<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
こどものつどい -正尊寺親鸞聖人七百五十回遠忌法要夜座-
b0029488_17144142.jpg
本堂でおつとめ。
b0029488_17145449.jpg
邦楽、お琴・尺八の演奏にあわせ音楽法要。
b0029488_17151617.jpg
庫裡にてお楽しみ会。山之内先生のゲームとご法話。
b0029488_17153714.jpg
再び本堂にて。揖斐の劇団「クリエイティブ」さんの大型紙芝居。
b0029488_17155010.jpg
大型紙芝居『杜子春』。
b0029488_1716737.jpg
ご院さんとプトラとプトリ。


正尊寺さんの親鸞聖人七百五十回遠忌法要の夜座は「こどものつどい」。

おつとめあり、ご法話あり、観劇あり、ゲームあり、お夜食あり。

本堂で、庫裡で、夜中まで、こどもたちの歓声が響いていました。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-30 00:09 | おまいりにて | Comments(0)
美濃四十八座 正尊寺真宗講座 高田慈昭師
b0029488_16222555.jpg
快晴。縁にあふれるお聴聞の方々。
b0029488_16223694.jpg
遠忌法要、五十回記念。六金に彩られた本堂。
b0029488_16225666.jpg
ご講師、大阪より高田慈昭師。
b0029488_16231342.jpg
お聴聞
b0029488_16232468.jpg
満堂
b0029488_16233587.jpg
お院さん方は、色衣五条切袴にて、おつとめ。そしてお聴聞。



正尊寺さんの真宗講座は、十年前、蓮如上人の五百回忌法要を機縁にはじまりました。今回が五十回目です。

正尊寺さんは常にパイオニアでした。(真宗の真宗たる所以の法座(講)を開催されたことをパイオニアと言わなければならなかった状況に自戒を込めて)

現在の真宗の姿を思うとき、徹底した現場主義・フィールドワークを通して復活した法座(講)は、古くて新しいパイオニアワークです。真っ向勝負の法座は、スタンダードであり、今の時代には黎明です。

正尊寺さんの真宗講座を原点にはじまった美濃四十八座。次の十年がはじまります。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-29 00:01 | おまいりにて | Comments(0)
春のたより -筍(たけのこ)-
b0029488_034266.jpg


朝からずっとおまいり。
夕刻、来訪のお約束があったので、なんとか間に合って帰ってきました。

お迎えする準備をしようと庫裡の玄関に来ると、筍が2本。Wさんが、堀りたてを届けて下さっていました。境内の銀杏の新緑を借景に、春の景色。



汗ばむほどの春の日でした。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-28 00:15 | ふるさと | Comments(3)
カブトムシの幼虫捕獲大作戦、その後 -幼虫の飼育方法-
過日、カブトムシの幼虫捕獲大作戦のことを書きました。

正尊寺さんの伐採した柿の木の下で大量のカブトムシの幼虫が見つかりました。お寺で生まれたカブトムシということで、飼育ケースに入れて、4/28の「こどもの集い」におまいりしたこどもたちに育ててもらおうということになったそうです。

b0029488_23391359.jpg

b0029488_23393787.jpg


カブトムシの幼虫を掘り出して、飼育ケースに入れるというのが、ボクが承ったミッション。ボクにとっては童心に帰るアソビ。ただ、時間がないので、捕獲と飼育ケースに入れる作業は別の日に行いました。

捕獲して腐葉土といっしょにバケツに入れてあったカブトムシの幼虫34匹と、クワガタの幼虫4匹を、16個の飼育ケースに分けました。

飼育ケースには、餌になるクヌギのチップをたっぷり入れ、霧吹きで水を噴霧して適度の湿気をもたせました。たぶん快適な棲み家になったはず。

おそらくもうひと月もするとサナギになり、7月には羽化して成虫のカブトムシになって出てくると思います。ケースの中の乾燥を防ぐこと、そして、静かに待つことがこどもたちの仕事です。

乾燥を防ぐには、ときどき、霧吹きで水を噴霧してクヌギのチップを軽く湿らせます。

静かに待つことは、興味津々のこどもたちには「おあずけ」の拷問ですが、元気なカブトムシがはい出してくるまで、是非触らないであたたかかく見守ってあげてほしいです。



この一連の作業、庭師だったTさんの葬儀の前後に行いました。

剪定した木の枝のチップを置いてあるTさんの山には、毎年たくさんのカブトムシが湧いてきます。Tさんは、その時期にこどもたちを招いては、「カブトムシ捕り遊び」の場を提供してみえました。

葬儀の後のお礼参りにいらっしゃったTさんの息子さんから、カブトムシの幼虫の育て方を聞いて、飼育ケースの作業にあったという次第。

ご縁ですね。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-27 23:37 | 遊びをせんとや生れけむ | Comments(0)
暇なし -ジェミニのワゴン- 
超忙しくはないが、余裕がない。余裕がないと、ネタがない。

困ったときのTumblrネタ。

b0029488_2111217.jpg


Opel Kadett のワゴンの写真が流れてきた。「C Caravan」というらしい。

Opel Kadettは、日本では「ジェミニ」という名前で、右ハンドル車を"いすず"が扱っていた。30年以上前だと思う。「ジェミニ」の本国ドイツには、ワゴンがあったということ、はじめて知った。はじめて見た。ボク自身のノスタルジーもあって、カッコイイ!!

学生のころ、ラリー部の友だちNが黄色い「ジェミニ」に乗っていた。

ある日のこと。Nは林道へひとりで走りに行った。行き止まりまで行ったらしい。細い林道はUターンしようにも、そのスペースがなかったそうだ。やむなくNは林道を、ずーーっとバックで引き返した。首をひねって、後ろを振り返りながらの運転。いい加減疲れてきたころ、脱輪したそうだ。ラリー部なのに・・・。

Nに頼まれて「ジェミニ」の救出を手伝った。

今あらためて思うんだけど、あの時、Nはどうやって帰ってきたんだろう?


それにしても、なんてことないけどKadettのワゴン、カッコイイ!! 



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-26 02:13 | 溺レル | Comments(0)
美濃四十八座 専琳寺真宗講座 弘中英正師
美濃四十八座。今年度最初のお座は、各務原の専琳寺さん。

報恩講の季節を経て、昨年11月以来五ヶ月ぶりに美濃四十八座がはじまりました。

b0029488_1481571.jpg
弘中英正師 山口県
b0029488_1484230.jpg
満堂

和讃のお話。

今様=流行歌、七五調のリズム。

「一子」、「我はほとけの子なり」と聞く。



法務が重なり、昼座のみ。懐かしい方々といっしょに、あたたかい春の縁でお聴聞しました。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-25 02:02 | お聴聞 | Comments(4)
お手伝いという名の遊び -適材適所-
いつもお世話になっている正尊寺さんの親鸞聖人750回遠忌法要が近づいてきました。

何かお手伝いできることがあるかも知れないと思って、空いた時間、正尊寺さんへ。

b0029488_124669.jpg
庫裡 お嬢さんたち 法中さん方への呈茶のシュミレーションと練習

b0029488_1242299.jpg
書院 お嬢さんたち 法中さん方のお接待のシュミレーションと練習

b0029488_29060.jpg
境内 ご院さん 駐車場のライン引き

b0029488_2104193.jpg
畑 ボク カブトムシの幼虫捕獲大作戦 一応オシゴト 適材適所

b0029488_2125523.jpg
畑 40匹ほどの幼虫をget 童心に帰って楽しみました

b0029488_1243756.jpg
夜 庫裡 会係さん 打ち合わせ 法要差定と二日間の日程確認等

b0029488_1245174.jpg
夜 本堂 会係さん 庭儀(稚児行列)について現場でシュミレーション


準備のコンセプトは、おつとめのご院さん、おまいりのご門徒さん・お稚児さんに、いかに気持ちよく50年に一度の法縁にあっていただくかということ。ハードで精神的にも体力的にも厳しくて、お手間入りですが、ご院さんをはじめみなさんほんとうに楽しんでみえます。

ボクとしては、贅沢な遊びに加えてもらった気分です。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-24 02:34 | おまいりにて | Comments(2)
昔の湯屋喧嘩 ー下宿の思い出ー
b0029488_2354066.jpg
“つかみつく ぜひとりさゆる湯屋喧嘩 いづれを見ても片手わざなり”

絵葉書 昔の湯屋喧嘩 西川祐信? 1908年(繪本池の蛙は1768年)滑稽新聞社發行


高校の時、4畳ほどの部屋に下宿していた。

同じ下宿の下宿生7人の中で、HとYは同じK高の同級生だった。ただ、個性的なHとYはとても仲が悪く、ボクはいつもふたりの仲裁役だった。

3人で銭湯に行ったとき、HとYが裸で口論をはじめた。きっかけが何だったか知らないが、仁王立ちして、お互い如何に自分の父親が働き者かを主張していた。第三者としては、ほほえましかった。

しかし、エスカレートしたHとYは、「おもてへ出ろ!」と叫びながら、裸のままで取っ組み合いをはじめた。ボクは裸のまま仲裁に入った。

3人ともフリチンである。HとYは興奮しているからいいが、ボクは冷静なのでいろいろな意味で恥ずかしかった。


Tumblrで流れてきた『昔の湯屋喧嘩』という画像を見て、当時を思い出した。


教訓

戦いの半分は大切なモノを守ることかもしれない。攻めは、片手わざくらいが上品でいい。
しかし、無防備なフリチンの戦いも魅力的ではある。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-23 01:19 | ふるさと | Comments(4)
黒野組会
浄土真宗本願寺派の地域組織を組(そ)といいます。当寺は、黒野組に属しています。

各寺の僧侶・門徒代表による組会でした。いろいろ思うところはありましたが、イエスマン宣言をしてしまったので、黙っていました。黙っていた以上、決まったことは忠実にやりたいと思います。

b0029488_23474667.jpg
組会

b0029488_23481622.jpg
法座 「幸せとは」  楠真師
  
b0029488_23483442.jpg
座談会

b0029488_23485968.jpg
懇親会



座談会にて

「しあわせ」ということについて、X師のことばが印象的でした。

「好きな人がいます。好きなひとといっしょにいると、しあわせだと思います。それが、苦しみや悲しみの因になることは承知しているのですが、やっぱりしあわせだと思います。それと、時間のあるときに、境内の草ひきをしていると、しあわせだと思います。贅沢ですよね。」

この感性、好きだなあ。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-22 00:00 | おまいりにて | Comments(0)
いろいろ -銀杏の枝を切りました-
b0029488_129394.jpg傷つけ合う枝
b0029488_1313577.jpg切断
b0029488_1315034.jpg柴のできあがり
b0029488_1321142.jpg銀杏の芽



おじょうはんと法事を終え、3時過ぎから今日は境内一円の草刈り。小雨が気持ちいい。

5時。草刈り機の燃料が切れたので、とりあえず草刈りは終了。

まだ明るいし、せっかく雨に濡れたついでということで、銀杏の枝を切ることに。


よく伸びて絡まり合って、お互いを傷つけている枝のことがずっと気になっていました。

人間でいうなら、自己免疫疾患みたいに自らを攻撃しているような、歪んで生えた"親知らず"が口内の粘膜を傷つけているような、そういう状況。

『バビルサ』という猪に似た動物は、曲がった牙が成長しすぎると自分の頭に刺さってしまい、場合によっては死に至ることもある(らしい)といいます。そういう感じでもあります。

銀杏といい、人といい、『バビルサ』といい、生きるという本能とともに、理屈では説明できない不条理も背負っているんですね。


簡単に片づくと思っていましたが、切っても絡み合った枝は絡み合ったままです。ロープをかけて、無理やり引きずりおろそうとも思いましたが、すでに芽吹きはじめている枝を、さらに傷つけることになりそうで躊躇しました。

やむなく、脚立の上で背伸び立ちして、アクロバティックな姿勢で、何カ所か枝を切り分けました。かなりの難作業。予定よりずいぶん時間と体力を費して、日が暮れるころ、なんとか作業終了。

ひと仕事終え、気分良くシャワーを浴びて、夜のおまいりへ。

最近、法務の合間に上手に雑務を楽しんでいるなあと、自画自賛。

とはいえ、勉強はしてないし、事務仕事はため込んでいるし・・・。いやはや、ようするに、イヤなことは後回しにして、好きなことをして遊んでいるという構図でした。嗚呼。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-04-21 02:43 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)