<   2010年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧
蓮如上人ゆかりの湯
b0029488_1941120.jpg



行基菩薩も蓮如上人も温泉がお好きでいらっしゃったみたいですね。

蓮如さまを追いかけて上州の山奥まで来ましたと言うのはウソですが、出会えて大義名分ができたと思ってしまったのはホントです。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-09-30 00:01 | moblog | Comments(0)
難問  
b0029488_2349688.jpg


暑さが一段落したころから、つづけて4人の方々が訪ねていらっしゃいました。

いわゆるアポイントメントがあり、いわゆる菓子箱を持っての来訪です。いわゆる難問を抱えての来訪です。

難問を抱え、選んでお寺に来てくださったということ、とてもうれしく思っています。でも、お話しを聞くだけで、抱えていらっしゃる難問に具体的にお応えすることはできませんでした。

たぶん、難問は解けません。もし解けたとしてもそれは答えかどうかわかりません。難問そのものが不条理かも知れません。それに、難問は次から次へと出てきます。

お坊さんの中には、"現実の人々の苦悩に応える"のが僧侶のつとめでありお寺の役割だという方々もおみえになりますが、ボクには"そういうこと"はとてもできないと思っています。

悩みを語るなとか、お寺に来るなというのではありません。むしろ苦悩のままにお寺に来て欲しいのです。お寺というのはそういうところだと思います。



・・・あみださまのおしごと。

注 難問を解くことではないですよね。難問に苦悩する私をめあてとしてくださるんですよね。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-09-29 00:01 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
美濃四十八座 妙圓寺真宗講座 花岡静人師
b0029488_817724.jpgはじまりました

ご院さんのあいさつ
b0029488_8174314.jpgご講師

奈良
花岡静人師

法友もお聴聞
b0029488_818195.jpgお聴聞のあと

家路

b0029488_819390.jpg夜座

雨の参道

総代さんが受付


b0029488_8194097.jpg満堂

お同行

遠近各地から


妙圓寺さんではじめての真宗講座が行われました。

ちょっと緊張気味のご院さんの高らかなお正信偈の調声でお座がはじまりました。
総代さん方や婦人会さんのみなさんが受付、お接待。お世話になりました。

暑いのか寒いのかよく分からない雨降りのなか、大勢のおまいり。
花岡静人師のユーモアをちりばめた流暢なお話。
高い天井の本堂の張りつめた空気。

   如来の作願をたづぬれば
   苦悩の有情をすてずして
   回向を首としたまひて
   大悲心をば成就せり

「親鸞聖人が真宗を顕された『顕浄土真実教行証文類』は、私たちの方を向いて書かれていますが、和讃はあみださまの方を向いて詠われているのです。」と、ご和讃の通りに終始あみださまご賛嘆のお話。有り難くお聴聞しました。


美濃四十八座として、お座の連携がはじまって半年。ほんとうにいい雰囲気です。


                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-09-28 09:46 | おまいりにて | Comments(0)
石垣

b0029488_8412951.jpg


鐘楼の石垣。


適材適所、持ちつ持たれつ、あるいは雁字搦め。



石垣島へ行きたいなあ。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-09-27 09:06 | Photo only | Comments(0)
不思議なご縁に導かれ -『御堂さん』より-
「浄土真宗」「こども」「カヌー」をキーワードに、インターネットを通じて出遇ったKご夫妻。

不思議なご縁は、やっぱり阿弥陀さまのご縁です。

b0029488_9173056.gif


本願寺津村別院・大阪教区発行の『御堂さん』という月刊誌があります。
2010/10号の【門法 ほとけさまの教えを聞く】の欄に、Kさんの「不思議なご縁に導かれ」と題したお聴聞のよろこびが掲載されています。

掲載紙面を画像にして、全文読んでいただけるようにしましたので是非ご一読ください。

◇『御堂さん』は定期購読できます。年間2300円(送料、消費税含む)


  
              ↓ クリックすると拡大します


b0029488_920471.jpg






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-09-26 08:57 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
あの国のこと -春の夜の夢のごとし-
b0029488_3531415.jpg1998

西安の屋台


個人的には、あの国の人たちに恩義がある。
宗教、文化、経済等においても、浅からざる関係にあると思っている。


でも、あの国の指導者の方々のことは好きになれない。

  "「宗教」は「アヘン」だ"

おそらく、その人たちは語彙通りに思っていると思う。


ボクたちもふくめて、人は何らかの力を求め、それを手にしたとき驕る。

  "おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし"

権力とか権威とか権利の「権」の字には「かりそめ」という意味もある。

勝ち得た力をふりかざし、そして恐怖し、その恐怖に勝つためにさらに力をふりかざす。
自らがつくりだした恐怖と戦いながら、いつしか、その力は自らを守るためだけの刃となる。


恐怖と戦う人の狂気に、こぞって付き合わなければならないこともある。
あの国の人たちもこの国のボクたちも。

"宗教はアヘンだ"という出発点を変えてみたらどうなるんだろう。

何かが変わるかも知れないし、変わらないかも知れない。


 "世間虚仮 唯佛是真"



虚仮故に、世間のことは、おぼつかない知恵を出し合っていくしかないと思うんですが・・・。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-09-25 01:27 | そらごと、たはごと | Comments(2)
彼岸会 -雷雨のなか水上誠孝師のお取り次ぎ-
いつものように境内の銀木犀は香りませんでした。
いつものように田んぼの畦に彼岸花は咲きませんでした。
でも、いつものように彼岸会勤修。
いつものようにおまいりの方々、そしてはじめての方々。
阿弥陀さまのお慈悲の中でなんまんだぶのお彼岸です。

b0029488_944870.jpg曇りのち雷雨
b0029488_9482722.jpg午前の御座

林雙寺

水上誠孝師
b0029488_96912.jpg朗読法話集

彼岸と此岸
b0029488_98198.jpgお慈悲のお話

"今"のお話
b0029488_95573.jpg休憩時間

法要のうち
b0029488_953422.jpgおとき

お手間入り

好評でした





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-09-24 08:02 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
彼岸会準備完了!ではなくて適当なところで切り上げ?
b0029488_1111267.jpg


今季はコツコツ準備したつもりでしたが、結局深夜までゴソゴソ。

準備完了!と安らかな気分になりたいものですが、どれだけやっても不足です。適当なところで切り上げました。

はぁ。



何とかなるかなあ。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-09-23 01:04 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
癒し系から脱力系へ -やる気のないダースベイダーのテーマ-
どうでもいいことなんですが・・・。

b0029488_16221112.jpg


法要・法座の休憩時間に『島唄・二胡 』(曹雪晶)を小さな音で流しています。

沖縄のメロディと二胡の音色がしっとりいい感じで、それなりに自己満足していたのですが、もう少し軽快な感じもいいかなあと思い・・・。


栗コーダーカルテッドをYouTubeで検索。


そこで、発見した「やる気のないダースベイダーのテーマ」。

なんかいいです。映画『スターウォーズ』の「帝国のマーチ」をいわゆる脱力系で聞かせてくれます。

発見したおまけ映像も含めて、お好みでどうぞ。


◆本家『STARWARS』  Inperial March




◆LEGO社が作ったらしいPV?  ダースベイダーオーケストラ




◆「やる気のないダースベイダーのテーマ」 栗コーダーカルテッド


by e.wash-r | 2010-09-22 23:22 | 溺レル | Comments(0)
斑猫(ハンミョウ) -お墓へ道案内をしてくれる虫-

参道で。

b0029488_0535332.jpg


斑猫と書いて「ハンミョウ」。別名「ミチオシエ」とか「ミチシルベ」。


祖母は、クワガタのことを「シブトノホネカジリ」、ハンミョウのことを「*****」と呼んでいました。

「シブトノホネカジリ」は「死人の骨囓り」の意です。土葬が習慣の当地では、(お墓の回りの)雑木林にいるクワガタは、容姿もふくめてそう呼ばれていたのだと思います。

ハンミョウについても、当地流の呼び方がありました。「お墓へ道案内をしてくれる虫」というような意味だったと記憶しています。「ミチオシエ」・「ミチシルベ」と同じような意味です。




・・・どうしても「お墓へ道案内をしてくれる虫」の呼び名「*****」を思い出せません。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-09-22 00:51 | Photo only | Comments(0)