<   2013年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧
食欲 -県魚-
b0029488_1233342.jpg


岐阜県の魚はアユです。なお、花はレンゲ、鳥はライチョウ。

ところで、広島県の魚はカキだそうです。

カキって魚?と思い、ちょっとnetsurfingしてみたら、おもしろいことがわかりました。

以下、wikipediaによる県の魚。(一応当局発表のもの、制定されてない県もあります。)


青森県 ひらめ
岩手県 南部さけ
秋田県 ハタハタ
山形県 サクラマス
茨城県 ヒラメ
群馬県 アユ
埼玉県 ムサシトミヨ
千葉県 タイ
富山県 ブリ・ホタルイカシロエビ
福井県 越前ガニ
岐阜県 鮎
愛知県 クルマエビ
三重県 伊勢えび
和歌山県 マグロ
鳥取県 ヒラメ
島根県 トビウオ
広島県 カキ
山口県 ふぐ
香川県 ハマチ
愛媛県 マダイ
高知県 カツオ
熊本県 クルマエビ


ボクなりにわかったこと。


1、県魚の場合、「魚」は「水の中の動物」の意らしい。

エビ、カニ、イカ、カキ等、魚類とはいえない生き物が多数。
自治体が公式に制定した「県魚」。意味は厳格だろうと思い、辞書を引いてみました。
『字通』によると、「魚」には、「さかな」の他、「水蟲」「水中の動物の称」の意もありました。
ノリやワカメは微妙みたいです。


2、選定の理由には、どうも食欲(経済活動)が大きいらしい。

ムサシトミヨを除いて、他はみな、食用の魚ばかり。と言うより食用として重要な魚ばかり。
県魚というのは、経済活動のアピールの要素が強いのかもしれません。
「魚」より「肴」の字が似合うかも。
食欲は偉大です。
ちなみに、日本の国鳥はキジですが、国鳥を食用にしている国は珍しいとか・・・。



いやはや、連休の谷間のささやかなお遊びでした。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-04-30 23:46 | そらごと、たはごと | Comments(0)
なるほど【よくわかる鎌倉仏教】

b0029488_2343315.jpg



Tumblrで流れてきました。

あまりこだわらずに流してください。




          【よくわかる鎌倉仏教】


          「座って色々考えようぜ」→臨済宗

          「なんかもう座るだけで良くね?」→曹洞宗

          「題目を唱えとけば救われるんじゃね?」→日蓮宗

          「念仏を唱えとけば救われるんじゃね?」→浄土宗

          「俺らもう救われてるんじゃね?」→浄土真宗

          「それより僕と踊りませんか」→時宗




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-04-29 23:50 | 智慧と慈悲 | Comments(4)
専想寺親鸞聖人750回大遠忌法要 -アルバム-
平成25年4月27日勤修

宿坊 円光寺様
b0029488_19115071.jpg

b0029488_19121732.jpg
b0029488_19123079.jpg
b0029488_19124948.jpg
b0029488_1913582.jpg


庭儀 円光寺→上石津打上→専想寺
b0029488_19132294.jpg

b0029488_19152241.jpg
b0029488_19153880.jpg
b0029488_1916010.jpg
b0029488_19162157.jpg
b0029488_1916351.jpg


記念法話 水上純孝師
b0029488_19171568.jpg





                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-04-28 19:09 | おまいりにて | Comments(0)
焼き鳥屋さんにて
b0029488_2048013.jpg


じっくり話したいことがあり、S師と一杯飲むことに。(ボクは飲めませんが・・・)

落ち着いてゆっくりできそうな場所を探しながら南へ向かい、たどり着いたのはなぜか焼き鳥屋。

満員。唯一空いたU字型のカウンターの角に座ると斜め右90度の隣の席から、明るい「こんにちはー。」の声。。葬儀社Xの元気な4人の若者たちが座っていました。

ここぞとばかりに、双方向の情報交換と意見交換。大いに有意義な時間をすごしました。大人の配慮ということで、内容はちょっとここでは書けないのが残念です。

先に帰る彼ら。おたがい、いい葬儀をするためにがんばろうね、といって別れました。

予想外の楽しい時間を過ごしたのですが、まだ本題が終わっていません。では、そろそろ、というところへ、カップルが入ってきました。O師とフィアンセのMさんです。

O師は同志。やっぱり積もる話がいっぱいあります。こんどは、O師を交えて歓談。またまた楽しい時間を過ごしました。

やがてO師とMさんは、夜のしじまへ。

そして、ボクたちは、いよいよ本題へ。ところが、隣の席の若者二人がちょっと不穏な雰囲気。店内では荒い口調の口論でしたが、店の外で取っ組み合いがはじまりました。

やがて、パトカーで制服の警官4人が、そして、少し遅れて、ゴツイ私服の警官3人が。ちょっとした捕り物があり、30分ほどで一件落着。警察のかたがたの対応が、実に紳士でスマートでした。さすがだと思いました。

葬儀社Xの方々と自分たちのつとめのひとつである葬儀について話していた後だけに、プロということを考えさせられる出来事でした。

お客さんがほとんど帰ってしまった店内で、こんどこそ本題。・・・難題。


  ◆写真は、1998年、成都の屋台



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-04-27 02:59 | そらごと、たはごと | Comments(2)
岐阜教区仏教婦人会連盟結成60周年記念大会 -長良川国際会議場-
b0029488_22551274.jpg


岐阜教区の仏教婦人会連盟結成60周年の記念大会が長良川国際会議場で行われました。記念大会が「60周年」なのは、12進法というわけではなく、諸般の事情で50周年の記念大会ができなかったからなのだそうです。

何でもご縁という茶の湯の茶会みたいに、きっかけだけがあり理屈がないのもいいものです。


当正連寺からは15名が参加。ボクも参加するつもりでしたが、急務が入り急遽欠席。送迎のドライバーのみをつとめました。


運営について、ちょっと苦言。



今回の大会に限ったことではないのですが、参加者募集のとき、参加者の名簿提出を義務付けるのはいかがなものかと思うのです。

個人名が果たして必要なのかと。指定席であるわけでもなく、たとえば、今回のボクのように急遽欠席になったところで、名簿が活用されるわけでなく・・・。

今後、情報として活用するわけでもないでしょうし・・・。

ひょっとして、人数集めのプレッシャーのため?。そうだとしたら、15人という割り当てを動員数として徹底すればいいことだし・・・。(基本的に、動員という手法を好みませんが・・・。)

名簿提出は、よほどの名簿活用の意図がないなら、やめたほうがいい。とにかく面倒だし。こういうことを続けていると、そのうち、みんなダミーの名簿を出すようになると思います。ひょっとすると、もうずいぶんダミーの名簿があったりして・・・。


【追記】

お詫び 

坊守によると、当寺の場合、名簿は作成しましたが結局提出しなかったそうです。
自坊のことも知らずに、苦言失礼しました。
一応、記事はそのまま載せておきます。





午後からだけの参加者は、公演が無料なのだそうです。こういうことも、ボクは反対です。

モノの流通・販売については、ときにディスカウントはあっていいでしょう。でも、技術や労力は、むやみに値切ったりディスカウントするものではないと思います。

公演を技術や労力のように言うことに御幣はありますが、価値そのもの、つまり公演をあるときまでは有料、あるときからは無料というように、状況によって料金を変えるということは、モノの扱いのようと言われても仕方がないことになってしまうのです。

そんな意図はなかったと思いますが・・・。

それと、志の精神がなければ、お寺のことではなくなってしまうような気がします。



言うだけ言ってみました。言ってしまった以上、自身の言動にも反映させないとね。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-04-26 00:06 | そらごと、たはごと | Comments(0)
美濃四十八座 超宗寺真宗講座 松月英淳師
b0029488_1315366.jpg
b0029488_13151760.jpg


法務が重なり奔走の一日。昼座はお聴聞できず、夜座は法務の合間のほんの30分のお聴聞。

午後8時半。境内に入ると、本堂のお取り次ぎの声が聞こえてきました。本堂に遅れて入るのは少々気が引けたので、庫裏のサテライト会場へ。プロジェクターの松月先生を見ながらのお聴聞。

しばらくすると、超宗寺さんの幼稚園の先生方が、仕事を終えて園舎から次々と集まってみえました。先生方が「本堂へ行きましょう。」と誘ってくださったので、満堂の本堂の隙間へ。

ゆったりした口調で、だれもが「ああ、そういえば・・・」と思えるような喩えを引いて、「他力」の信心のお話し。お聴聞を繰り返された超宗寺さんの年配のお同行の方々、美濃四十八座の常連の方々に混じって、若い幼稚園の先生方が、頷きながら聞いてみえました。

超宗寺のまだ幼い若さんが、堂内を走り回ったりする中、老若男女が揃ってお聴聞。夜座の独特の雰囲気が、イイ感じです。



9時、一席目が終わり「音声休(おんじょうやすみ)」となったところで、急いで、六七日のおつとめを縁者お揃いで待っていらっしゃるのT家へ。ちょっと遅刻しました。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-04-25 23:10 | お聴聞 | Comments(0)
樽見鉄道沿線にて  -夜の列車の誘惑-
b0029488_2111381.jpg


午後8時過ぎ、T家おじょうはん。

山あいの田んぼの中。踏切の遮断機がおり、警告灯が点滅、警鐘が響き、誰も乗っていない一両の列車が通り過ぎて行きました。

誘いに満ちた光景。

夜のローカル線。どこか遠くの駅で降りるというシチュエーションを思い、ひとり満悦。


遠い場所で迎える夜への憧憬。郷里に隔てて眠る夜への憧憬でもあります。

どこかへ行きたいなあ。


仕事が辛いとか、将軍さまがコワイとか、そういう野暮な話じゃありません。唯々、憧憬です。



                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-04-24 23:02 | ふるさと | Comments(4)
美濃四十八座 専琳寺真宗講座 紫籐常昭師
b0029488_127345.jpg
b0029488_1272414.jpg
b0029488_1274092.jpg
b0029488_1275589.jpg


昼座から夜座まで、どっぷりゆっくりお聴聞しました。

ご講師は、「福岡県福岡市城南区七隈3丁目10-18、徳常寺」の紫籐常昭師。正信偈のご文に沿って、楽しいお取り次ぎ。他力を存分に聞かせていただきました。

お聴聞の前には、「東西本願寺」について、専琳寺ご住職のお話と映像も。


超誓寺ご住職がblog『やっぱり阿弥陀さん』に書かれた内容と全く同じになりますが、やっぱり、ほとけさまのお慈悲の話が好きです。

お聴聞は、楽しいですね。



紫籐先生は、今年の美濃四十八座で、あと3回お取り次ぎされます。お楽しみに。

 6月25日(火)正蓮寺  岐阜市岩利 
 7月 8日(月)超宗寺  岐阜市曽我屋  
10月21日(月)光円寺  関市朝倉町  




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-04-23 01:25 | お聴聞 | Comments(0)
黒野組の組会
b0029488_8575825.jpg
b0029488_858143.jpg


4月20日、午後4時から「組会」という名前の黒野組の総会でした。約60名の組会議員(おおよそ住職と総代さん)が専長寺本堂に参集。組会後、6時から懇親会。

組会の始まる前、漆を塗ったお内陣の床に映る打敷がきれいだったので、ボーっと眺めていたら、ご住職が「埃が目立つから掃除がたいへん。」と。こういう話好きだなあと、ますます、ボーっと会議の始まる時間を待ちました。

総会終了後、場を移して懇親会。お酒をついで一回り。

懇親会終了。役員さんが「組会が紛糾したという他組の話を聞きます。黒野組は穏やかで何より・・・」と言うような意の挨拶。

確かに、挨拶通り、淡々と過ぎた感じの組会。

あえて言うなら、無関心というか、無関係というか、関心も関係もあるんだけどなるようにしかならないしというか、「触らぬ神に祟りなし」というか、まじめにまともに責任持って関わるのはちょっとしんどいというか、ちゃんと最低限の協力はしますから・・・というような感じ。少なくともボクは。

末端組織の末期的症状に見みえなくもないような・・・。

困難や苦難はつきものだし、やむを得ない仕事もが多いのも仕方ないとしても、楽しんでいる人いるのかなあ。

真剣に関わるほど、「非協力者」と言われたボクとしては、、「Yesman」宣言して、心配しているというよりはボクなりのいいおつきあいができるようになったと解釈しています。


遅れてUP、しかも最低の愚痴で申し訳ないことです。





                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-04-22 00:56 | そらごと、たはごと | Comments(0)
おじょうはん -月命日のおまいり-
b0029488_0594099.jpg


父・前住職が往生してから、おじょうはんは毎月21日に相師の大性寺さんにおつとめしていただいています。

ここのところ、いろいろあったこともあり、母が万感の思いでおまいりしているようでした。淡々とつとめるものなんでしょうが・・・。


当blogのアクセス解析では、検索単語としては、「おじょうはん」がTOP1です。

勝手な想像ですが、検索の目的はおおよそ次の三つだと思っています。

1,「おじょうはん」ということばの意味を知りたい。
2,「おじょうはん」はつとめないといけないのかを知りたい。
3,「おじょうはん」のお布施はどのくらいか知りたい。

勝手な想像に勝手に答えます。

1,月命日・月忌のおまいりのこと。当地(岐阜)独特の言い方。漢字、由来は不明(諸説あり)。
2,ボク(鷲岡家)はつとめています。いいもんです。
3,「ちょっと多いかなと思うくらいがいい。」と某師がおっしゃっていました。


いずれにしても、淡々と主体的によろこんで楽しむこと・・・。




                    Tumblr 『西蔵防だよん』

 
                    【 1年前の今日のblog
                    【 2年前の今日のblog
                    【 3年前の今日のblog
                    【 4年前の今日のblog
                    【 5年前の今日のblog
                    【 6年前の今日のblog
                    【 7年前の今日のblog
                    【 8年前の今日のblog
                    【 9年前の今日のblog
by e.wash-r | 2013-04-21 23:59 | ようこそ正蓮寺へ | Comments(0)