<   2011年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧
除夜会 -竹の灯籠と焚き火と里芋のぜんざい「いとこ煮」-
b0029488_1536573.jpg
b0029488_15402118.jpg
b0029488_15363919.jpg
b0029488_15365645.jpg
b0029488_1537171.jpg


二年ぶりに雪の降らない除夜会。

11時半から、本堂で正信偈のおつとめをした後、入れ替わり立ち替わり、おおよそ140人の方々が、除夜の鐘・初鐘を撞いていかれました。

今年は、親鸞聖人の750回忌のご縁ということで、例年のぜんざいに替えて、親鸞聖人がお好きだったという小豆をつかった報恩講料理「いとこ煮」のおふるまい。

「いとこ煮」は地域によっていろいろバリエーションがあるようですが、当寺流は、おもちの代わりに里芋を使ったぜんざい。50年ほど前までは、報恩講のおときの一品だったと聞いています。

「懐かしい!」という人。怪訝な顔をしながら「以外とおいしい!」というひと。等々

予想以上に好評でした。・・・来年(今年)はどうしよう???



竹の灯籠で幽玄な雰囲気を醸し出してくださったSさん、Yさん、ありがとうございました。
薪をたくさん準備してくださったG建設さん、ありがとうございました。
焚き火、いとこ煮のお接待をしてくださった総代のみなさん、ありがとうございました。


108以上の鐘を撞いたあと、一通りの片づけを終えた午前3時、静かになった本堂で、坊守と元旦のおつとめ。

なんとか一年が終わったというか、やれやれまた一年がはじまるというか・・・。
by e.wash-r | 2011-12-31 23:59 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
銀杏拾い
b0029488_1395413.jpg
b0029488_1401085.jpg


クリスマス寒波は、雪とともに、最後まで枝に残っていた銀杏を落としてくれました。

雪の日から三日、溶け始めた雪の下から、銀杏が出てきました。


京都から帰ってきた長女と冬休みの次女が銀杏拾い。

率先してやっているわけではないですが、言いつけられた仕事として、それでも、それなりに楽しそうにやっていました。

クラブや勉強の毎日のこどもたちが、ふっと、もっとこどもだった頃に戻って遊んでいるようにも見えました。

遠目に様子を眺め、反面、もう、ボクの入り込めないほど、おおきくなっちゃったんだなあとも。

この時期の午後の低い日差しというのは、どうも苦手です。
by e.wash-r | 2011-12-30 01:19 | ふるさと | Comments(0)
結局二度手間
b0029488_15114641.jpg


年末年始の寺務仕事が滞ってしまい、報恩講の案内、年回案内、カレンダー、広報紙等をまとめてお配りすることに。

地区ごとに、地区総代さんに配っていただくのがならいですが、年末ギリギリになったので、門徒さん全戸に郵送することにしました。『料金後納郵便』の扱いができるようになって、郵送料が格安になったことも一因です。

印刷、封緘等、半日の作業の後、無事投函。やれやれと思っていましたが、郵便の着き始めた昨日、今日、何人もの地区総代さんから電話が入りました。

「案内は届いたけど、『御仏志袋』が入っていない・・・』

御仏志袋というのは、報恩講にお供えする「御仏供米」「御燈明料」のお米や大豆等を入れる袋です。

『御仏志袋』も配布物に同封してお送りするつもりだったのですが、うっかり忘れてしまっていました。

結局、『御仏志袋』を持って各地区を回ることに。地区総代さんにも、『御仏志袋』を配ってもらわなくてはならなくなりました。



いやはや。
by e.wash-r | 2011-12-29 14:55 | そらごと、たはごと | Comments(0)
年末特別夜警実施中
b0029488_15117100.jpg


12月26日から30日まで、消防団員の方々による年末特別夜警実施中。

消防団本部詰め所と、地区の消防団の詰め所(公民館)を表敬訪問。


表敬訪問ということについて、Yahoo!知恵袋に下記のような答えがありました。

“あなたを尊敬しています” という気持ちを伝えるために、相手を訪問することです。
言い換えれば、“取り立てて用事はないが、挨拶のために行く”ということにもなります。

なるほど!なんとなくわかる気がします。


地域の役割とはいえ、一日仕事を終えたあと、深夜2時3時までご奉仕の消防団員の方々。

3年前、このままではつぶれると思って、逃げたもんなあ。

頭があがりません。おつかれさまです。
by e.wash-r | 2011-12-28 02:30 | ふるさと | Comments(0)
大根おでんパーティー
b0029488_1121268.jpg
b0029488_1123230.jpg


S師より、大根のおでんパーティーをするから、とお誘いmail。

7家族30人ほどが参集。2/3はこども。

疲れがたまっていましたが、ほよよ~んとした時間を過ごすことが出来ました。


低年齢組は、終始別室で遊んでいましたが、中学生以上のこどもたちは、塾が終わってからの参加。全員が揃ったのは11時近い時間でした。

こどもも大変なんだなあ。


小さなこどもたちが走り回る台所で、大根をつつきながら、ボクたちは老人のような会話。


新しくなった庫裡を最大限に活用されるS師の姿勢。おかげでごちそうさまでした。感謝。
by e.wash-r | 2011-12-27 23:13 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
今年最後の総代会
b0029488_19184374.jpg


総代役員会。

例年、12月30日の夜、忘年会をかねて最後の役員会をしていました。

昨年から、「お華束盛り」を30日の夜行うことになったので、役員会は「12月30日前のいつか」ということになり、今年は、12月26日になったという次第。

本当は、11月下旬か12月の上旬にしたかったのですが、ボクの日程調整が出来ず、本日になりました。

報恩講のこと、境内整備のこと、『正蓮寺史』編集のこと等々を話し合って、あとは鍋で一献。


冷え込んだ夜でしたが、庫裡は笑い声でいっぱいでした。

午後10時、役員さん方をお送りしました。見通しがきかないほど濃い霧でした。
by e.wash-r | 2011-12-26 23:59 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
初雪
b0029488_1441584.jpg


午前9時、T家のお取り越し。

正信偈を読み終わると、外は雪景色になっていました。
by e.wash-r | 2011-12-25 23:28 | そらごと、たはごと | Comments(0)
猿の惑星
b0029488_15533350.jpg



疲れがたまっていて、眠りたかったけど、深夜放送の『猿の惑星』を観た。

1967年制作なので、もう40年以上前の映画なのに、今年公開された『猿の惑星・創世記』よりずっとおもしろかった。

うまく言えないけど、哲学が違うという感じ。所詮ボクの感性の問題ですが・・・。



原作のSF小説『猿の惑星』の著者は、『戦場に架ける橋』の著者でもあるピエール・ブール。

ピエール・ブールは、第二次世界大戦時、日本軍に拘束されていたそうで、その時の経験が小説『猿の惑星』のモチーフになっているという話を、最近聞いたところ。

そのことへの興味もあって、『猿の惑星』を観たいと思っていたところだった。まさに渡りに船。原作を読む気力はないし・・・。

なお、今、wikipediaを見たら、"日本軍に拘束"云々は一説であり、真相は不明とのこと。



40年経って、映像技術は格段に進歩したのに、超えられないものがある・・・。

進歩・成長というのは錯覚なのかも。若しくは、とてもとても緩やかなものなのかも。

今さらながら、「おごれる人も久しからず 」の意を思う。



それにしても、『猿の惑星』のDVDのジャケット、一片のデリカシーもないね。
by e.wash-r | 2011-12-25 15:57 | 溺レル | Comments(2)
西厳寺報恩講
b0029488_024313.jpg
b0029488_0241692.jpg
b0029488_0243492.jpg



西厳寺婦人会のコーラスを聴き、音楽法要を勤め、広瀬章信師のお説教を聞く報恩講。


不登校のこどもに、優しく「そのままでいいよ。」と言った塾の先生。
そのことばに「ボクは変わりたい。」と悲痛な声で応えた生徒。

「そのままでいいよ」は、ほとけさまのことば。
ひとは、ほとけさまのことばを使ってはいけませんね、というお話。

なるほど!

ときどき使っちゃったりしていることを反省。


育ててもらったお寺の報恩講。

ゆっくりおまいりしたかったのですが、今年は、23、24,25日の連休と西厳寺報恩講が見事に一致。ボクとしては厳しい日程の中のおまいりとなりました。

ぎりぎり、法要10分まえに滑り込み、お説教を聞いて、挨拶もせずにM地区のお取り越しに向かいました。

クリスマス・イブの混雑した道路にイライラしながら、こんな風に、もう2ヶ月以上時間と戦っているなあと、反省。
by e.wash-r | 2011-12-24 23:06 | おまいりにて | Comments(2)
merry : 陽気な、愉快な、楽しい
b0029488_2503231.jpg



おまいりにて。


M家 おじいさんとお嫁さんの会話

おじいさん:「わしは何歳になった?」
およめさん:「97歳になったよ。」
おじいさん:「そんなはずはない。もう、百は超えとるはずや。」
およめさん:「そうかなあ?」
おじいさん:「そりゃそうや。あのときから、だいぶ生きとる!」


T家 Tさん談

結婚する前、この家にはじめてきたとき、庭に牛がいたんやけどね、お嫁に来たら、牛がいなかったの。それで、お父さんに聞いたの。

Tさん:「おとうさん、前来たときは牛がいたんですが・・・。」
姑さん:「これ。」

そう言って、テレビを指さしんさったんやよ。東京オリンピックのころだったと思う。
by e.wash-r | 2011-12-23 23:15 | おまいりにて | Comments(0)