<   2012年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧
餞別
b0029488_224542.jpg


お世話になったY師が、新しい生活をはじめるとのこと。

ほんのひとことでしたが、去ってゆくY師に御礼。

「餞別」は、別れのはなむけの意。

別れの先も、迷いの娑婆はつづくわけで、その娑婆の苦楽にさえはなむけと言えるのは、おたがい凡夫のままのお念仏の日暮らしがつづくからということ。

娑婆のそういうはなむけです。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-31 23:06 | そらごと、たはごと | Comments(0)
珍しい写真をみて思うこと
b0029488_10451444.jpg


Kさんから、mailで写真が届きました。中陰法要のときの、ボクと3人のこどもたちの写真です。家族で撮った写真というのがほとんどなく、当家としては珍しい写真です。

15年ほど前、長女の「わたしの家族」という作文が新聞に載りました。新聞社から、同時に掲載するからということで家族の写真を求められたのですが、家族全員が写った写真というのがなくて、慌てて撮った記憶。それと、そのときの長女の作文が、「わたしの家族は、それぞれが勝手に好きなことをしています・・・」というような内容だったような記憶。

あらためて、ボクは家族のために何かしてきたことがあるのだろうかと考えてしましました。

「家族のため」には何もしてこなかったような気がします。学校や地域の役を、断ることができずにいろいろと受けきましたが、自分のこどものこと(運動会とかクラブの試合とか発表会とか)に参加したことは皆無です。

いつも自分のこと(遊びとつとめ)が中心でした。それがいいのか悪いのか、いわゆる教育論や子育て論で評価する気はありませんが、断ることができた、あるいはサボることができたコトは、いっぱいあったのではないかと思っています。


遊びは別として、断れない仕事を断る勇気、精査する作業が必要なのかもしれません。

でも、誰かがやらなければならないと思うとなあ・・。
かといって、システムを変えるのはもっとたいへんだし・・・。
やっぱり、逃げるのがいいのかなあ・・。


要するに、いろいろあって、予定していた専琳寺真宗講座にお聴聞に行けなかったというグチと言い訳が言いたいわけです。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-30 23:52 | そらごと、たはごと | Comments(0)
前住職中陰法要
b0029488_7493979.jpg
b0029488_7495197.jpg


相師大性寺さまご同行のもと、本願寺にて、永代経開闢法要のかたちで、前住職照鏡院釋哲成の中陰法要を勤修。

お世話になったお寺の役員さん、村の組親戚の方々、葬儀のお取りもちをいただいた地区総代さんや婦人会、肝煎りの門信徒の方々、そして親戚・家族の計48人。

(48人は偶然です。ほんとうは、このご縁に、できるだけたくさんのご門徒さん方をご案内したかったのですが、お斎の席に50人という物理的制約があったため、ある意味線引きをしてのおつとめとなりました。どこまでも娑婆の論理はついて回るんですよね。 )

07:00 バス一台で岩利を出発
10:00 本願寺着
10:30 阿弥陀堂にて開闢法要
11:30 お斎(お精進)接待
12:30 飛雲閣・書院拝観
14:00 本願寺発
17:00 岩利着 
17:10 正蓮寺本堂にて大性寺さま調声の勤行、法話
17:40 本堂、書院にて呈茶、順次解散


前住職のご縁で、おまいりすることができました。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-29 23:48 | おまいりにて | Comments(0)
足寄、照経寺より
b0029488_048596.jpg


遠く足寄、照経寺よりW師が来寺。
夕刻、小雨の中、釋俊照(昭)師のご遺骨を当寺墓地「慈光苑」に納骨。

たまたま数日前に見つかったという照経寺第二世釋俊照師の遺書に、"お骨を大谷本廟と岩利の正蓮寺に納めてほしい"という旨が書いてあったのだそうです。

釋俊照師に、ボクはどれだけお世話になったかわかりません。

数日前、電話で遺書のことと納骨のことをお知らせいただいたときには、懐かしさとうれしさで涙が吹き出しました。

魅力的な人に出会えたということ。至福の慶びだと思います。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-28 23:47 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(2)
夕焼け -こつこつと-
b0029488_2333727.jpg


夕焼けがキレイでした。夕焼けそのものもキレイでしたが、夕焼けに映る鉄塔のシルエットがキレイでした。

となりの村の先輩のKさんは、生まれ育った村の風景が大好きだとおっしゃいます。田舎の風景です。手つかずの自然というような風景ではなく、人間がこつこつと耕し拓いてきた風景が好きだとおっしゃいます。

なんとなくわかるような気がします。


「こつこつと」という副詞の「こつ」というのは、「忽(こつ)」という時間の単位なのだそうです。

   忽(こつ)  1の10万分の1で、0.00001のこと

「こつこつ」というのは、確かな遅々たる歩みを示すことばのようです。キレイなはずです。


ちなみに、以下、時間の単位。(10の右の小さな数字は階乗を表しているつもり)


10-23    浄 じょう
10-22    清 せい
10-21    空 くう
10-20    虚 きょ
10-19    六徳 りっとく
10-18    刹那 せつな
10-17    弾指 だんし
10-16    瞬息 しゅんそく
10-15    須臾 しゅゆ
10-14    逡巡 しゅんじゅん
10-13    糢糊 もこ
10-12    漠 ばく
10-11    渺 びょう
10-10    埃 あい
10-9    塵 じん
10-8    沙 しゃ
10-7    纎(繊) せん
10-6    微 び
10-5    忽 こつ
10-4    絲(糸) し
10-3    毫(毛) もう
10-2    厘 りん
10-1    分    ぶ
100    一    いち
101    十 じゅう
102    百 ひゃく
103    千 せん
104    万 まん
108    億 おく
1012    兆 ちょう
1016    京 けい
1020    垓 がい
1024    秭{禾予} じょ
1028    穣 じょう
1032    溝 こう
1036    澗 かん
1040    正 せい
1044    載 さい
1048    極 ごく
1056    恒河沙 ごうがしゃ
1064    阿僧祇 あそうぎ
1072    那由他 なゆた
1080    不可思議 ふかしぎ
1088    無量大数 むりょうたいすう


漢字を学び心を育む』というHPより 





                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-26 23:31 | Photo only | Comments(3)
美濃四十八座 善徳寺真宗講座 岡村謙英師
b0029488_99687.jpg
礼賛のおつとめ
b0029488_991939.jpg
巻き障子や建具をすべてはずした本堂
b0029488_993126.jpg
岡村謙英師
b0029488_994458.jpg
家路

善徳寺真宗講座・昼座のお聴聞。
開座ギリギリの2時、駐車場は満車。近所の方の庭に駐車させていただきました。

経文や親鸞聖人・七祖の方々のご文を引用され、とつとつと群生を救おうと願われた阿弥陀さまのお話。「法然さまは易しく、親鸞さまは深く、蓮如さまは広く、阿弥陀さまの願いをお伝えくださいました。」とおっしゃるとおりの易しく深く広い賛嘆を、ほのぼの聞かせていただきました。

休憩時間、善徳寺のご門徒さんに頼まれ、今後の真宗講座のチラシの増刷のために庫裏へ。庫裏は休憩所になっており、善徳寺の馴染みの婦人会の方々が、待っていたかのようにコーヒーを勧めてくださいました。

コーヒーをいただきながら歓談。ご門徒さん方は、真宗講座の準備のために奔走されたとのこと。すべての建具、巻き障子、御簾等をはずし、広々とお聴聞の空間になった本堂とお接待の場になった庫裏は、昨日・今日とご門徒さん方のお手間入りの賜なのだそうです。

昼座が終わった午後4時半、日が暮れかかるなか家路につく方々。たぶん、いつもと変わらない夕べが待っているんだろうなと。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-25 23:07 | お聴聞 | Comments(0)
スートラ52号 -生得の怠け者でありイエスマンであり-
b0029488_1543879.jpg


「スートラ52号」の原稿がやっと完成し、印刷会社に届けました。特別な問題がなければ、一応予定日に発行・配布開始ができそうです。やれやれ。

この一週間、寝る時間と空き時間の多くを、編集作業に費やしてきました。日頃の怠慢の当然の帰結です。自業自得。

反面、自身のイエスマンぶりにも感心します。モチベーションが低いにもかかわらず、「締め切り」に追われ、必死に勤める自分に、なんとなく腹が立つような気がしないでもありません。

ボクはルーズなソルジャーになるのだろうか、それとも冷徹なソルジャーになるのだろうか?ふとそんなことを思いました。

どっちも、どっちだね。生得の生臭ボーズなんで・・・。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-24 23:52 | そらごと、たはごと | Comments(0)
冷たい雨
b0029488_2352192.jpg


"冬"を感じさせるほどの冷たい雨でした。


例年になく、十分な色づきもしないまま銀杏の葉が散り始めています。

時を知り、精密機械のように花を咲かせると思っていた彼岸花が、今年はお彼岸に遅れました。

いつもお彼岸に薫る銀木犀の花が咲いたのも、お彼岸をすぎてからでした。

「夏が暑かったから」と言うより、夏の雨が少なかったからのような気がしています。

山には枯れた木も目立ちます。


それでも、一雨ごとに秋は深まるわけで、冬が来ないということでもないみたいです。


ボクたちの学生時代、いわゆる偏差値教育ということが言われました。「偏差値」というモノが悪のような言い方をされたことも多かったような気がします。

自然界では「モノ」にはバラツキがあり、それらは特別な理由がない限り正規分布するということ。
正規分布というのは、おおよそ「普通」は多く、「特別」は少ないというようなこと。
偏差値は、バラツキ具合から見た「モノ」の相対的バラツキ位置を示すということ。

ボクの偏差値の概念はこんなようなことです。バラツキを前提にしている(と言うか、自然界はバラツイテイル)ところが、ボクは好きです。

事実に「我」が加わったとき、善悪や上下が生まれるんですよね。バラツクことが当たり前なのに。


不順を繰り返しながらも、季節は巡るんだなあという結論。秋の夜長の思索でした。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-23 00:51 | そらごと、たはごと | Comments(0)
黒野組広報部会 -「締め切り」というストレス-
b0029488_23191526.jpg


夜8じより、広報誌「スートラ52号」の編集会議。

段取りが悪く、原稿未完成のまま会議に突入。おそらくハードなこの時期の日曜、お疲れのところ参集してくださった広報部員の方々には、たいへんご迷惑をおかけしました。

11/1発行・配布のための入稿リミットは10/24。「夏のとも」とか「読書感想文」とかの提出期限に加え、「スートラ」の締め切りもトラウマになりそうです。


編集会議が終わったあとのテーブルの上の灰皿とたばこの吸い殻。

いかにも、会議のあとの風情ですが、原稿の不備で編集作業はほとんどできなかったので、実質はサロン、深夜の歓談のなごりです。


しばらく、精神的にも物理的にも解放されることのない日々が続きそうです。嗚呼!



                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-22 00:11 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)
第13回正蓮寺の歴史を語る会と仏教壮年会秋の例会
b0029488_1532354.jpg
b0029488_1533788.jpg


午後2時から「正蓮寺の歴史を語る会」。長老方4人が参集。

正蓮寺開闢以前、西蔵坊(房)時代の考察。


  ・「彦坂南方ニ坊舎アリ。西蔵坊ト号ス。」(正蓮寺旧記写)

  ・「本願寺末真宗正蓮寺は都で開基並びに創立。年代不詳。」(岩利村略誌)


資料では、確実なことはわかりませんが、寺に伝わるお名号、創建当時の住職の年齢等から、蓮如さまの時代と推察。Mさんが、蓮如上人のご生涯と照らし合わせて、持論を展開されました。


夜7時半から「仏教壮年会例会」。ボクもあわせて12人の参加。

真宗儀礼の勉強会。今回のテーマは「家庭の仏事2」。

仏事を、「講」、「仏徳賛嘆」「お聴聞」の観点で考えました。とにかく報恩講が原点です。


行事がつづき、お取り越しが始まり、土・日で法務が重なり、事務仕事が大量に蓄積していて、寝不足・体力の限界。事務仕事から、速く逃げたいです。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』 

                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
by e.wash-r | 2012-10-21 23:49 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)