<   2009年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧
キッズサンガ推進委員会役員会
b0029488_1823267.jpg


別院教務所2階会議室にて、キッズサンガ推進委員会の役員会。

S師がまとめられた教区寺院の夏のキッズサンガ実施状況の資料を見ながら、遅くまで熱い会議が続きました。

なお、ボクは、夜のご法事をお受けしてあったので、途中でご無礼しました。


浄土真宗本願寺派 キッズサンガオフィシャルHP
キッズサンガ-岐阜:第3回キッズサンガ推進委員会役員会
正尊寺住職雑記:もう一月も終わる
  



◆"失礼します"の意で、"ご無礼します"というのは、当地岐阜(美濃)流だそうですが、根っからの岐阜人間には、よくわかりません。確かに、会議の途中で抜け出すときに、"無礼者!"とか言われたとしたら、刀を持っている時代のような気がしますが・・・。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-01-31 18:24 | おまいりにて | Comments(2)
昭和42年 西別院・親鸞聖人七百回大遠忌法要の記念マッチ
b0029488_057478.jpg


前々坊守の月命日なので、D寺さんがおじょうはんのおまいりに来てくださいました。

たまたま、前坊守と坊守が、それぞれ所用で長野や京都に出かけているので、おじょうはんの準備・接待はボクがすることに。

石油ストーブを点けるチャッカマンの調子が悪いので、マッチを捜して普段あまり見ないところをゴソゴソしていたら、なんと40年以上前のものが出てきました。


昭和42年に勤修された岐阜別院の親鸞聖人七百回大遠忌法要の記念のマッチです。



【マッチの表裏2面の写真】
b0029488_0564180.jpg


【マッチの表裏・側面の文字のテキスト】
...................................................................

親鸞聖人七百回大遠忌法要
昭和42年4月27日~30日
御門主御親修
御裏方御臨席
西別院
....................................................................

拝む手を心に家庭に 世の中に
....................................................................

親鸞聖人七百回大遠忌 協賛
トヨペット クラウン スーパーデラックス
岐阜トヨタ自動車
岐阜市金町9丁目28番地 TEL(大代表)65-3211
....................................................................





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    

More  『西蔵坊だより』へようこそ
by e.wash-r | 2009-01-30 01:04 | Photo only | Comments(2)
紙は天下の回りもの
b0029488_11455179.jpg


「紙をもらってもらえませんか。」と、M師から電話。遠慮無く拝受。
某社が大量に使用したフィルムの保護用の"紙"を、お裾分けしてもらいました。

段ボール箱7個分ほど、何か楽しいことに使えそうです。

乗用車いっぱいに積んで届けてくださったM師と、久しぶりに時間を忘れて歓談。

  報恩講のこと。
  御伝鈔のこと。
  お華束のこと。
  神道のこと。
  土徳のこと。
  映画のこと。
  本のこと。

様々な視点からご教示をいただき、静かに熱くなっています。感謝。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-01-29 02:31 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
『教行信証講義 真仏土』 三木照国著 永田文昌堂
b0029488_1033517.jpg


奈良、三木照国先生の勉強会。

ここ数回、講義に出ることができなかったので、法友のみなさんに遅れて、過日完成した三木先生著述の『教行信証 真仏土』をいただきました。信巻の講義が終わったら、テキストになる本です。


三木先生の『教行信証講義』は、各巻とも、宗祖のご文を、

  【本文】
  【延書】
  【大意】
  【語釈】     本文中の大切なことばの意味
  【現代語訳】
  【師説】     大江淳誠師、金子大栄師の説
  【私解】     三木先生の御領解

という構成で、著述講義されたものです。



77歳にして、なお厳しく勉学・執筆を続けられる先生の熱意に敬服しつつ、とりあえず奈良に通っているということで、勉強した気になろうという魂胆の自身が恥ずかしくなります。

勉強会にて、先生が"あんたらのおかげや"とおっしゃるのは、結果的には、ボクたちのていたらくを見越しての叱咤激励と受けとめています。


受けとめたら・・・。  それが問題!



林雙寺GO!GO!:奈良へ 三木先生勉強会
やっぱり阿弥陀さん:二双四重 





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-01-28 10:34 | Comments(0)
苦難の末、鷺森別院へ -和歌浦、片男波海岸、雑賀崎-
三木先生の勉強会の前に、和歌山・鷺森別院におまいりしました。

鷺森は蓮如上人が紀州の布教の拠点とされた場所です。また、石山本願寺消失の後の一時期、本願寺は寺基を鷺森に移し、本山としています。

b0029488_2593479.jpg再建された鷺森別院
b0029488_30567.jpgお内陣
b0029488_304771.jpg襖に描かれた鷺



和歌山市内に近づいたところで地図を見ると、紀ノ川河口に『和歌浦』の地名。
『報恩講のうた』に歌われる『和歌浦』かなあなどと漠然と考え、とりあえず海を目指しました。

途中、『片男波海岸』の案内板。
下調べなしで訪ねた和歌山は、どうも、『報恩講のうた』の舞台のようでした。

『報恩講のうた』において、万葉の頃からの景勝地である"和歌の浦曲の片男波"は、寄せては返す悠久の波の形容詞か枕詞のように詠われたのではないか、と想像します。真相は、ボチボチ訪ねていきたいと思っていますので・・・。


       報恩講のうた

       和歌の浦曲の 片男波の 寄せかけ寄せかけ 帰る如く
       我世に繁く 通い来たり み仏の慈悲 伝えなまし 


さらに、『雑賀崎』の地名を発見。戦国時代以降、本願寺と深い関係にあった雑賀衆のことを思い、灯台のある岬を一週してきました。雑賀は紀ノ川河口・和歌山市近辺の旧名であり、強固な鉄砲隊と水軍を擁した雑賀衆の地でもあります。

b0029488_314591.jpg雑賀崎灯台
b0029488_341240.jpg和歌浦



予想以上の収穫を得た和歌山行でしたが、大阪から和歌山に入るときに、自業自得とは言え予想外の科料を徴収されてしまいました。


   反則金相当額:31kmオーバー、25000円  
   納付先:大阪府警察本部  
   納付期限:平成21年2月2日

   クラウンのナンバー:応談

b0029488_35189.jpgノーコメント






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
by e.wash-r | 2009-01-27 03:10 | おまいりにて | Comments(0)
1月日曜学校・キッズサンガ -火遊び・水遊び-
先週から急遽延期になった日曜学校は、いつものように、おまいり、お話し、おやつ、お遊び。

遊びだしたら止まりません。こどもたちは、ご法事から帰ってきても、まだ遊んでいました。


b0029488_2314558.jpgお話し


おまいりのあと
b0029488_23141313.jpgハチのひとしずく


身を乗り出して
b0029488_23142253.jpgおやつ


餃子の皮ピザ
b0029488_23143091.jpg外遊び


長い影
b0029488_23143859.jpg火遊び


正月松を燃やす
b0029488_23144796.jpg水遊び


境内の鉢の氷
b0029488_2315251.jpgまだまだ冬


でも春遠からじ






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-01-26 00:10 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
大唐西域記と浄土文類聚鈔
b0029488_17198.jpg


ウィキペディアに『世界三大一覧』という項目記事があります。

 "いつかどこかで誰かが決めた"という以上の説明はできそうもないある種の評価ランキングなので、信憑性や根拠について云々することはナンセンス。選択に滲み出る人間の我のあやうさを感じながら、その蘊蓄を辿るいうのが相応の楽しみ方かも知れません。


その『世界三大一覧』によれば、「世界三大旅行記」は以下の通りだそうです。

  「東方見聞録」        マルコ・ポーロ
  「大唐西域記」        玄奘三蔵
  「入唐求法巡礼行記」    慈覚大師円仁


「大唐西域記」は、後に伝奇「西遊記」のモデルとなる玄奘三蔵法師がまとめた、インドへの求法の旅の記録、地誌です。



その「大唐西域記」のなかの一節、【樹心佛地 流情法海】。

      心を仏地に樹(た)て、情を法海に流す

親鸞聖人は「浄土文類聚鈔」のなかで【樹心弘誓佛地 流情難思法海】と述べておられますが、それはおそらく「大唐西域記」の文言を受けてのことと言われています。

      心を弘誓の仏地に樹て、情を難思の法海に流す

法事の度にM家の床に懸けられる臨済宗D寺ご住職の書(写真)は、親鸞聖人のおことばである【樹心弘誓佛地 流情難思法海】に、(~に)の意の「於」「于」の語を添え、七言に整えられたものです。


いずれも、"佛の慈悲と智慧の法を依りどころとする"の意です。



「浄土文類聚鈔」より

いま庶はくは道俗等、大悲の願船には清浄の信心を順風とし、無明の闇夜には、功徳の宝珠を大炬とす。心昏く識寡なきもの、敬ひてこの道を勉めよ。
悪重く障多きもの、深くこの信を崇めよ。ああ、弘誓の強縁、多生にも値ひがたく、真実の浄信、億劫にも獲がたし。たまたま信心を獲ば、遠く宿縁を慶べ、もしまたこのたび疑網に覆蔽せられば、かへつてかならず曠劫多生を経歴せん。摂取不捨の真理、超捷易往の教勅、聞思して遅慮することなかれ。
慶ばしきかな、愚禿、仰いで惟んみれば、心を弘誓の仏地に樹て、情を難思の法海に流す。聞くところを嘆じ、獲るところを慶びて、真言を採集し、師釈を鈔出して、もつぱら無上尊を念じて、ことに広大の恩を報ず。




参考:大谷大学 きょうのことば 2008年11月




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-01-25 17:00 | 智慧と慈悲 | Comments(0)
最近最も衝撃的だった出来事


今週は、ぼつぼつと空き時間ができました。法衣を着ないで息抜きに出かけること度々。

昨夜は法友と久しぶりに会食。一献かたむけたあとも(ボクはドライバーなのでのんでいませんが)、日頃のあれやこれやを深夜のファミレスで語り尽くしました。






そのファミレスのトイレでのこと








最近 最も衝撃的だった出来事








ボクが見たもの








それは・・・









鋭角に折られたトイレットペーパー  ・・・不気味です

b0029488_2244212.jpg




写真は、自宅で再現してみたものです。

結構手間がかかります。たぶん、特別な意思がなければ鋭角にはなりません。



好みの問題かもしれませんが、もし次の方のことを思ってトイレットペーパーの先を折られるのであれば、90度前後をオススメします。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-01-24 00:29 | そらごと、たはごと | Comments(0)
風邪の民間療法
b0029488_218016.jpg
                                    Cocoa by techmeister  

2日前のことです。

夕方から激しい頭痛。その痛みの波が引くときに、気が遠くなるような感覚を覚え、とにかく寒くて、おまいりが終わったら、次のおまいりをお断りして寺に戻ろうと思ったほどです。

たぶん、夢遊病者のようにおまいりをして、9時になんとか帰寺。すぐに眠りました。

眠っているのですが朦朧としていることを自覚している自分に、こどもの頃、熱を出したときにこんな感覚のことがあったなあと、ふと、懐かしさを感じていました。

0時過ぎに、ビッショリ汗をかいて、ずいぶん楽になって目が覚めました。このまま風邪をひいてしまってはいけないという強迫観念から、起きて食事。家人はみな寝ていたので、台所をゴソゴソして、餃子1人前とリンゴ1個とトースト1枚を食べ、ココアを飲みました。

すり下ろしたリンゴ、卵酒、大根の汁、焼ニンニク、生ネギ。こどもの頃は、熱を出すと、いつもそういったものが出てきたなあなどと思い出します。

受験の前、Uという喫茶店で、"栄養つけなくっちゃ。"とだしてもらったココアのことも思い出しました。当時、Sくんは、そんなココアができるまでの小説?を書いていたなあ。

どうも、熱がでると、お念仏はでなかったですが、昔のことは甦るみたいです。

一時はどうなることかと思いましたが、元気です。やれやれ。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-01-23 02:16 | そらごと、たはごと | Comments(0)
『ミスト』 -恐怖・不安の原点-
b0029488_23172647.jpg
b0029488_2318939.jpg
b0029488_23183187.jpg
b0029488_23184847.jpg
b0029488_2319337.jpg


映画『ミスト』をDVDで観ました。スティーブン・キング原作の『霧』を映画化したものです。ラストに賛否両論があるらしいですが、"人間"を描くという点では、おもしろい映画でした。

恐怖の原点とは何なんだろうと、この映画を観ながら考えていました。

ボクがこの映画を観て思った恐怖は、以下の2つのパターンでした。

ひとつは、例えば霧に象徴される「見えない」ということ、そして、その霧が晴れるのが「いつかわからない」ということからくる不安です。情報がないということは、そのまま不安であり恐怖なのです。映画では、霧の中に"恐ろしい何か"が存在しましたが、それは決して恐怖の必要条件ではないように思います。

もうひとつは、例えば私に危害を加えてくるものや、対立する人間の集団などが、対応能力の限界を超える圧倒的な『量』『質』となったときの恐怖です。いわば途方に暮れる不安であり、絶望的な恐怖です。

1匹の毒蜘蛛は、見えなければ、そこにいるかも知れないという不安をもたらします。ただ、1匹であれば、姿が見えた瞬間、それはその不安の解決の糸口になり得ます。しかし、その毒蜘蛛が、例えば回りを覆い尽くすほどの数であった場合、それは、逃げ場のない不安と恐怖となるのです。

そんなことを思い、ボクとしては、"霧の中の恐ろしい何か"の姿を、最後まで見せないことで不安と恐怖とを煽って欲しかったなあというのが映画に対する感想です。そうすることで、"霧の中"の恐怖そのものと、その不安から露呈するさらなる"人間"の恐ろしさを、際だたせることができたのではないだろうかと。




モンスター映画ではなく、パニック映画に徹して欲しかったなあというのがボクの感想です。

原作や如何。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-01-22 00:34 | 溺レル | Comments(0)