<   2010年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
久しぶりの奈良
「つるべ落とし」「夕焼け」と晩秋の風情の中、名神を西進、M師、U師、O師といっしょに、奈良郡山の三木照國先生のところへ。

b0029488_2201816.jpg


前半は、三木先生の『真宗倫理の研究』より「道綽の倫理」。
後半は、調龍叡師の『布教の理論とその実践』より。

b0029488_2204169.jpg


講義のあと、毎度のお茶をいただきました。
阿弥陀さまの方を向いて歓談していらっしゃる三木先生と奈良のご院さん方。

世間話の先にお念仏が聞こえてきそう。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-31 01:50 | おまいりにて | Comments(0)
???


b0029488_343691.jpg


復活。

10/28~10/31のblog、加筆しました。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-30 03:03 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
ひと夏の・・・
b0029488_2564950.jpg


岐阜別院にて夏休みのキッズサンガの総括。

各組より報告されたお寺の夏のこども行事一覧を見ながら・・・。

キッズサンガの具体的な取り組みがはじまって4年。
キッズサンガへの取り組みが内包するお寺のすがたがみえてきたように思います。

こどもをお寺に迎えることは真っ向勝負。

理屈や権威や動員やしばりには限界があるし、だいたいこどもには通用しません。
そもそもお寺に似合わないし・・・。

そう言う意味では、真っ向勝負を力まずにホヨヨ~ンとできるところがボクたちの強みです。

理屈や権威や動員やしばりを自らの術にして戦うのは辛いよなあ。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-29 02:58 | そらごと、たはごと | Comments(0)
美濃四十八座 善徳寺真宗講座 -紫藤常昭師-
b0029488_2195074.jpg
b0029488_2201866.jpg
b0029488_2203355.jpg
b0029488_2205067.jpg


善徳寺さん第一回目の真宗講座。

ここに至るまでのご苦労が偲ばれるご住職の緊張感。
ワクワクしていらっしゃるようなおとりもちのご門徒さん方。
外陣がいっぱいだったので、ボクたち僧侶は進んで余間へ。

そういうお座の雰囲気もいただいて、贅沢な法悦の時を過ごしました。

ご法話は、福岡の紫藤常昭師。
岐阜では初めてのお取り次ぎだそうです。

他力のお話しは有り難いです。人間の生き方の話しよりやっぱり阿弥陀さんです。

"強く明るく生き抜きます"なんてあえて言わなくてもいいんですよね。無理だし・・・。



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-28 02:22 | おまいりにて | Comments(0)

b0029488_2594897.jpg


強い冬型になり西風が吹きました。

熊騒動で予定より遅れて滋賀八日市へ。N師の中陰のおまいりです。

八日市は時雨れており、空も境内も鈍色。たぶん半分はボクの心がつくりだした景色のような気もします。元気が出ないときは仕方ない・・・。

ぼちぼち。







                    【 1年前の今日のblog 】                          【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-27 02:23 | おまいりにて | Comments(0)
熊注意!!!
11月26日午前9時頃、裏山で熊が目撃されました。


どう注意したらいいのかわかりませんが、とりあえず熊注意!!!

b0029488_1182148.jpg


目撃地と当寺は100mも離れていません。というか目撃地はほぼお寺の山。とりあえず、墓地への参道と山門に、【熊注意】の手作り看板を立てました。

b0029488_11174138.jpg


午前9時、お寺の山の北の村の総代さんから、"森山(裏山のこと)に熊がでたらしい。"と電話。

実は、今朝7時前、外でゴトゴトとヘンな音がしていました。"ミツバチの巣もあるし、熊じゃないの"などと適当な話をしていた経緯があり、この電話で一気に青ざめました。(ゴトゴトという音が熊かどうかはわかりません。)


結構、恐怖です。

看板を立てて、隣のTさんにお知らせをし、コワイので車で裏山を見に行きました。途中、同じように見回っていたMさんとであい、しばらく熊談議。その後、歩くような速度で目を凝らしながら裏山を一周しました。

後に何か気配がするのでルームミラーを見るとパトカーが僕の車の後をついてきます。誰かが警察に通報したのだと思います。村はなんとなくざわめいています。お巡りさんに一礼して寺に戻りました。

「自然保護」とか「熊もかわいそう」とか、確かにそうなんですが、やっぱりコワイ。

勝手なもんです。



                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-26 12:43 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
美濃四十八座 正尊寺真宗講座  -若林真人師-
正尊寺さんの真宗講座。御講師は、大阪の若林真人師。

b0029488_0111274.jpg昼座

ザ・お説教

b0029488_0114187.jpg家路

庫裡を望む


b0029488_0115712.jpg見学

建築中の庫裡
b0029488_0121638.jpg夜座

手を合わす


法然さまと親鸞さまのお話し。

時空を越えて視点はただひとつ"他力"ということのみ。吸い込まれるように聞きました。

ダイナミックに打ちのめされたという感じです。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-25 23:09 | おまいりにて | Comments(0)
二度あることは・・・
b0029488_23352615.jpg


壮年会例会にいらっしゃったKさんのvitzがお寺のの前の溝に落ちました。

壮年会員一同で救出大作戦。

といっても、やっぱり専門の技術と道具がなければどうにもならない状況。K自動車さんの力で、無事、無傷で引っ張り上げることができました。

引き上げるとき、状況によっては車体が横転したり溝に滑り落ちたりする可能性があったので、ボクたちは逃げる体制を整えながら車体を支えました。

"たまたまそこに居合わせた者が、たまたま車を引き上げる手伝いをした"というだけのこと。

このことは、仏法を聞いているとか聞いていないとか、信心がどーのこーのとかは、たぶん関係ありません。縁があって、その縁に触れ、それぞれが自分のしたいことをしただけのことです。


車を引き上げた後、イイ気分で仏さまの讃嘆をし仏法を聞いたということがいいんですよねー。


ところで、夜の法座でこの溝に車が落ちたのは、Tさんのmarchに次いで2回目。道の構造や標識・案内に、何らか問題があるからでしょう。

何とかしないと。




                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-24 00:57 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
第8回仏教壮年会例会 -本願寺の歴史と風土-
b0029488_1565430.jpg


夜7時半から、今年2回目の壮年会例会、テーマは「本願寺の歴史と風土」。参加者15人。

事前に一応勉強をしましたが、とても専門的に言及する能力はなく、ボクなりの視点で本願寺の歴史について資料をつくりました。

ゆるぎなく法を依りどころとしつつ大いに俗的なところ、それらが相反対峙しない魅力をお伝えできたらいいなあとがんばったつもりですが・・・。

例えば江戸時代。

・幕藩体制に組み込まれ役所機能を担う中で、寺が社会的な権威を有したこと。
・安定した経済・地位基盤の中で宗学の研鑽が進んだこと。
・固定化された身分社会においても、仏法が依りどころであったということ。

一部の方々からは批判の対象となる江戸時代の宗門のすがたですが、ボクはそこに聖と俗が混在する本願寺の魅力を感じます。

どう考えても、死ぬまで俗世間の中で生きるボクとしては、俗世間の中で迷うものの教えであることが有り難いわけで・・・。


今回で予定の「仏教・今さら聞けない」シリーズは完了。来年からは4回の予定で、やはり「真宗儀礼・今さら聞けない」シリーズへ。

俗っぽく、育まれた土徳を受け伝えていく場になったらなあと。





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-23 23:55 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
深い深い絶望の淵 -勇気-

b0029488_0205619.jpg


10月初旬のこと。


「勇気なんですよね。」

御法義話が途切れたところで、Y師がポツリとおっしゃいました。
そのときは、なんの脈絡もないつぶやきに聞こえました。

「深い深い絶望の淵があってね、越えられないんです。勇気なんですよね。」

どんな思いでその「絶望」と「勇気」を語られたのか、何を伝えようとなさったのか、ずっと考えつづけていたのですが・・・。


微塵の勇気もないボクですが、やっぱり勇気なんですよね。

ご縁を経て、なんとなくそんな気がしています。



お聴聞っていいね。



        まだまだ続きます 美濃四十八座    


10月25日・月 14時~/19時半~ 若林真人師  正尊寺 本巣市曽井中島  
10月27日・水 14時~/19時~  紫藤常昭師  善徳寺 瑞穂市別府
11月09日・火 14時~/19時半~ 宏林晃信師  超誓寺 大垣市見取町
11月19日・金 14時~/19時半~ 宮崎幸枝師  正蓮寺 岐阜市岩利





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
by e.wash-r | 2010-10-22 23:12 | 智慧と慈悲 | Comments(0)