<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
廃仏毀釈① -中津川・苗木城趾-
b0029488_0302524.jpg
b0029488_0312229.jpg
b0029488_0314815.jpg


明治初期、神道国教化の流れのなか、神仏分離令に端を発した仏教排斥の運動は、一部地域では、仏・寺院・仏具を破壊するに至りました。このことを、廃仏毀釈(運動)と呼んでいます。

苗木藩は、もっとも激しい廃仏毀釈をした藩のひとつです。藩政のの中枢に国学者が多かったことが、その理由とされているようです。ボクは、それだけが理由なのだろうかと思っています。

眼下の木曽川に湧く霞に煙ることから「霞ヶ城」、城壁が漆喰を塗らない土壁であったことから「赤壁城」とも呼ばれた苗木城の城趾を見てきました。自然の花崗岩を利用した石垣。とにかく立派です。見事です。



苗木を訪ねた日の朝まで、徹夜で「チベット問題」についてのレポートを書いていました。

チベット問題を考えながら、廃仏毀釈、そして、あそか苑事件のことを思いました。

チベット問題   人民解放という名の下に、ラサに侵攻した、中国。
廃仏毀釈     国学の具現として、仏教を排斥した、苗木藩。
あそか苑事件   社会福祉のためといって、黒野別院を壊した、岐阜教区。

結果的に、仏教と対峙することになった人民解放、国学、社会福祉という思想について言及することより、仏教徒としてのわたしの姿勢・思い、つまり信仰の問題として考える必要もあるような気がするわけです。

ラサ侵攻から50年以上たった今も、チベットは消えていません。
チベットがチベットであることを願い続けている人々がいるからです。

ダライ・ラマのことば。

身分を問われて、「私はブッダの弟子。みおしえに生きるひとりの僧侶です。」
毛沢東に対して、「わたしを解放するのはあなたではない。わたし自身です。」


形骸化した宗教は、以外と簡単にそのかたちを失うのかも知れませんが、生きた信仰は、そう簡単に消えてなくなるようなものではない、そんなことを思っています。

そのあたりは、次回。  ・・・に書けるかなあ。














                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-10-31 23:59 | 智慧と慈悲 | Comments(4)
日本でいちばん短い地名
b0029488_254688.jpg


たまたま、見つけた標識。どこかわかりますか?


答え   **県 **市 酢








                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-10-30 12:30 | そらごと、たはごと | Comments(2)
『ダライ・ラマ自伝』
b0029488_1434365.jpg


故あって、読み始めました。

読書の秋というわけではなく・・・。








                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-10-29 23:40 | Tibet/西蔵 | Comments(0)
「時間」考
b0029488_23523997.jpg


Hさんのご葬儀。岐阜市の火葬場で火屋勤行。

火葬場へは、一同バスでの移動でしたが、足の悪いTさんとそのご家族は自家用車での移動でした。

火葬場に着くと、J葬儀社の方が、「おそろいでしたら、これから火屋勤行をおつとめしていただきます。」と。すかさず、ご遺族から「まだそろっていません。Tさんが来ていません。」の声。

ご遺体を前にして、Tさんたちの到着を待つ時間が流れました。たぶん、ほんの2~3分。ご遺族は、じっとしていられずに、外へ迎えに出られました。

なかなか到着しないTさんたちに、ご遺族は動揺してみえます。そこへ、J葬儀社の方の口上。「時間ですし、そのうちおみえになるでしょうから、そろそろはじめさせていただいてよろしいでしょうか。」ご遺族のお気持ちに余裕はありません。申し訳なさそうに「お願いします。」とおっしゃいました。

不条理を感じたボクは、思わず、「火葬の時間のことは気にしなくてもいいと思いますよ。ゆっくり、待ちましょう。」と。またしばらく静かな時間が流れました。たぶん、2~3分。

沈黙の中、「時間ですから、そろそろ始められたらいかがですか。そのうちいらっしゃると思いますし。」というJ葬儀社の方のことばに、ご遺族はもう「お願いします。」しか言えなかったと思います。

ボクが「待ちましょう。」と言えば、そうなったのだと思いますが、流れに負け、おつとめを始めました。後悔しています。

Tさんたちは、ご遺体を炉にお納めしたところへ、到着されました。


時間を守ることは大切なことです。時間を合理的に有効に使うことも大切なことです。


そうなんだけど・・・。

正確な時間の使い方は、ひとを幸せにするためのものなんだろうか?








                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-10-28 23:51 | そらごと、たはごと | Comments(6)
美濃四十八座 超誓寺真宗講座 -若林真人師-
b0029488_4405693.jpg
b0029488_4412644.jpg


お聴聞は楽しい。最高の遊びであり、贅沢。しみじみそう思いながら、本堂に座っていました。

超誓寺真宗講座、若林真人師のお取り次ぎ。午後の一座二席のお聴聞。夜座もお聴聞したかったのですが、急務が入り、聞くことができませんでした。つくづく残念。

善導大師の往生礼讃の御文。
親鸞聖人は、下記の訳を引用され、「大悲」を主語に読まれているそうです。


   自信教人信  みづから信じ人を教へて信ぜしむること
   難中転更難  難きがなかにうたたさらに難し
   大悲伝普化  大悲をもつて伝へてあまねく化するは
   真成報仏恩  まことに仏恩を報ずるになる



   自信教人信  みづから信じ人を教へて信ぜしむること
   難中転更難  難きがなかにうたたまた難し
   大悲普化  大悲弘くあまねく化する
   真成報仏恩  まことに仏恩を報ずるになる


他力ということは、大悲の主体・主語がほとけさまということ。有り難くお聴聞。



参考:西蔵坊だより「自信教人信」





                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-10-27 00:25 | お聴聞 | Comments(2)
美濃四十八座 光円寺真宗講座  -松月博宣師-
b0029488_14959.jpg
b0029488_143031.jpg


午後から関の光円寺さんへ。

ご講師は、松月先生。ただただ、阿弥陀さまのお慈悲のお話。

昼座と夜座、いずれも遅刻でしたが、お聴聞という贅沢な時間を過ごさせていただきました。


昼座。

"ひとたびとりて永く捨てぬ"慈悲、"ものの逃ぐるを追はへ取る"慈悲。

寄り添ってくださる摂取不捨のお心を、笑いの中にしみじみ聞かせていただきました。

夜座。

語りかけるように、我が痛みを、そのまま痛いと言ってくださる親心のお話。

静かに、しっぽりお慈悲の中という感じ。



『音声やすみ(おんじょうやすみ)』

お説教の合間の休憩を、安芸では『音声やすみ(おんじょうやすみ)』と言ったそうです。
お説教師さんのお取り次ぎは、そのまま阿弥陀さまの呼び声。
阿弥陀さまの呼び声に休みはありません。
でも、お取り次ぎとお聴聞には、やっぱりおやすみが必要です。
そこで、『音声やすみ(おんじょうやすみ)』。

娑婆の身だからこそ、休むことに意味があるんですよね。

「徳のあることば、是非美濃四十八座で定着させてください」と、松月先生の提案。


ふっと、土徳の地・美濃を想像して、うれしくなりました。








                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-10-26 01:01 | お聴聞 | Comments(0)
歩荷訓練の山・金華山  -遇い難くしていま遇うことを得たり-
b0029488_9303368.jpg


あまりにいい天気、11時から2時の空いた時間。思い立って金華山に登ってきました。

金華山は、学生のころ、いつも歩荷(ぼっか)訓練をした山。苦しい思い出しかありません。


  山行の前、儀式のように繰り返した訓練。

  長良川の河原でキスリング(ザック)に20~35kgの石を詰め、まず岐阜公園まで。
  岐阜公園からは、「馬の背」という尾根をワンピッチで直登。
  頂上で脈が治まったら、「瞑想の小道」という山の北側を巻くハイキングコースを下る。
  最後、担いだ石を長良川の河原に戻して終了。


b0029488_9263252.jpg


30年前と同じように、正確に言うと30年前よりきれいになっていましたが、「瞑想の小道」の中程にある道しるべ


       『遇い難くして いま 遇うことを得たり 親鸞』


宗祖親鸞聖人が、仏法、他力にで遇えた不思議を慶ばれたご文です。


でも、例えばカップルで「瞑想の小道」を歩いていたとして、このご文を読んだりしたら、勘違いしてしまいますよねえ。ちょっと罪作りかもしれない。

とはいえ、ときには、勘違いって、いいね。

...................................................................................................................................

追記1

「金華山」の「瞑想の小道」の「親鸞さま」のことば。唐突でわかりにくかったようなので、以下、詳細追記します。

金華山には、いくつもの登山コースがあり、そのひとつが「瞑想の小径」と呼ばれる北斜面を行くのコースです。岐阜公園から2kmほどは照葉樹林の中の緩やかな道で、随所に名言の掲示板があるのが特徴です。(以下、気がついたものを列挙))

・もともと地上に道はない  魯迅
・人間は考える葦である  パスカル
・君の運命の星は君自身の胸の中にある  シラー
・それでも地球は動いている  ガリレオ
・心の中に平和のとりでを  ユネスコ憲章
・なんというすばらしい傑作だ 人間という奴は!  シェークスピア
・遇い難くしていま遇うことを得たり  親鸞

もっとも奥にある掲示板が「遇いがたくしていま遇うことを得たり 親鸞」です。下山者からすると、最初に出遇う掲示板でもあります。

「遇い難くしていま遇うことを得たり」は、親鸞さまが、仏法に出遇ったよろこびを述べられた宗教的なことば。でも、人と人とのであいのことばと「勘違い」をしている場合が多いのではないかと思います。

実際、人と人の関係は「勘違い」だらけ。娑婆のことは、「勘違い」の積み重ねであっても、それはそれでいいんじゃないかと・・・。


追記2

このとき、帰省中の長女もいっしょに登っていました。一応「金華山登る?」と尋ねたら、「行く。」というので。
道中、長女が言いました。「ちょっと前に、いっしょに山登っていて、熊に食べられる夢見たよ。」








                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-10-25 00:51 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(5)
綱引き大会
b0029488_0285923.jpg

小学校の隣のT家のご法事。T家も賑やかでしたが、小学校も綱引き大会で賑わっていました。

午後2時過ぎ、いったん帰寺。坊守に、綱引き大会の様子を尋ねました。

「えっ?今日何日?」そう言うなり、坊守は役員さんにお詫びの電話をしていました。綱引き大会のこと、すっかり忘れていたようです。

その様子を見ながら、「"忘れとった!"で済んでくんやからいいやん。」と軽く慰めたつもりだったのですが、その言い様は将軍さまの逆鱗に触れたみたいです。

「オトーさんは、おまいりに行ってるだけ。ほんと気楽で、世事(よごと)なくていいね。」とキツーイお叱りを受けました。慰めたつもりだったんですがねえ・・・。



一般論はおいておいて、自分自身の50年を振り返ってみると、そのときそのとき、ボクは実に様々な岐路に立っていたのだと思います。そして、そのたびごとに、結果的に自ら選んだ道で、今に至りました。それが生きるということだったのだと思います。

数々の迷いや失敗や誤りを繰り返す中で、「これは、もうどうしようもない!」と思うようなことがたくさんありました。でも、結果的には、みんな「どうにかなんとかなっちゃった!」というのが現実のような気がします。


自分で何とかしてきたというよりは、迷惑をかけて、許してもらってきたんだろうなあ。






                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-10-24 01:21 | ふるさと | Comments(0)
仏教壮年会例会
b0029488_0424836.jpg
b0029488_1211916.jpg


『真宗儀礼の勉強会』。全6回のうち2回目。今回は「お寺の仏事」について。

コーヒーを飲みながら歓談。話題は報恩講のことに・・・。









                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-10-23 02:01 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
美濃四十八座 専琳寺真宗講座
b0029488_0192223.jpg
b0029488_0195885.jpg
b0029488_020225.jpg


専琳寺真宗講座、昼座のお聴聞。満堂。

案内チラシ、辻々ののぼり、駐車場の誘導等々、お座を準備されたご住職方の思いがひしひしと伝わるお座でした。

このごろ、満堂のお座に慣れてしまっていることもあり、お座が立つということの不思議に、あまり目を向けていなかったような気がします。

おひとりの方が本堂に座られるまでに、どれほどのことがあったのかということに。

といっても、その順縁・逆縁に、たとえばボクが応えられるわけもなく、つくづく、やっぱり阿弥陀さんなのであります。お座は、そういうものなのだと思います。










                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2011-10-22 23:30 | お聴聞 | Comments(0)