<   2012年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧
明照寺やさしい真宗講座 山田行雄師  -対機説法-
b0029488_12372785.jpg


午後、明照寺さんにて、「やさしい真宗講座」。山田行雄先生の講義を受けました。法務の都合で、途中3時まで。

三部経のお話。対機説法について。親切な資料に沿って、わかりやすく講義してくださいました。


お釈迦さまは対機説法をされました。「機」は「人」のこと。能力や性格や境遇の異なる「人」に、それぞれふさわしい説き方をなさったということです。

人に何かを伝えようとするとき、本来伝えることが目的なのに、ついつい難しいことばや表現を使ってしまうことがあります。ボクたちは、ついつい、自己満足・自己顕示・自己主張に落ちいってしまうのです。

楽しく理解できない話や文章というのは、そもそも、楽しく理解できなかった人を最初から排斥していたのかもしれません。おおいに反省するところです。

まあ、ボクはお釈迦さまじゃないから、仕方ないか。

とにかく、お釈迦様がボクをめあてに説いてくださった法に遇い、よろこぶことですね。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-30 23:40 | Comments(0)
おじょうはん -ニイニイゼミが鳴き始めました-
b0029488_11565080.jpg


おじょうはん。前々坊守の月命日。朝、大性寺のご院さんがおまいりに来てくださいました。


昨夜、黄鐘会がおわったあと、たくさんの方々が、深夜にもかかわらず後かたづけをしてくださいました。疲れ果てていたので、ほんとうに有り難かったです。

一夜明け、とにかく平素の正蓮寺に戻そうと、残りの案内看板の撤去、本堂の椅子の片づけ等々。境内や本堂の掃除には、エンジンブロアが大活躍してくれました。

早朝の境内で、今年はじめてニイニイゼミが鳴いていました。

昨夜、大性寺のご院さんと若さんがお聴聞に来てくださっていたので、今日のおまいりまでに、すべてを片づけ整えておこうという、かっこつけの意地みたいなもので動いていたと思います。

最後、お荘厳を整え、8時過ぎには黄鐘会のあったことを感じさせないいつもの正蓮寺に戻りました。


大性寺の若さんにおじょうはんをつとめてもらい、そのあと歓談。お聴聞の大好きな若さんと盛り上がりました。

いい気持ちの切り替えができました。おまいりには、俗にそういう意味もあると思います。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-29 23:01 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
美濃四十八座 正蓮寺真宗講座 黄鐘会・夏座 藤井邦麿師
b0029488_10182781.jpg
藤井邦麿師
b0029488_10192753.jpg
梅雨の晴れ間
b0029488_10193795.jpg
おつとめ 初夜礼賛
b0029488_10195085.jpg
休憩時間の境内
b0029488_1020742.jpg
お聴聞 昼座
b0029488_10201792.jpg
家路
b0029488_10203480.jpg
b0029488_10204644.jpg
お聴聞 夜座


お取り次ぎより。

「たまたま」、それもこれが「最後」。

真宗のある地方では、お仏壇がなければ、御殿でも家とは言わない。

豊前門徒・安芸門徒・江州門徒・越中門徒のように、いつか「美濃門徒」とよばれるようになるかもしれない。でもそれは今じゃない。ご法義が二代も三代も先まで受け継がれていったとき。


にこやかでやわらかい雰囲気の中に、厳しいおことばをいただいたような気がします。

とにかく、阿弥陀さまのご縁でした。



ボクのできることではないにしろ、住職として、遠くに「土徳」を夢見ることなんだろうなあと思います。もっともっと必死になって、多くの方々を誘わなければ、と思ったことです。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-28 23:59 | お聴聞 | Comments(0)
黄鐘会準備
b0029488_931745.jpg
b0029488_1042673.jpg


いつになく順調に丁寧に黄鐘会の準備が進みました。

この時期にしては多忙で、日程に余裕がなかったことで、段取りをしなければ行き詰まることが予想できたからかもしれません。

思い通りに進むことなどなく、何が起こるかわからないというのが当たり前。目の前の状況に、あたふたと奔走しているのが常。そう考えれば、丁寧に準備をするということの大切さを思うのですが・・・。

たいていのことは、ギリギリにならないとできないボクの場合、つまり、たいていのことは準備不足。準備不足のまま、不完全なまま、ものごとは進んでいくことになります。

サッカー日本代表の本田圭佑選手は、よく「準備」ということばを使います。いつも先を見ているそのことばの重さと姿勢を、遠巻きに感嘆して聞いています。「準備」しかすることはないけれど、「準備」ほど果てがなく難しいものはないのだろうと。


矛盾しますが、たまたま順調に準備が進むと、正直何か物足りない。満足できない性分なんでしょうね。

いいのか悪いのか???








                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-27 23:57 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
お聴聞 -布教同志会の全国布教大会-
b0029488_1582278.jpg
岐阜別院で行われた全国布教大会。布教同志会という布教師さんの私的団体主催の法座です。

大会を「たいかい」と言っていますが、もともとは「だいえ」だったという話を聞きました。

あくまで、講・お座・と言うことなのだと思います。
b0029488_1591421.jpg

昼休みを挟んで、8人の布教師さんが取り次ぎをされました。

午前の3席をお聴聞。


「『全国布教大会』のコンセプトは何なんだろう?」と斜めからモノを言ったら、Hくんに、「それぞれの受け止め方次第でいいんじゃないですか。」と言われました。

その通りなんですが、主催者のコンセプトは知りたいと思いました。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-26 23:39 | お聴聞 | Comments(0)
博多中州の屋台のラーメン
b0029488_2111424.jpg


結婚式の2次会になだれ込んだあと、中州へ。

屋台でラーメン。

たまたま隣に座った常連のオネーさんからディープな中州の屋台の話を聞く。


消えていったものへの憧憬と残ったものへの哀愁。

よく知らないけど演歌の情緒・・・


日本中にあった屋台の風景が消えていったのは、単なる時流だったのか、それともまつりごとゆえのことだったのか?

まつりごとの顛末なのだとしたら、日本はどこへ行こうとしているんだろう。




無責任な観光客のたわごと。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-25 02:10 | そらごと、たはごと | Comments(0)
Nちゃんの結婚式 -花嫁の父-
b0029488_1355499.jpg
仏前結婚式1 厳粛に  
b0029488_1361127.jpg
仏前結婚式2 本願寺福岡教堂


b0029488_136421.jpg
新郎新婦1 ガーデン
b0029488_1365661.jpg
新郎新婦2 披露宴会場


b0029488_1372491.jpg
花嫁の父1 ケーキ 
b0029488_1373761.jpg
花嫁の父2 新郎の同僚に混じって
b0029488_1374773.jpg
花嫁の父3 泣いてません。笑ってます。でも泣いています・・・。


花嫁と花嫁の父ばかり見ていた結婚式でした。

花嫁の父の気持ちにはとうてい及びませんが、なんとなくその気持ちがすこしわかるような・・・

結婚式にでて、すごくうれしかったけどはじめて何かさみしいって思いました。



阿弥陀さまの前での結婚式。何があってもだいじょうぶっていうことです。

おめでとう。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-24 00:34 | 溺レル | Comments(0)
博多へ -ハイエース最後の日-
b0029488_1462936.jpg
b0029488_146436.jpg


博多での結婚式に向かう途上、33万km走ったハイエースがとうとう壊れました。

約800km・11時間ほど走って、深夜博多に着いたら、中州でラーメンを食べる予定。十分余裕のある計画のはずでした。

名塩SAで遅い昼食を食べるまでは、順調。ところが、中国自動車道と山陽自動車道の分岐・神戸JCTのループの中で右後輪がバースト。

路肩ギリギリにハイエースを停め、ロードサービスの助けを待ちました。横をビュンビュン自動車が走り抜けていきます。高速道路上で停まっているというのは、実に恐ろしいものです。

ロードサービスの方の命がけとも言える作業のおかげで、タイヤ交換完了。履きつぶすつもりでそのままにしていたスタッドレスタイヤがかなり老朽化しているとのこと。このまま高速道路を長距離は走るのはやめておいた方がいいだろうというアドバイスを受け、急遽、神戸北ICで降り、4本のタイヤを新品に交換。これで万全のつもりだったのですが・・・。

パンク修理、タイヤ交換で約3時間のロス。深夜2時ぐらいを目標に、再び博多へむかって出発。

ところが、山口県に入り、博多まあと150kmというところまで来たところで、エンジン異常の警告ランプ点灯。みるみる水温計の温度が上がって振り切れました。

3kmほどさきの美東SAまで低速走行。高速道路を低速で走るのは、実に恐ろしいものです。

深夜0時、またロードサービスのお世話に。

エンジンのオーバーヒート。ハイエースはレッカー移動。ボクたちはタクシーで小郡へ。急遽お願いしたホテルに着いたのは午前2時でした。修理は翌日以降ということなので、23日朝、レンタカーを借りて博多へ向かいました。

何とか式に間に合いました。

後日、修理をしていただいた自動車整備工場の方の話では、ウォーターポンプの故障だそうです。エンジンそのものにも損傷があるかもしれないとのこと。

迷いましたが、ハイエースと別れることに。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-23 02:41 | Comments(6)
【ご案内】 美濃四十八座 黄鐘会夏座 藤井邦麿師
b0029488_3551398.gif


b0029488_403677.jpg美濃四十八座 第14回正蓮寺真宗講座

黄鐘会 夏座


藤井邦麿師


6月28日・木 昼2時/夜7時半




ほとけさまのお慈悲を聞く法座です。いっしょにお聴聞しましょう。







                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-22 00:53 | ■お知らせ・ご案内など■ | Comments(2)
墓標
b0029488_1511085.jpg


土葬の習慣があった当地では、葬儀のときのご院さんの役割として、親族の前で「墓標を書くこと」がありました。大勢の方々の視線の中で、「墓標を書くこと」はもっともイヤなつとめでした。

最近は火葬がほとんどです。埋葬しないので、墓標を立てることもなくなりました。墓標の役割が、埋葬した場所の印だからです。

ところが、火葬になっても、土葬のころに倣ってお骨の一部を埋葬し、墓標を立てるのが習慣になっているところもあります。葬儀のあと、落ち着いて納骨し墓標を立てられることが多いです。


亡くなられたTさんの息子さんとお嫁さんが、立派な墓標をお寺にもってみえました。お骨の一部を昔からの土葬の墓地に納め、墓標を立てることになさったそうです。

先ほど、墓標を書きました。

字がうまかったらなあ・・・・・・・・・。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-06-21 23:50 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(4)