<   2010年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧
子守り
b0029488_7393196.jpg


夏休み最後の日、妹のこどもを預かることになり、家の中では一日たいへんだろうと言うことになり、おまいりのあと、無理やりX師を道連れに、ドライブ。

疲れました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-08-31 07:30 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
本願寺参拝と大谷本廟納骨
b0029488_791376.jpg
b0029488_792964.jpg
b0029488_794652.jpg
b0029488_7102168.jpg


49名のご門徒さんと本願寺参拝。大谷本廟に12体の納骨をしました。





天気晴朗なれど暑すぎ。お疲れさまでした。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-08-30 23:59 | おまいりにて | Comments(0)
美濃四十八座会所寺院会議
b0029488_314466.jpg


美濃四十八座会所寺院のご院さん方と本年度後半の打合せをしました。

各自がペットボトルの飲み物とおつまみを持参しての質素な会議。

自らがよろこぶお聴聞の場を、当地にどう広めていくかという極めて単純な話し合い。

いわゆる運営上の様々な困難はみなそれぞれに抱えているのですが、お聴聞の好きなご院さんの気持ちは、「そういうことは『なんくるないさ』」でほぼ一致とみました。


夏が過ぎれば、次は『おみのりの秋』です。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-08-29 03:15 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
ムチャクチャ暑いんですが夏は終ったような・・・
b0029488_6511439.jpg


サマースクールの反省会を終え、夕刻の町を西へ。

暑いんですが、西の空はなんとなく秋の風情です。


住宅街の中のゴチャゴチャした電線。

ボクの場合、ほとんど車の中からしか見ることのない風景なのに、いつも懐かしく思うのは、30年以上前に読んだ大友克洋の『good weather』や長谷川集平の『青いドッグフーズ』に描かれていた情景が今だ脳裏にあるからなのだと思います。


最近、本もマンガも読んでいないなあ。
映画も観ていないし、音楽も能動的には聴いていません。
新聞も閉じたまま・・・。




夏と夏休みが終わる時節の焦りみたいなものを感じています。宿題が残っているような。

トラウマなんですかねえ。






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-08-28 06:48 | 溺レル | Comments(0)
黒野組 大性寺キッズサンガお泊まり会
大性寺さんのお泊まり会を表敬訪問。

灯りのついた本堂は静まりかえっていました。お風呂へ行っている最中だったのかもしれません。

差入れのアイスクリームを持っていたので、いつになるかわからない帰りを待つこともできず帰ってきました。

実は、昨日の夜も日にちを間違えて訪問して、同じくアイスクリームを持って帰って来ているわけでして・・・。

写真だけUPします。

b0029488_2292527.jpg



追記

大性寺さん再訪。

朝7時。明るい庫裡で朝食中。

40年以上お泊まり会をつづけておられる前住職と前坊守さんがはつらつとしていらっしゃるのが印象的でした。

b0029488_1231785.jpg





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-08-27 00:44 | おまいりにて | Comments(0)
黒野組 影現寺キッズサンガお泊まり会
影現寺さんのキッズサンガお泊まり会を表敬訪問。

b0029488_123960.jpg向拝

サンダル

30足以上

b0029488_131810.jpg本堂

阿弥陀さまの前

仏典物語


蒸し暑い夜でした。
Y師、O師もおなじく表敬訪問中。彼らの場合、お手伝いも。


こどもの相手で、バテ気味の若院さんが、「ちょっと買い物に行ってきます。」と。

夕食を早く食べたこと、夜遅くまで遊んでいること等により、みんなお腹が空いて寝られないのだとか・・・。24時間営業のスーパーまで、パンを買い出しに行くそうです。


夜の10時を過ぎても、住宅街にこどもの声が響いていました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-08-26 01:14 | おまいりにて | Comments(0)
ごえんちゃん

b0029488_18519100.jpg


死を覚悟した友人Nを見舞う。


一日ひとりずつ、三人のこどもたちに、それぞれ思いを伝え終わった直後だったらしい。
付き添いの奥さんとNは、今さらながらデートでもしているかのように初々しかった。
濃密な時間のほんの少しを分けていただいているような気がした。


枕元に、「ごえんちゃん、はやくよくなってね」と書いた千羽鶴があった。
日曜学校のこどもたちがつくってくれたのだという。
20年前、Nは入寺したときから、村のこどもたちに"ごえんちゃん"と呼ばれている。


「住職継職法要のときと同じようなもんだから・・・」
2年前、住職継職法要を手伝ったボクに、Nは葬儀のこともたのむと言った。
最後はあらたまった口調だった。


一時"激しく病魔に冒される"肉体とともに精神も限界だったと言うN。
長い付き合いの中で、ボクははじめてNの弱音らしきことばを聞いたような気がする。
弱さを露呈した人間は強い。


辛いのにいい時を過ごした。
Nもそうだったと思う。


動くことができないNは、夏休みのこどもたちをどこへも連れて行ってやることができない。
Nは動かない身体で病院の中で花火の見える部屋を探しだし、提案する。
「花火を見よう。」
病院の唯一花火の見える場所は、花火の夜、縁日のように賑わったそうだ。
Nは、家族といっぱい集まってくださった看護婦さんや女医さんに囲まれて花火を見たらしい。

映画のワンシーンか竜宮城のようだ。

うれしそうに話すNに僧侶として言いたい。


葬儀はともかく、そういうときにも呼んでくれ!





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-08-25 18:09 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(2)
地蔵盆
b0029488_7385817.jpg
b0029488_7393171.jpg


夜、彼方此方の辻で。






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-08-24 06:36 | Photo only | Comments(0)
黒野組 仏心寺キッズサンガお泊まり会
仏心寺さんのお泊まり会(はじまる前でしたが)を表敬訪問。

b0029488_1122673.jpgバンド演奏準備


b0029488_1131914.jpgおとうさんと
b0029488_114140.jpg荷物を持って
b0029488_1143893.jpgはじまるまで

まったり


お泊まり会開始前、ちょうど子どもたちが集まってくる時間。

夕刻の境内・本堂は、それだけで十分由緒正しい夏休みの雰囲気。

庫裡からはカレーのにおいも。


つくづく、ひとりでも多くの子どもたちにであってほしい世界だと思います。



ところで、仏心寺さんでもであったY三兄弟。今年は何ヶ寺で泊まったんだろう。






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-08-23 01:42 | おまいりにて | Comments(0)
黒野組 正源寺・福満寺合同キッズサンガお泊まり会
正源寺さんと福満寺さんが合同で行われたお泊まり会を表敬訪問。

b0029488_0284121.jpg14:00

開会式

ご院さんのお話


近所の友だち



b0029488_0354581.jpg16:00

おやつ
まきまきパン

ご院さん、坊守さん
総代さん、
お父さんお母さん
ヤギや鶏や犬も



当地にはめずらしく、正源寺さんと福満寺さんは隣接しており、しかも村のほとんどが両寺のご門徒さんです。

ボクは個人的な見解として、キッズサンガはお寺が単独でした方がいいと思っています。キッズサンガは、お寺でするこども行事ということでいいと思うのですが、お寺とご門徒という関係の上では、例えば報恩講のように、それぞれのお寺の状況の中で、ひとつのユニットとしてのお寺が自らの存在をかけて行うものであるように思うのです。

今回、正源寺さんと福満寺さんの合同キッズサンガを訪ねて、合同もいいなあと思いました。縁に依るというか、状況からも、正源寺さんと福満寺さんの場合、むしろ共同開催の方が自然なのだと感じました。何もかもが、そんな感じでした。

お盆過ぎの残暑の中、夏休みのこどもの風景がありました。そこには、ご院さん、坊守さん、総代さん、婦人会さん、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんのすがたも。お寺のすがたも。やっぱり阿弥陀さんも。


暑さもお荘厳だったような・・・。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-08-22 00:15 | おまいりにて | Comments(0)