<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
卒業式の思い出
X高校の卒業式の思い出。 

b0029488_1491949.gif
 

新任で赴任したX高校の初めての卒業式。ボクは、生徒指導部のお仕事で、おまわりさんと一緒に校門に立って、部外者の進入を防ぐ係でした。

部外者と言っても、やって来るのは、クルマで"お祝い"にやって来る卒業生。新任のボクは彼らと面識がないので、それなりの緊張がありました。

雪がちらつく中、なんとか式が終わるまで忠実に"お仕事"を遂行し体育館へ向かうと、式を終え退場してきた卒業生が、涙を流してお礼を言ってきました。抱きついてくる生徒もいました。艱難辛苦の高校生活を送った彼らは、感極まっているわけです。

ボクは、置き去りにされたようなさみしさを感じつつ、感慨もなく、ただ冷え切った身体で戸惑うばかりでした。


いったん役割が決まると、固定化するというのが世間の常で、その後数年、卒業式中、ボクは毎年校門に立つことになりました。

したがって、ボクは、先生も生徒もみんなが泣いて体育館から出てくるX高校の卒業式に一度も参列したことがありません。

ボクが校門に立っている間に、体育館の中では何が起こっていたんだろう。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
by e.wash-r | 2008-02-28 01:39 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
ミステリーツアー
Released to Public: Earth, Image by Reto Stockli (NASA) 
by pingnews.com
b0029488_1191399.jpg


一般に『ミステリーツアー』と呼ばれる、旅行会社が企画する行き先不明の旅行があります。
行き先不明と言っても、全く予想がつかないというわけではありません。

例えば、1万円の価格で「ポタラ宮で昼寝」とか「アマゾン川ピラニアの手掴み」などという旅がきるとは思えませんし、1000万円の価格で「早春の東京ディズニーランド・フリータイム35分」とか「本場讃岐うどん食べ放題・日帰りの旅」では 、詐欺といわれても仕方ないでしょう。

商品である以上、価格相応の限定ミステリーなわけです。ミステリーと言いつつも、参加者はたぶん、大きなハズレはなしに楽しませてもらえると思っています。ほんとうの苦痛や恐怖、不安はないと思っていると思うのです。

ジェットコースターのコワさが、安全を確保した上でのものであることに似ているような気がします。


人生を旅にたとえることがあります。

なかなか思い通りにならない旅です。
楽しいこともいっぱいありますが、苦悩も多い旅です。
おおよそ価格相応(努力が報われる)とは言えない旅です。

この旅は、途中でキッパリ終わらせることもできますが、オプションで、果てしなく続けてきた旅の折り返し点を"お浄土"にすることができます。


オプションをつけて、正真正銘のミステリーツアーの醍醐味を味わうかどうかはボク次第!


ふと、そんなことを思いました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2008-02-27 23:23 | 智慧と慈悲 | Comments(3)
判断ミス -総代会延期-
b0029488_8182891.jpg


午前10時頃から、激しい雪。
あっと言う間に道路も白くなって、寺に戻る道をラフに走っていたら、何度もアンチロックブレーキが作動しました。

夕方から、会計さんと寺会計事務、夜は寺総代会の予定でしたが、お昼過ぎ、早々に延期を決定しました。

ところが、午後2時頃から急に気温が上がってきて、雪は雨に。一面の雪景色は、暗い感じのまだら模様になりました。道の雪もきれいに消えました。完全に判断ミスです。

何の問題もなく寄り合いが出来たのに、と思うものの、いったん弛んでしまった気力を再び充実させることは、難しいものです。こういう時、ボクの場合、間の抜けた時間をボーッと過ごしてしまうことが多いので、ポッカリ空いた時間、各在所に彼岸会のご案内等を配って回ることにしました。


責任のある立場の方が、それも結果が大きく異なるような判断を迫られたときは、辛いんだろうなあと想像します。精神的にタフでないと、重責にはたえられないものなんなんだろうと。

鈍感になるという手もありますが・・・。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2008-02-26 23:19 | そらごと、たはごと | Comments(1)
"あまのじゃく"とか"へそまがり"とか -ういろう-
最近の「食べもの」の話題は、負のイメージのものが多いように思います。そんな状況の中、安全面や衛生面等が気になるのは仕方ないにしても、神経質になりすぎるのは、それはそれでまた不健康なような気がしていました。

b0029488_1874644.jpg


菓子箱の包装紙に『-お願い-』と書いた貼り紙がしてありました。

出来るだけ暖かい場所に保存してくださいます様・・」という意外な一文。

要するに、"安全に食べてください"という「お願い」ではなく、"おいしく食べてください"という「お願い」なのです。

殺伐とした「注意」や「お願い」が多い中、なんかホッとする内容でした。

b0029488_188628.jpg


『赤福』よりもずっと古い万治2年(1659年)創業の名古屋の「外郎」の老舗。

今も手作りだそうです。
おいしいかどうかは、食べてみることでわかります。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2008-02-25 18:13 | 溺レル | Comments(0)
2月日曜学校・キッズサンガ  -出席スタンプ作り-
b0029488_23394262.jpg雪のち晴れ

ほころぶ梅
b0029488_23395761.jpgヘルメット

ウインドブレーカー

長靴

雪だるま
b0029488_23403128.jpg寒い本堂

ほとけさまのお話し

おそろいの服
b0029488_23404589.jpg庫裡にて 


b0029488_23411944.jpg彫り彫り消しゴム
b0029488_23413418.jpg出席スタンプ


b0029488_23415090.jpgハイ!出来上がり


関連  1月日曜学校・キッズサンガ -出席カード作り-





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2008-02-24 23:39 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
本を見る

b0029488_142160.jpg

インターネットを利用するようになって、書店に行くことが少なくなりました。

ネットの有用性に揺るぎはないと思いますが、新聞を読んだり、辞書で調べたり、本を読むことが減ったのは、いいことではないと思っています。

縁あって、『National Geographic』の日本版を定期購読することになりました。

月に1冊、雑誌を受け身で熟読するくらいなら、なんとかできるだろうと思っていますが、どうなることやら。

b0029488_143995.jpg写真が中心というところがミソです。



長男が小学生のときの夏休みの目標は、「たくさん本を見る」でした。
確信犯的に、「読む」と言わずに「見る」としたところが、ウマイと思いました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2008-02-23 23:40 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
蛇蝎(じゃかつ) -ヘビとサソリのお酒-
b0029488_15381780.jpg
             『Chinese Snake Wine』by Rob Sheridan



   蛇蝎奸詐のこころにて 自力修善はかなふまじ

   如来の回向をたのまでは 無慚無愧にてはてぞせん    悲嘆述懐讃



蛇蝎(じゃかつ) :  ヘビやサソリ。人が恐れ嫌うもののたとえ。
奸詐(かんさ)  :  わるだくみ。いつわり。



*写真の題名に『Chinese Snake Wine』とありますが、ベトナムのお酒らしいです。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2008-02-22 23:37 | 智慧と慈悲 | Comments(4)
お休み
b0029488_7465970.gif



お休みです。

休暇を取っているということではなく、ちょっと余裕がないので・・・。



いつもは毎日休暇みたいということなのかなあ。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
by e.wash-r | 2008-02-21 23:37 | そらごと、たはごと | Comments(0)
追突
b0029488_7403673.jpg

b0029488_7405438.jpg


1週間ほど前、坊守がTOYOTAくんを電柱にぶつけた。
昨日、ボクが運転中のHONDAくんにSUZUKIくんが追突した。

自動車屋さんに電話したら、HONDAくんで残念だったねと言われた。
ボクもそう思った。


もしTOYOTAくんにSUZUKIくんが追突していたとしたら、どうなったんだろう?








                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
by e.wash-r | 2008-02-20 07:34 | そらごと、たはごと | Comments(1)
『8848メートルのラッシュアワー』
b0029488_272292.jpg


H地区のご法事。

黒野と呼ばれるほど肥沃な黒土のH地区は、果樹園と畑地の中に農家が点在しています。村の中の細い道は、果樹や垣根の壁で仕切られ、見通しの悪い迷路のようです。

午後2時、ご法事を終えた帰路、見通しの悪いその細い道の十字路。正面からはトラクター、左方からはおばさんの乗った乗用車、右方からは軽トラが、見事なタイミングでやって来ました。

車一台がやっと通れる道は、大渋滞となったわけです。

おたがい見えるのは、自分の正面の車の運転手のみという状況のなか、トラクターのおじさんが車を降りて、交通整理をはじめました。おかげで、たった4台の大渋滞は、それでも5分ほどを要してなんとか解消しました。

『8848メートルのラッシュアワー』という山際淳司さんのルポがあります。

1983年、ネパール側からエベレストの頂上めざしていた日本の山学同志会とイエティ同人の2隊、チベット側から頂上をめざしていたアメリカ隊の計10人の山男が、エベレスト山頂直下の山稜に揃った偶然。その偶然の前後を描いたのが『8848メートルのラッシュアワー』です。

偶然の先には、決まった結末があるわけではありません。
しかし、偶然は必然だったと言えるような気もします。

一瞬一瞬ボクたちは、立つべくしてその岐路にいるのでしょう。

自らを俯瞰するのではなく、岐路に立ち、阿弥陀さまの本願に遇えたことを慶ばれたのが、親鸞さまなのだと思います。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2008-02-19 23:05 | 智慧と慈悲 | Comments(4)