板をさすっていました。艶だしのためです。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-08-24 12:15 | 溺レル | Comments(0)
最後のことば
岩波文庫『ブッダ最後の旅-大パリニッバーナ経-』中村元訳によれば、お釈迦さまの最後のことばは、次のようであったそうです。


   もろもろの事象は過ぎ去るものである。
   怠ることなく修行を完成しなさい。




今日、専長寺さんの前坊守さんの葬儀でした。葬儀のあと、前坊守さんの最後のことばのご紹介がありました。


   「生きることもたいへんだけど、死ぬこともたいへんです。」(の意)


"生きていく努力同様、死んでいく努力も大切なことだと、教えられました"と、ご住職は御礼の挨拶の中で述べられました。最後まで法務を勤めていらっしゃった方のことばなんだなあと、亡くなられた前坊守さんのことを思い出していました。




ボクは最後のことばとして、どんなことを言うんだろう?
だいたい、最後という意識を持てるかどうか!

我のかたまりになって、かっこ悪いことになって、力なく、ということになりそうな予感。
まあ、今の延長ですが・・・。




b0029488_22493434.jpg
       法中(ご院さん)の控え室。いわゆる舞台裏です。いつもこんな感じ。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-08-23 00:00 | 智慧と慈悲 | Comments(0)
 猛暑
 2007年 岐阜
b0029488_22573627.gif



     暑い!

     実際、暑い!

     最高気温も最低気温も暑い!



     以上!





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2007-08-22 00:00 | そらごと、たはごと | Comments(0)