<   2009年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧
本願寺団体参拝 - 本願寺御影堂平成大修復完成-
b0029488_22532826.jpg
御影堂
b0029488_22534526.jpg
阿弥陀堂
b0029488_22541077.jpg
飛雲閣
b0029488_22543818.jpg
唐門

平成大修復が完了した本願寺御影堂に団体参拝。

58名のご門徒さんといっしょに、ゆっくり本願寺にお参りしました。きれいになった御影堂にとにかく早くおまいりしようという企画です。

休日の高速道路料金1000円の影響で、混雑することを予想し、あらゆるシュミレーションをして出かけましたが、途中全く混雑はありませんでした。予定通り、または予定以上に順調に参拝をすることができました。

"大渋滞にあって苦労はあったが有り難い参拝だった"と言う予定でいたので、スムーズすぎて肩すかしだったという感じです。



【data】 日程

      06:30 岐阜出発
      09:30 本願寺着 
      10:00 書院・飛雲閣拝観
      11:30 開闢総永代経法要 阿弥陀堂
      12:00 御影堂参拝
      12:30 昼食 聞法会館
      13:30 門前町散策
      14:30 本願寺発
      18:00 岐阜着

      バス2台、正蓮寺出発で西回りコースと東回りコース。
      不順な天気のせいか、体調を崩されて急遽欠席の方が6人。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-04-29 21:09 | おまいりにて | Comments(6)
前々坊守13回忌法要
b0029488_936519.jpg書院

呈茶
b0029488_9362423.jpg本堂

おつとめ
法話
b0029488_9364123.jpg庫裡

お斎


前々坊守、祖母の13回忌をおつとめしました。

祖母が嫁いできた大正の中頃、寺ははかなり荒れた状態でした。布教使であった当時の11世住職は寺に帰ることがすくなく、坊守が若くして往生したこともあり、寺はほとんど無住状態だったそうです。心配されたご門徒さん方によって横浜から呼びもどされた次男が祖母を迎え12世住職を継ぐことで、寺の再興がはじまったと聞いています。

ご門徒さん方が守ってきた当正蓮寺の伝統を、祖母は、在所である超宗寺の習いで切り盛りし、きまじめな12世住職が実直につとめることで、現在の寺風ができあがってきました。坊守としての祖母の役割は大きなものであっとことと想像します。

ボクは小さな頃からその祖母と一緒に寝起きして、結構厳しく、反面また甘やかされて過ごしました。祖母に教えられようにできないことばかりですが、その経験は今もいくらかは生きていると思います。

今思い出すことは、祖母が布団の中で、よくお念仏やお経を称えていたことです。お経は十八願文だったように思います。意識してとなえていたのではなく、寝言でした。あらためて"恐れ入りました"という感じがします。


母の叔父が描いた恵心尼さまの肖像画を掛けた書院で、おまいりの方にお茶のお接待。
大性寺さま調声のおつとめとご法話。
お膳をだして昔ながらのお斎。

祖母を偲んで、なんとなくこだわってご法事を存分に楽しみました。

平日、お勤めを休んでまでおまいりに来てくださった村の内の方々、親戚の方々に感謝です。
by e.wash-r | 2009-04-28 23:37 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
いろいろ
b0029488_18504516.jpg
b0029488_1851295.jpg
b0029488_18511637.jpg


半年に1回の本堂屋根の保守点検。
おかげさまで、最近は雨漏りの心配をしなくてよくなりました。

夕方から前々坊守の法事の準備。
近所の禅宗の檀家さん方がおまいりにみえるので、いつもの法座とはちょっと違った緊張感でお荘厳をし、境内を整えています。







                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-04-27 18:55 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
ごくろうさまでした。
b0029488_23503431.jpg
b0029488_23505610.jpg


ご法事で三部経をおつとめするときに打つ節拆(せったく)が傷んできたので新しいものに替えました。

5~6年打ち続けてきたものです。端の方がささくれ立ってきていて、ときどき指に刺さったりすることがあり、また、音もなんとなく張りがなくなって曇ってきたような感じなので、昨日でお役目を終えてもらうことにしました。『ごくろうさまでした。』

まだ使うことができたのか、もっと早く替えるべきだったのか。

正当な判断というものはないと思いますが、その判断は何を基準にするかによってずいぶん趣の変わったものになります。

節拆の役割・目的を考えると、つまり仏徳賛嘆のお手伝いとして、お荘厳の良い音が気持ちよく出なくなったら、出しにくくなったら、潔く替えるのがスジでしょう。

愛着も含めてモノとしての節拆そのものの存在を大切にしたいのなら、壊れて音が出なくなるまで使い切るというのが美しいのかも知れません。

ボクは、どちらかというと前者の立場をとります。役割を果たせなくなったら『ごくろうさま。』と気持ちよく言い切る度量みたいなものを持ちたいと思っています。

それは、単に古くなったらダメとか、衰えたからダメということではありません。そのものの価値ではなく、果たしていきたい目的に向かっているかどうかが大切だと思うのです。

ヒューマニズムは一見カッコイイですが、いつか限界が来ると思うのです。とは言え、情に溺れることは心地いいからなあ・・・。

訳がわからなくなってきました。要するに、節拆を新しくして、それはそれでヨシなんですが、なんとなくさみしいということ。翻って、ボク自身が、目的を見失ってきたら、少々さみしくても、役割は譲っていかないといけないということ。引き際を間違えないということかな。難題です。


節拆(せったく) 2007/5/2




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-04-26 23:50 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
本願寺展 名古屋市博物館
b0029488_094245.jpg
b0029488_010063.jpg


宗祖親鸞聖人の750回大遠忌の記念事業の一環として全国で順次『本願寺展』が開かれています。4月18日から5月31日までは、名古屋市博物館での開催です。

24日に見てきました。

親鸞聖人自筆の国宝「観無量寿経註」に感激しました。
御影堂の九字名号の迫力に圧倒されました。
歴代の「譲状」を興味深く見ました。


教え、信仰、教団としての歴史、美術、文化、風俗等々、本願寺の聖俗を堪能することができます。おすすめします。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-04-25 23:14 | 溺レル | Comments(0)
脳ドック -物忘れ-
b0029488_1123752.jpg


先日脳梗塞で倒れられたS師の通院に便乗して、脳神経外科へ。
勢いで脳ドックに入る予約をしました。

最近、物忘れが激しいと感じていて、とても不安に思っています。

例えば

・記載を引き受けた過去帳があるが、どの門徒さんの過去帳なのか思い出せない。
・合掌したとき、お経を読み終わったあとなのか、御文章を拝読したあとなのかわからない。
・当blogの【1年前の今日】をクリックして読んで、「こんなこと書いたっけ?」と思う。

忘れてしまいたいことや、どうしようもない寂しさに包まれて、酒を飲んだからというのではありません。忘れない方がいいことを、お酒を飲んでもいないのに忘れてしまうのです。

脳ドックに入ったら、老化か病気かはわかると思います。

つくづく「老」「病」の現実はまさしく苦であり、それはそのまま不安であると・・・。
ボク自身の中に、安心はないということなんですね。



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-04-24 23:39 | そらごと、たはごと | Comments(0)
M寺門徒会館 -ブッダガヤの菩提樹-
b0029488_21235221.jpg
b0029488_2024341.jpg阿弥陀さま
b0029488_2025151.jpg広い玄関
b0029488_2032651.jpg会議室


b0029488_2041061.jpg座敷
b0029488_2042847.jpg菩提樹の土壁

落成式が終わったばかりのM寺さんの門徒会館を見学。

120坪の空間は、仏事等あらゆる使い方を想定して、ほとけさまのお荘厳と伝道と門徒さんの使い勝手とが調和するように、様々な意匠と工夫が凝らされていました。

例えば、菩提樹の葉が塗り込まれている仏間や座敷の聚楽壁。

塗り込まれた何百枚かの菩提樹の葉のうち、2枚はインド・ブッダガヤの釈尊成道の地の菩提樹の葉なのだそうです。ご住職が懇意いにいている旅行社のH氏がインドにて手に入れてきたものだとか・・・。都市伝説?の誕生です。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-04-23 21:10 | おまいりにて | Comments(0)
テレホン法話録音会 -「ごはんができたよ」-
新築のM寺さんの会館。
筑間宗融先生の「愛楽仏法味」のお軸の掛かった座敷で、テレホン法話の録音。
b0029488_135521.jpg


テレホン法話より  「ごはんができたよ。」

 修学旅行で京都を訪れた高校生の話です。
 先生方は、「自由見学やけど時間までに帰ってこなかったら晩メシ抜きやぞ。」と、こどもたちをホテルから送り出したのだそうです。約束の時間に、余裕を持って帰ってくるこどもたち、遅れてはいけないとタクシーに乗ってきたこどもたち、ほとんどは時間厳守だったそうです。ところが数人が、時間をずいぶん過ぎても帰って来ませんでした。遅刻したら叱られるばかりでなく、夕飯も食べられないと考えたこどもたちは、遅刻ついでにゆっくり夕飯を食べていたらしいのです。なんともちゃっかりした高校生です。
 ところで、もし彼らが単に遅刻して帰ってきた場合、彼らはホテルの夕食を食べることができたのでしょうか。それは、先生の腹づもりひとつのことではありますが、ただひとつ確実に言えることがあります。遅刻しようがしまいが、ホテルの夕食は彼らの分もちゃんと作ってあったということです。
 懐かしく思い出す自分がこどもの頃の情景があります。
 日が暮れても川や田んぼで遊び続けるボクたちを、誰かのおばあちゃんかおかあさんが呼びに来るのです。もう帰らないと叱られるかなと思いながら、それでもまだまだ遊び足りなくて、家に帰らないボクたちを、『もう帰っておいで。』と迎えに来るのです。川で魚を捕まえていても、田んぼで三角ベースをしていても、なかよくしていようがケンカをしていようが、『ごはんやよ。』と誰かが呼びにくるのです。
 ボクたちがどこでどうしているかにかかわらず、家ではもうごはんができているわけです。
 「ごはんができたよ。」と呼ぶ声に、ボクたちは「すでにお浄土へ迎える準備は整えたよ。安心して日暮らしをしなさい。」と呼びかけてくださるほとけさまの慈悲のこころを重ねて聞いているような気がします。
 よい子しか呼んでもらえないのならつらいけど、「ごはんができたよ。」と呼ぶ声は、すでに十方に響き、もうごはんできちゃってるんですよね。
                                                 合掌





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-04-22 23:39 | Web法話 | Comments(0)
遊び谷

exbolgに地図機能が備わりました。  初使用。



何して遊ぼ?














                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-04-21 22:28 | 溺レル | Comments(0)
気になること


b0029488_1948238.gif




"便りのないのはよい便り"と言い切れないのが情報社会だと思う。

情報が遮断されているとか操作されているとか・・・。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    
by e.wash-r | 2009-04-20 19:49 | Tibet/西蔵 | Comments(0)